1. 無料アクセス解析

≫ EDIT

株式投資のスタイル


株式投資というと、「今日株を買って一週間後に売って3割儲け」といった短期で儲けることをイメージする方も多いのではないかと思います。しかし、株式投資のスタイルにはいろいろあります。

●アクティブ運用とパッシブ運用
アクティブ運用とは、株式投資を担当するファンドマネージャーが日経平均や東証株価指数といった株価指数を上回るリターンが期待できる銘柄を選び(普通は30銘柄から100銘柄程度に投資します)。パッシブ運用とは株価指数通りに動くように運用します(銘柄は100銘柄をはるかに超えます)。アクティブ運用は運用費用が高く、パッシブ運用は費用が低いのが特徴です。アクティブ運用が毎年株価指数を上回る確率は低く、パッシブ運用は株価指数とほとんど同じリターンになります。個人型確定拠出年金では、パッシブ運用の投資信託が主流です。
●成長株投資と割安株投資
成長株投資とは、イメージしやすいのがアップル、グーグル、フェイスブックといったIT関連の急成長を続ける銘柄を投資対象とします。割安株投資とは、安定的に利益を出すが、株価が比較的低位に留まっている銘柄を投資対象とします。成長株は株価の乱高下が大きいのに対し、割安株は株価の変動率は低いのが特徴です。
●順張り投資と逆張り投資
順張り投資とは、株価が上がっている銘柄がさらに上がると期待して買う手法で、短期間で儲けようとします。逆張り投資とは、値下がりしている銘柄を下がる過程で買う手法で、長期的なスタンスで投資します。株価が上がっている銘柄を人間は買いやすく、下がる銘柄を売りやすいです。そうすると高値づかみをして、下がる過程で投げ売りして損をします。個人投資家が一番やりがちなパターンです。株価が下がり、多くの人が売っている時に買うというのは勇気が要ります。
●大型株投資小型株投資
大型株投資とは、トヨタ、日立、ソフトバンク、みずほ銀行といった有名な銘柄でかつ時価総額(株価x発行済み株数)が上位にある銘柄のみを投資対象とします。小型株投資とは、会社の歴史がまだ短く売上が小さく時価総額が小さく知名度が低い銘柄を投資対象とします。大型株は株価の変動率が小さく、小型株は変動率が大きいのが特徴。しかし、小型株投資では投資額が大きくなればなるほど売買がしにくくなり運用しにくくなる欠点があります。
●テーマ株投資
普通は日経平均、東証株価指数といった株価指数と比較して運用をするのが一般的ですが、テーマ株投資というのは、「ロボット関連株」「AI関連株」「米国インフラ投資関連株」といったテーマに沿った銘柄だけを投資対象とします。金融機関が「AI関連株」ファンドを売り出したら、そのテーマに関連する銘柄は高値にあると判断して間違いありません。金融機関は売り込みやすいテーマを選ぶので、既に銘柄は高値圏にあります。金融庁がテーマ型ファンドは望ましくないと発表しています。

どれが良い、どれが悪いとは一概に言えません。ただ、最後のテーマ株投資は止めておいた方が無難です。間違いなく言えるのは、投資信託を買う時に販売手数料がかかる、信託報酬(運用経費)が高いファンドは避けたほうが良いでしょう。リターンは分らないが、コストは目に見えているからです。

おまけ
昨日は東京も猛暑日。一歩も家から出ませんでした。50年前、体温と同じ気温はフェーン現象等が発生した異常時だけ見られました。


| 経済・社会 | 07時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「優秀」とは


アタックス社の代表パートナー西浦道明氏のメルマガから引用させていただきます:

“「ちがうだろ~! このハゲ~!」という暴言で一躍有名になった自民党、豊田真由子代議士。東京大学卒、厚生労働省入省。ハーバード大学院留学。埼玉4区選出の衆議院議員ということですから、誰からも極めて「優秀」な人間と見なされてきました。「あんなに優秀な人間が、なぜ???」ということで、そのギャップの大きさに日本中が驚きました!そして、大きなニュースとなりました。

しかし、よ~く、考えてみたいのです。豊田真由子代議士は、本当に「優秀な人間」なのでしょうか? 「優秀」の「優」は、「人を憂える」と書きます。すなわち、「他人を思いやる気持ちを持っている」というのが、「優」にほかならないのです。したがって、「優秀な人間」とは、「他人を思いやる気持ちに秀でた人間」のことですね。これは、『リストラなしの「年輪経営」』の著者、伊那食品工業の塚越会長の解釈でもあります。秘書に、ああいった暴言を吐く人に、「思いやり」があるとは、とても思えません。ということは、豊田真由子代議士は、元々「優秀」な人間ではなかったということですね。では、なぜ、多くの日本人は、彼女を、愚かにも、「優秀」な人間と、信じ込んできたのでしょうか?“


中学高校が日本の女子中学で一番偏差値が高い桜蔭学園、東大法学部、厚労省、ハーバード大学院といったエリートコースをまっしぐらに進んだ経歴を背景に、誰もが彼女が優秀だと決めつけてしまうわけです。外資系金融機関で東大卒の新卒がいましたが、頭はいいのでしょうけど、臨機応変に柔軟な対応が全くできず仕事を任せるのが大変だと聞いていました(幸いにも私の部署ではありませんでした)。頭が良く偏差値が高いのと、人間として優れているとは全く別物という事です。

昔から「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。「稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということ」とあります。豊田議員は頭が逆にふんぞり返ってしまったわけです。自民党には、謙虚さがなく尊大に振る舞う、頭がふんぞり返っている議員が数多くいます。米国の大統領もそうですね。豊田議員には、将棋の藤井四段の爪の垢でも煎じて飲ませたいほどです。ところで、いつまで豊田議員は仮病入院で雲隠れを続けるのでしょうか?

日本語の漢字を分解してみるといろんな意味が含まれていて面白いです。テレビ朝日の平日朝の番組で林修氏が日本語の言葉の由来などを解説するコーナーがあり、出勤前に見ています。

おまけ
ちなみに、優秀の「秀でる」と禿(ハゲ)という漢字、ちょっと似ています。

| いろいろ | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

QPS


Quality(品質)、Price(価格)、Service(サービス)の略です。QPSは自社と他社との差別化を図る際に、ポイントとなる要素です。
昔のブログで以下のようなことを書いた覚えがあります。
他社との差別化を図る際には、最高の品質(高級バッグのエルメス、寿司の銀座久兵衛等)、低価格(吉野家の牛丼、100円ショップ等)、きめ細かいサービス(リッツカールトンホテルの行き届いたサービス・気配り等)のいずれかしかありません。品質で売るのか、価格で売るのか、サービスで売るのか。高品質の製品ときめ細かいサービスを提供しながら安価にするのは無理があります。安値で売るには、品質とサービスを落とさざるを得ません。サービスで売るには、価格を極端に下げるわけにはいきません。全てを満たすのは困難です。

当社で機械のオペレーターが最善の注意を払って製造しても、最新鋭の機械の品質には勝つのは容易ではありません。大量生産でコストダウンできる大手メーカーに比べたらコスト競争力ではかないません。当社が強みを出せるとしたら、QとPではなくSのサービスです。営業マンのきめ細かいかつ素早い対応と提案、営業と製造をつなぐ業務担当者の機転、顧客のために無理なスケジュールでも仕上げようとする製造部門、顧客の要望に応えようとする配送部門。このような「顧客のために役立ちたい」と思う気持ちが当社の強みです。究極の評価は、「コーワがないと困る」「コーワのおかげで助かった」と言われることです。

新規口座欲しさ、売上欲しさのために採算を度外視した価格で、出来もしないことを出来ますと言って営業が売り込んでも、それを永く続けることは出来ず、お客様に迷惑をかけることになり、企業としての不誠実な姿勢が問われます。

当社のサービスをキチンと評価して頂けるお客様と長いお付き合いをしていきたいと私は願っています。

おまけ
安倍首相が8月の内閣改造で、甘利明前経済再生相を政調会長の要職に就けるとの噂が流れています。しかし、甘利氏は昨年春に「金銭スキャンダル」で閣僚辞任に追い込まれた経緯もあり、疑惑への説明もしないままでの再登場は一般人の感覚からすればあり得ません。やはり、安倍首相は国民の批判を真摯には受け止めていないのでしょうね。

| お仕事 | 07時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大企業の横暴


関西圏の運送A社では、大手自動車メーカーで使用される鋼材を輸送しており、「深夜2時指定」を求められているという。「ドライバーは午後10時には会社を出ることになる。昼と夜の逆転生活となるため、ドライバーがなかなか定着しない」(A社社長)また、A社長は「我々のような中小・零細事業者も大手宅配業者もドライバー不足で、労働時間の短縮や人件費の高騰など、山積している問題は同じ。しかし、大手荷主はそういった現状を理解していないのか、いまだ深夜の指定配送を求めてくる」とし、「運賃については昼間と変わらず、深夜・早出の手当の負担すらない。しかし、中小・零細事業者は大手荷主のそういった仕事を断る勇気もなく、いまは言われたことに従うしかない」と、現状を嘆いている。

また、大手自動車メーカーの部品を輸送している別の運送B社でも、「もともと昼間の配送だったが、大手自動車メーカーの鶴の一声で夜間の配送に変わった。深夜に出発するため、深夜の点呼の人員や、ドライバーの深夜・早出の手当などのコスト増加分は、自社で全て負担となる。荷主に請求できない」とし、「深夜配送では昼間に比較して、全ての作業の負担がドライバーにかかり、昼間配送と比較して時間・労力なども増加する。安全・健康面でも大きな影響を与えている」と話す。

現在、宅配業者の厳しい現状がメディアなどで報道され、世間にも運送業界の人手不足などの問題が徐々に理解されてきている。そんななか、中小・零細事業者はいまだ、大手荷主から深夜指定の配送などを強いられている。荷主と運送事業者が対等な関係を構築できるように、業界をあげて現状を世間に訴えていくことが必要だ。
   *出所 物流Weekly

これらの事例は、「優越的地位の濫用(らんよう)」に該当しないのでしょうか?優越的地位の濫用とは、取引上、優越的地位にある者が、取引先に対して不当に不利益を与える行為を指します。銀行が中小企業に対して強い立場にあります。銀行がその強い立場を利用して、為替デリバティブ取引や投資信託の購入を強く薦めることは、優越的地位の濫用に該当するとされます。家電量販店がセールの時にメーカーから社員を無償で派遣させるのも同じです。全ての弱い業者が反旗を翻せば良いのですが、売上欲しさに手を上げる業者がいます。こういった時に誰も手を上げない勇気、採算の合わない取引を止める勇気、売上至上主義を止める勇気、を持ちましょう。事例は違いますが、株式市場も誰も売り手がいなくなるほど値下がりして初めて株価は本格的に反騰します。

おまけ
豪雨被害に遭った福岡県朝倉市や大分県日田市などが災害寄付としてのふるさと納税を受けつけています。日赤経由では時間がかかるので、ふるさと納税(お礼の品は無し)で寄付するのが早いです。今回は他の自治体による代理受付はやっていないようです。

| 経済・社会 | 07時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「営業の一流、二流、三流」伊庭正康著 明日香出版 2



『当たり前の行動を繰り返し、信用を高める』
営業活動では当たり前の行動を繰り返すことは避けられません。バカバカしく感じる人、ムダだとも感じる人も多い。しかし、単純なことを当り前のように繰り返すことのできない営業が多いのも事実。繰り返しが一定の基準を超えると大きな信用に変化する。
⇒定期的に訪問する、定期的に情報を提供する、「継続は信用」につながります。当たり前のことを当来前にやり続けることが出来るのは一つの才能とも言えます。やり続けることが出来る人が少ないので、ライバルとの差別化、信頼獲得につながります。

『トップ営業マンほど返事が早い』
お客様から届いたメールにいつ返信するか?明日までに、今日中に、ではなく「今すぐ」でしょ!!。しかし、車や電車での移動、商談中もあるので、90分以内を目安にする。こういう人は、電車の待ち時間、エレベーターの待ち時間にスマホで返信する。メールの返事の早い営業マンは、他の仕事も早く、お客様に信頼される。すぐ返信できない時は「改めて◯時頃にメールします」と入れるだけでもOKです。
⇒今の時代、みなさん気が短くなっています。返事をちょっと躊躇しただけで他社に注文が流れる時代です。当社の営業マンであれば、携帯、タブレットで車の移動の間に返信するのが良いでしょう。

『営業は商品を売る前に自分を売る職種』
「自分を売らずに商品を売れ」は間違い。「この人から買いたい」と思わせる何かがあるから、成績に差が出る。少しでも自分を知ってもらうために出来ることを考える。
⇒資産運用商品というのは、車や洋服のように実物を見て確認することが出来ません。見えないものを買ってもらうためには、直接商品を説明する自分を信用してもらわなければ、契約に結び付きません。私がもらった一番嬉しかった言葉「貴方が東京にいるから契約する」。営業マンに対する最高の言葉です。そういわれるためにした事。返事を早く出す、質問に対して期待以上の回答をする、先回りをして行動する、嘘をつかず正直に話す、といった基本的な事ばかりでしたが、2年間やり続けた結果(700億円の外国債券の運用口座獲得)だと思います。

おまけ
梅雨が明けたかのような連日の暑さです。雨不足で関東のダムの貯水率が気になります。
おまけ
閉会中審査。予想通り平行線のまま。昔「嘘つきは泥棒の始まり」今「嘘つきは自民党議員の始まり」


| | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT