1. 無料アクセス解析

≫ EDIT

週末雑感

1. サイコパス
文春新書で結構売れている本に「サイコパス」(著者中野信子)というのがあります。
その本の最初に書いてある文章:
“ありえないようなウソをつき、常人には考えられない不正を働いても、平然としている。嘘が完全に暴かれ、衆目にさらされても全く恥じるそぶりさえ見せず、堂々としている。それどころか、「自分は不当に批難されている被害者」「悲劇の渦中にあるヒロイン」であるかのよう振る舞いさえする。殺人や詐欺事件をおかしたにもかかわらず、まったく反省の色を見せない。そればかりか、自己の正当性を主張する手記などを世間に公表する。関わった人はみな騙され、不幸のどん底に突き落とされる。経歴を詐称する、過去に語った内容とまるで違うことを平気で主張する。矛盾を指摘されても「断じてそんな事は言っていません」と涼しい顔で言い張る。”
私の個人的意見。トランプ大統領、安倍首相、籠池森友学園前理事長には、サイコパス気質を感じます。あくまでも私の個人的感想です。
2. 矛盾
小池都知事は、築地市場の地下水から有害物質が検出されてもコンクリートで覆われているから安全だというが、豊洲は安心できないと言う。ならば築地も安心とは言えないのでは?矛盾しています。
安倍首相は、多くの憲法学者が自衛隊は違憲だというので憲法9条を改正し合憲にしたいと発言。安保法制では、多くの憲法学者が違憲だと発言しても無視して安保法制を強行採決。憲法学者の意見を都合よく使い分け。矛盾しています。このあたりもサイコパス気質を感じます。
また教育の無償化は、憲法で決めなくても良い話。9条改正のための付録のような感じがしますし、進め方が姑息な感じがします。もっと堂々とやるべきでしょう。憲法改正を国民投票実施まで持っていくには、時間と労力を費やし国内の分裂をもたらす可能性があります。今は、もっと優先してやるべき事項が山積みだと思います。
3. 輪行箱BTB
当社がスポーツ自転車搬送用の段ボール専用箱「輪行箱のBTB」を提供する日本とイタリア合同の自転車プロチーム「ニッポ・ヴィーニファンティーニ」が5月21日(日)~28(日)に日本で開催される「ツアー・オブ・ジャパン」というレースに出場します。(有名なツール・ド・フランスの日本版といえます)。イベント後にチームがイタリアに戻る際に、カスタムメイド版のBTBを提供します。素材が段ボールなので、様々なカスタマイズの要望に応じることが出来ます。チームのメカニックの方からも、自転車が輸送途中全く壊れない、組立・分解・梱包作業が素早くできる等高い評価を頂いています。当社製品のPRでした。
4. 第66回利根川水系連合・総合水防演習
明日5月20日に埼玉県加須市のカスリーン公園付近で第66回利根川水系連合・総合水防演習が開催されます(9時~13時半)。これは国土交通省、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、東京都、神奈川県、加須市が主催者となっています。当社大利根工場が加須市と災害協定を締結したことから、この演習にコーワも製品展示することとなりました。テントを借りて、段ボールベッド等を展示する予定でいます。会場へのアクセスは、東武伊勢崎線加須駅北口からシャトルバス25分、JR東北本線栗橋駅西口からシャトルバス10分。車の場合、加須IC⇒国道125号⇒県道46号⇒市道⇒県道60号⇒演習会場、となります。

| いろいろ | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

群れない生き方、群れる生き方


私は大勢の人と群れるということがあまり好きではないので、群れることを永年避けていました。学校では、運動が苦手という事もありましたが、クラブに入部しませんでした。俗にいう帰宅部でした。高校の同窓会もほとんど出ていません。アメリカから帰国して、最初に入社した会社は小さな輸入半導体商社で、同期入社はいません。その後キヤノンに転職した時も一人、その後資産運用会社に転職した時もすべて一人で、同期というものをいませんでした。同期入社で、同じ釜の飯を食った…というのも好きではありませんでした。「…族」という人たちは、1人では何もできず集団の勢いがないと何もできない人たちだと思っていました。逆に大勢で集団を作ってワイワイやるのが好きという人も多いと思います。正直、それが好きな人をちょっとうらやましいと思ったこともありました。でも、自分の性に合わなかったのも事実です。人それぞれの考え方、好み、人生の生き方があって良いと思いますし、だから世の中は面白いんだと思います。但し、全体主義が強くなりすぎて、強制したり、異なる意見を出せなくなるような雰囲気はNGだと思います。

別に一匹狼というわけではありませんが、仲間を作って集団で何かをしようとすることもありませんでした。徒党を組んで大勢で行動するのは、前述の通り集団の力がないと何もできないようで好きになれませんでした。群れを好む人は、大勢の人と同じものを選んでいる安心感が好きだと思います。私は人と同じなのが好きではないので、多少性格が少しひねくれているのかもしれません(笑)。

仕事をするうえで、自分勝手なやり方は無理で、チームワークは必要かつ重要です。もともと人間は一人で生きていく事は出来ませんが、男たるもの一人で責任を持って仕事や人生をやり抜く覚悟を持つべきだと思います。

群れない生き方、群れる生き方、両方あるから人生は面白いと思います。

おまけ
日米両首脳のスキャンダル報道。トランプ大統領はやはり素人政治家でしたし。安倍首相は、都合の悪い質問は一切無視のプロ政治家。今日の東京市場は円高・株安間違いなしです。

| いろいろ | 07時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リスク管理と危機管理とリスクマネジメントとリスクコントロール


似たような言葉ですが、かなり違います。

「リスク管理」とはすでに顕在化しているもの、または潜在的な危険に対して知っておき、対策を練るという事。つまり、まだ発生していない、将来起こり得る事故を未然に防ぐことを言います。
⇒安全衛生委員会が会社内を巡回して危険な個所を見つけ改善を図る等が含まれます。

「危機管理」とは発生してしまった事故や不祥事に対して、事態の悪化、深刻化を防ぐためにいち早く対処することを言います。
⇒人身事故が発生した場合の連絡網と役割分担、品質クレームが発生した場合の対応部署の確定と報告ルール等が含まれます。

未然に防ぐのが「リスク管理」、発生時の対応が「危機管理」となります。例えば、工場の製造現場で事故や怪我が発生するリスクがあると判断される箇所があれば、事故を防止するための装置を導入する、警告板をその箇所に設置する等が「リスク管理」。しかし、事故が発生した時に、素早く怪我人の救助措置を行い、他への悪影響を引き起こさないようにするのが「危機管理」。

「リスク管理」の上を行くのが、「リスクマネジメント」。「リスクマネジメント」とは、企業に発生するリスクを具体的に予測し、リスク発生を未然に防ぐ、また発生した際には損失や被害を最小限に抑える恒常的なプロセスを指します。「リスク管理」と「危機管理」を合わせたものに近いです。
⇒新商品開発の戦略的リスク、大きな設備投資のリスクを理解したうえで実施する。損害保険を活用し、万が一の出費・損失に備える等。

「リスクコントロール」とは、リスクがあるのを承知のうえでリスクを取るが、そのリスクを許容範囲内に抑える措置を指します。株式投資では価格変動リスクがある株式に投資します、海外株式投資ではさらに為替変動リスクが加わります。資産運用ではリスクを取らない限りリターンを得ることはできません。従って、リスクを承知のうえでリターンを狙います。但し、価格変動リスクをどの程度に抑えておきたいかあらかじめ決めた範囲内に収まるようにポートフォリオ(複数の株式から構成されます。例、100億円を50銘柄に投資した状態)を構築し、継続的に過大なリスクを取っていないか確認します。企業で言えば、1社に対する売上金額を全体の5%を上限とする(倒産した場合の影響を限定する)。与信に不安がある取引先の場合は、債権残高に上限を設けそれ以上受注しない、代金回収を早めにするといったことなどが含まれます。

アスクルの倉庫の火事が数日間続きました。火事の原因が特定されていませんが、スプリンクラーなどの設置は適切に行われていた模様ですが、防火シャッターが適切に使用されていなかったとの事。危機管理としては、他の倉庫に出荷業務を移し顧客への影響を最小化しようと務めました。さらに、近隣の住民への対応も行いました。しかし、結果的に大きな営業損失をもたらしただけでなく、顧客を失った可能性もあります。巨大倉庫に業務を集中させすぎた失敗かもしれません。

企業としては、事故防止と人命の安全確保を最優先し、事故発生時の対応マニュアルを整備し訓練する、これらを社員に周知徹底する。リスクがある場合は、リスクを最小化するための措置を検討のうえ実施する。これらが大事ですが、最後は一人一人がリスクを排除しようとする万全の注意が肝心です。
*「鉄壁のリスクマネジメント」太田裕二著幻冬舎刊を参考に書きました。

おまけ
トヨタマークX。永年トヨタの中核セダンとして販売されましたが、どうやら生産中止され、カムリ主体に販売するようです。
おまけ
朝日新聞の今朝の一面報道。加計学園の大学新学部設立に安倍首相が便宜を図った証拠を開示。やはり「ズブズブ」の関係のようです。

| お仕事 | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中国事情

4月4日にジェイック社の知見寺氏のメルマガの内容(中国の自転車レンタルビジネス)を紹介しました。その続編が出ましたので、引用させていただきます。

『上海でどこでも乗り捨てられる自転車をレンタルできるサービスですが、今は使用料が無料になっています。なんと私が契約しているモバイクは、使うと逆に紅包(お年玉?お祝い金?)がもらえます。最大500元(約8,000円)です。だいたい、2元(約30円)くらいもらえます。デポジット(保証金)分のお金が返却されなければ良いということでしょうか。競合も激しくなっています。自転車の色で、サービス提供会社がわかるのですが、オレンジ、黄、赤、青、水色、緑の6色、6社あります。ちなみに、緑は電動自転車です。
中国で、バッテリーが盗まれないのか、心配です。更には、自動車版がでてきました。スマホで使われていない車を探して、駐車場にいきスマホのアプリでカギを開けます。利用したら、好きな駐車場に乗り捨てます。車は、ベンツのSMARTやBMWなどが使われています。自動車版のデポジットは、1,000元。(自転車は、299元)どこまで、契約者数が伸びるでしょうか?』

中国は電話回線を中国全土に引くよりも携帯電話のアンテナを増やした方が安いので、携帯電話・スマホの普及が急速に進みました。日本でも、カーシェアリングが始まっていますが、こういったスマホを使った新しいビジネスでは中国の方がいち早くスタートしています。

といいつつ、私はスマホにお財布、パスモ、アップルペイ等のアプリを入れていません。面倒なのと紛失するリスク等が理由ですが、一番はIT音痴というところでしょうか?良く理解できない事には手を出さない、歳をとった証拠です(笑)。

おまけ
当社では身代金を要求するウイルスソフトの被害は出ませんでした。こういった被害を防止するには、1)OSを最新のものにする、2)ウイルスソフトを活用する、3)不審なメールを開封しない、4)怪しげなサイトを訪問しない、でしょうか?忘れていけないのはスマホも同じことに注意することですね。

| 経済・社会 | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相槌


「相槌」という言葉は日本刀を制作するときの鍛冶場での打ち方に由来しています。鍛冶場では、名匠一人が刀を打つのではなく、相手となる弟子と代わる代わる交互に打っていきます。つまり相打ちをします。このとき、刀匠は大槌で打ち、弟子は小槌で打つ。 弟子の小槌は、師匠が大槌を打ちやすいように、刀を整えるのです。これが相槌です。

師弟関係、つまり、「タテの関係」の中で、相槌によって日本刀はつくられていくのです。
この「相槌」の語源は、上下関係で成り立っている日本社会の人間関係を象徴しています。
言葉の相槌も、このような日本的な関係の中で有効なのです。

よく使われる相槌「さしすせそ」
さ:さすが
し:実力ですね/知らなかった
す:すごい
せ:絶対/センスいい
そ:そうですね/それで

そのなかでも、メインは「さすそ」です。「さすそ」の3つさえ覚えておけば、たいていの場面で応用でき、相手から間違いなく好意を得られます。この3語をマスターすれば、人間関係改善の基礎は固まったも同然です。たった3語で、話し手から行為を持たれ、関係性はぐんと良くなるはずです。「話し三分に聞き七分。うなずき、あいづち、驚きの表情」
ということばもあります。
*出所 ハタコンサルタント株式会社

英語でも、Great、Super、That’s right、I did not know that、Good for you(さすが、米国では目上が目下に使います)、Really? など相槌に相当する表現があります、さらに、アメリカ人は表情が豊かで、表情で「感嘆の意」「同情の意」「同意」を表したりもします。相槌をうまく打てると、相手も会話に弾みがついて多くの情報を与えてくれたりします。営業マン必須の技術かもしれません。

おまけ
大相撲夏場所初日。注目の稀勢の里、黒星スタート。やはり無理しないほうが良いのでは?
おまけ
パソコンの不審なメールの添付ファイルを開封したりリンクをクリックしたりしないように注意しましょう。パソコンが使えなくなります。

| いろいろ | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT