1. 無料アクセス解析

≫ EDIT

EVスーパーカー


京都市左京区のベンチャー企業「GLM」が4月18日、電気自動車(EV)のスーパーカー「GLM G4」を東京・豊洲で、国内初公開した。2019年の量産化を目指している。「GLM G4」は、専用開発したモーターを車両前後に2基搭載した4輪駆動車で、4人乗り。最高出力は540馬力。時速100kmまでわずか3.7秒で加速できる。想定価格は4000万円、国内外で1000台の販売が目標だ。オランダのサヴェージ・リヴァーレ社と業務提携した上で、同社がコンセプトデザインを担当している。路上を走るヨットをイメージした流麗なデザインが特徴的だ。EVのスーパーカーといえば、イーロン・マスク氏が率いるアメリカのテスラモーターズの「テスラ・ロードスター」などが有名だ。GLMの小間裕康社長は会見で「和製テスラと呼ばれることも多いのですが、私たちが目指しているものとは少し違う。たとえて言うのならEV版のフェラーリというか、高付加価値の車両を提供していきたいと考えています」と話していた。
  *ハフィントンポストより引用

電気自動車では、米国のテスラモーターズの時価総額(株価x株数)がフォードを抜いたと話題になりました。テスラは航続距離が長く、加速も凄いEVとなっていて、日産のリーフとは大違い。EVは部品がエンジンを動力とする従来型の自動車に比べ部品数が格段に少なく、組立のノウハウが少ない企業でも生産可能になります。ベンチャーが製造可能です。テレビのブラウン管時代は、ソニーをはじめとする日本メーカーの独壇場でしたが、液晶パネルを使った薄型テレビ時代になるとパネルとユニットを集めれば簡単に生産できる時代になってしまい、韓国・中国が生産を急増させ、日本のテレビメーカーはそのシェアを失いました。テレビも自動車(アナログの時代)も製造過程による「作り込み(製造過程の途中で品質を上げていく)」が日本製品の優位性をもたらしましたが、薄型テレビやEVといったデジタルの世界では作り込みは通用しなくなります。薄型テレビと同様に、将来的には日本の自動車メーカーのシェアを落とす可能性がゼロとは言えません。

私が今注目するのは、日産が販売しているノートe-POWERです。エンジンがあるものの、バッテリーに充電する目的だけに使われ、動力はモーターのみというユニークな構造です。エンジンブレーキも効き、加速も良いということで将来的には大型車にも同様の技術が使えるようになると日産は面白い企業に変身します。

おまけ
今日、銀座6丁目松坂屋跡に大型商業施設のGINZASIXがオープンします。ハイブランドが相当数入りますが、中国人の爆買いが終わった今(1-3月期の中国人の一人当たり消費支出は前年同期比約15%減少)、日本人向け商品を取りそろえないと、銀座の免税店のように閑古鳥が鳴く状態になりかねません。

| 経済・社会 | 07時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

為替


北朝鮮と米国が激突するかもしれないとの不安が出ています。北朝鮮の核攻撃の目標となる米軍基地が複数ある日本の円は普通なら売られて円安になっておかしくないのに(核攻撃されるかもしれない国の通貨を買う人はいません)、円高に振れています。為替の動きはよく分りません。為替レートの予測をする人や、為替が変動した背景を理路整然と説明する人がいますが、正直言って為替の予測は非常に難しいです。

為替レートを決定する要因は複数ありますが、代表的なものは(1)金利差、(2)経常収支、(3)購買力平価、(4)資金の流れが挙げられます。簡単に説明します。
(1)金利差
例えば、1年物金利が日本0.1%、米国が1%だとすると、円を売って(0.1%を捨てて)ドルを買って1.0%の金利を稼ぐことで0.9%儲かるため、ドルを買う人が多くなりドル高となります。米国の中央銀行が利上げをすると予測してドルを買うというのがこの行動です。しかし、新興国で1年物金利が10%あるとすると、新興国通貨を買えば9.9%儲かることになります。しかし、金利が高い国は信用力がない、インフレ率が高い、政治リスクが高い等の状況を抱えています。インフレ率が高いという事はその通貨の価値が低くなる(通貨安)になります。理論的には、インフレ率が高いと通貨安となり金利差を相殺してしまうと言われます(日本のようにデフレが長期間続いた国は通貨高となります)。米国のように信用力があり、インフレ率が安定し、政治リスクの低い通貨は買われやすくなります。アベノミクスで日銀が金利を下げたことで円安ドル高になりました(アベノミクスの成功は通貨安と株高だけでしたが…)。
(2)経常収支
経常収支とは貿易収支(貿易黒字か貿易赤字か)、所得収支(海外からの配当や利息などの収入)、サービス収支(海外旅行等での収支)が中心で、日本は経常収支黒字を永年続けています。海外との貿易や海外から受け取る配当・利息で稼いだドルは円に換えるために売る必要があります。従って、貿易黒字は円高要因となりやすいといえます。学者によっては、累積の経常収支の黒字額が大きいほどその通貨は高くなりやすいと言います。日本は累積経常収支が大きいので、絶えず円高になる可能性は秘めています。米国は経常収支の赤字が続いても、ドルが基軸通貨のためドル安が大幅に進むことに歯止めをかけています。
(3)購買力平価
有名なのが、「ビッグマック」です。ビッグマックが米国内で4ドル、日本で480円で販売されているとしたら、1ドル120円が妥当であるという考え方です。
(4)資金の流れ
これはヘッジファンド、為替先物取引など、投機目的で巨額の資金が世界中を動きまわり、通貨、石油や金等の商品、株式、債券市場に資金が流出入して相場を大きく動かします。政治的なリスク(英国のユーロ離脱、米国のトランプ大統領誕生、北朝鮮の核問題等)で資金が世界中を駆け回ります。今回の北朝鮮問題は、昔なら円安をもたらしたはずです。

そして、トランプ大統領の発言に見られる「政治家の口先介入」があります。

為替市場は、都合の良い要因を取り上げて為替相場を動かします。為替は非常に予測が難しい投資対象です。間違っても、元本の何倍もの金額で取引できる「外国為替証拠金取引(FX)」で儲けようとしないことです。昼間の仕事が手に付かず、夜は眠れなくなり、精神がおかしくなります。

| 経済・社会 | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蜂蜜の効用


蜂蜜に抗菌作用があるのをご存知ですか?私は喉が弱く、寝る前にひとさじの生蜂蜜をなめる事を昨年暮れから始めました。妻は喉がひりひりした時に生蜂蜜をなめると、喉がピリピリとして治ってしまいました。それで、私に寝る前に生蜂蜜をなめるように薦めてくれて、やってみたら喉のイガイガがかなり減り、喉を腫らすこともことが減りました。もし、朝起きてちょっと喉がおかしいなと思うと、蜂蜜をなめるとかなり収まります。さらに、朝起きた時の口の中のネバネバが少なくなっていました。蜂蜜には鎮静作用があり、ストレスを取り除く案眠剤の効果も期待できるそうです。

蜂蜜の抗菌作用で、寝る前になめても虫歯の原因になりません、ご心配なく。ちなみに、蜂蜜で歯を磨くのもOKだそうです(まだ試したことはありませんが…)。夏になって、就寝中にエアコンをつけっぱなしにすると喉を傷める可能性があるので1年中寝る前の蜂蜜なめをするつもりです。

ニュージーランド産マヌカハニーという高価な蜂蜜があり、医療用として用いられています。有効成分をその有効度に応じてユニークマヌカファクター(UMF)という数値で表すほどです。数値が高い物はかなり高価です。比較的安価なものをなめると濃厚な感じです。

ヨーロッパでは朝に蜂蜜を摂る習慣があり、ヨーロッパのホテルの朝食では小さな瓶詰のジャムと一緒に瓶詰の蜂蜜が必ず提供されています。

蜂蜜は抗菌作用が強いので常温で保管しても腐ることがなく、冷暗所で保管すれば保存食・非常食としても使えます。

くれぐれも、固まらないように水あめなどの糖分を加えたり加熱していない「天然の生蜂蜜」を選ぶことが大事だそうです。但し、蜂蜜のビンの注意書きにも書いてありますが、生蜂蜜を1歳未満の赤ちゃんには与えないでください(注意書きがビンに貼ってあります)。赤ちゃんの死亡事故が発生しました。

おまけ
山本地方創生担当大臣の「学芸員はがん」発言。安倍首相、法務大臣、防衛大臣、等レベルの低い発言が多すぎます。自民党一強体制のために気が緩むのでしょうか?それとも傲慢な姿勢でしょうか?発言を撤回し、謝罪すれば済むというものではありません。

| いろいろ | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストレスをコントロールする


ストレスの原因のほとんどは人間関係と言われるそうです(私は売上・利益が予算通りに進まないのもストレスの原因となると思いますが…)。他人とのコミュニケーションがうまくいかないために様々な軋轢(あつれき)や祖語(そご)が生じます。過度なストレスは精神疾患だけでなく、がんや心筋梗塞を引き起こす誘因にもなり得る。病気予防という観点から、ストレスコントロールは非常に重要と言えます。

ストレスコントロールを行うための方法。
第一に他人の言動や物事に対するとらえ方を変えることが大切。要は他人に期待しない事。相手に期待している場合、自分の期待に反するとイライラしてしまう。最初から相手に期待しなければ、心も平穏でいられる。他人の言動は自分でコントロールできないもの。自分でコントロールできないものには執着しないことが大事。
⇒期待しすぎず、なんらかの結果が出たら儲けものと考えましょう。でも、営業予算達成は毎月期待してしまいます(涙)

第二に、相手の自己重要感、言い換えれば自分が周囲から必要とされている気持、自分は認められているのだという承認欲求を満たすような行動をとること。まず相手の話を良く聞いてあげると、相手は自分が価値ある存在と思えるようになり、あなた自身の自己重要感を高めることにつながります。

第三に、身の回りに起こる様々な出来事に対する受け取り方を変える訓練をする。
⇒友人から50万円貸してほしいと頼まれて、貸した後にいつ返済されるかわからずイライラするよりも、50万円を貸す代わりに5万円か10万円を友人にあげてしまう方が、後々気が楽でストレスも溜まりません。友人とのお金の貸し借りは避けたほうが良さそうです。

第四に、ウォーキングやジョギングに代表される有酸素運動を行う。
⇒私はウォーキングをします。深呼吸もするので、気分が良くなります。

第五に、食事から糖質の摂取を減らすこと(ダイエット指導のジムが推奨する糖質ゼロにすることではありません)。糖質を摂り過ぎると大量のインスリンが出て、イライラや集中力の低下が生じます。糖質の代わりに、肉、魚のたんぱく質、ビタミンC、ミネラルを積極的に摂る。
⇒私はご飯を減らしています。

第六に、自分に合ったストレス発散方法を見つける事。釣り、キャンプ、陶器づくり、茶道、家族との団らん、旅行、等何でもよいと思います。但し、飲酒によるストレス解消はしないほうが良いですね。
⇒私は妻と一緒にいるのが一番リラックスできます。
  *ダイヤモンド社のSixを参考に書きました。

おまけ
女子卓球の平野選手。中国の世界ランク1位、2位、5位を破って実質日本人として初めてのアジア王者。それも中国で開催された大会です。偉業と呼べます。東京五輪が楽しみです。

| いろいろ | 07時31分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生涯の大きな買い物


一生の内で、一番高価な買い物は何でしょうか?おそらくほとんどの人が自宅(戸建、マンション)を上げるのではないかと思います。3千万円、4千万円という大きな金額になります。

では、次は何でしょうか?人によって異なりますが、意外と大きな金額の買い物となるのが生命保険です。例えば、30歳で結婚した男性が、結婚を機に生命保険、個人年金保険、医療保険等に入ると、月3万円の保険料として30年間支払うと3万円x12か月x30年=1,080万円となります。自宅購入が3千万円としても、1/3に相当します。日本人は生命保険が好きな国民で、必要以上に加入している家庭が多くみられます。ちなみに、生命保険会社の保険料には、高い人件費、良い立地に立っている立派なビルの建設費にも使われています。

次は、子育て+教育費も相当な金額になります。小学校から大学まですべて私立、もしくはすべて公立では大きな差があります。但し、これは各家庭の教育に対する考え方、資金面で全く異なるので、子育て・教育費に対する支出が2番目に大きいという事もあり得ます。

生命保険に関して、4月から貯蓄性に強い保険料がかなり上がりました。生命保険料は三つの要素で決まります。
(1) 予定死亡率
将来において性別や年齢別に、毎年およそ何人くらいの方が死亡するかは、「標準生命表」によって予測ができ、このようにして予測した死亡率を「予定死亡率」と言います。
(2) 予定事業率
生命保険会社が事業を行っていくうえで必要となる経費(人件費、広告宣伝費、事業所の家賃など)が、どれくらいになるかを予測したものを「予定事業率」と言います。
(3) 予定利率
生命保険会社は生命保険の加入者から徴収した保険料の一部を、国債や株式などの市場で運用して、運用益を上げており、こういった運用を通じて得られる見込みの利率を「予定利率」と言います。
この3つの予定率のうち、(1)の予定死亡率と(2)の予定事業率は、数値が引き上げされると、保険料は値上げされ、逆に数値が引き下げされると、保険料は値下げされます。その一方で(3)の予定利率は、数値が引き上げされると、保険料は値下げされ、逆に数値が引き下げされると、保険料は値上げされます。   *Yahooより引用

4月の保険料値上げでは、予定利率が引き下げられたことが一番影響しています。生命保険会社は、10年以上の長期の国債に投資して将来の保険料支払いに備えます。以前は、2%程度の利息はあったのですが(高い時は8%以上)、今では10年国債は0.1%もありません。将来1千万円の支払いに備えるのに、3%で運用できるのと、0.1%で運用するのでは、0.1%の方が元本をより1千万円に近づける必要があります。何故なら、利息が少ないので、1千万円支払おうとすると、元本を例えば970万円にしなければならないかもしれませんが、3%なら元本は900万円で十分かもしれません。すなわち、金利が低ければ元本を大きくする、イコール保険料を上げることになります。3月末までに入っている保険は影響を受けませんし、掛け捨て保険も影響は小さいです。

ちなみに生命保険会社のセールス担当者は、昔加入した貯蓄性の強い生命保険を新しい保険に転換させようとします。これは、昔の保険の予定利率が高いので、今の予定利率の低い保険に転換させた方が生命保険会社にとってお得だからです。安易に転換をしないように注意しましょう。

おまけ
ヤマト、27年ぶりの値上げ。27年ぶりってすごいですね。

| 経済・社会 | 07時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT