1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食べ過ぎをキャベツで解消

ダイヤモンド・オンラインに掲載された記事です:
『食べすぎても帳消しにできる――それも、キャベツを食べるだけで。健康意識が高く、日頃、食事の量やバランスに気をつけている人であったとしても、ついつい好きな料理を食べすぎてしまうことはありますよね。毎日規則正しい食生活を送るのは理想ですが、なかなか難しいのが現実。ならば、1日単位で考えるのをやめてしまいましょう。食事の量は「1週間単位」で考える――。それくらいでちょうどいいのです。週の前半に食べすぎてしまっても、週の後半で食べすぎを差し引きゼロにすればまったく問題ありません。ラクに考えて毎度の食事を楽しむことのほうが大切です。週の前半に食べすぎてしまったと感じたら、週の後半にカロリーの低い食事をとって、摂取カロリーを調整すればいいのです。

では、具体的には何を食べればいいのでしょうか?カロリーの低い食事の代表格は野菜です。なかでも、最もおすすめなのは、たっぷり食べても太らない「キャベツ」です。キャベツには、2つのメリットがあります。
1つは、食物繊維が多いこと。食物繊維をたっぷりと食べておくと、食後の満腹感が長くなります。食後の腹持ちがよくなると、次の食事まで、余計なおやつなどを食べたくなるといったムダな食欲が消えるのです。
もう1つのメリットは、食べすぎ、飲みすぎたあとの胃をいたわる効果です。キャベツには、特有の成分であるキャベジン(ビタミンU)が豊富です。食べものを消化するには胃酸が必要です。つい食べすぎたり飲みすぎたりしてしまうと、必要以上の胃酸が分泌されます。胃酸は多すぎると胃を傷つけます。キャベジンは、胃酸の分泌を抑え、食べすぎ、飲みすぎで荒れて弱った胃の粘膜を丈夫にし、修復を助けます。同時にビタミンCが豊富で、キャベジンと協力して疲れた肝臓も助けてくれます。

食べすぎを取り返すには何日必要だと思いますか?1日の必要摂取カロリーは性別や年齢、身長と体重で変わってくるのですが、仮に2000キロカロリーの女性を想定してみましょう。
ちょっと食べすぎてしまって、3000キロカロリーもとってしまったとします。その場合は、翌日から本来の摂取カロリーの8割の1600キロカロリーを目標にします。ポイントは、食べすぎた日とカロリーを減らした日の摂取カロリーの平均が、1週間で2000キロカロリーに近づくようにすること。平均2000キロカロリーにするために必要な日数を計算すると、3日間かかる計算になります。3日間でカロリーを調整すると考えた場合、1日に食べすぎてもいいカロリーは1000キロカロリーです。ですが、3日間も食事制限でカロリーを減らすのは大変。そこで、食事の中身を一部キャベツに置き換えてみるのです。外食のトンカツなどに添えてある刻みキャベツの量、約30gの2倍量を目安に食べます。これを食べすぎた翌日から3日以内に4回以上食べるのが目標です。4回以上食べれば、キャベツを4分の1個ほど食べたことになります。1日3食を必ず食べるとして、3日間で9回食事のチャンスがあります。9回のうち4回食べるのが目標ですから、意識的に食べることが大切です。毎朝、朝食にキャベツを取り入れると3回は確保できるので、目標が達成しやすくなります。刻んだ袋入りキャベツも市販されているので利用すると便利です。ただし、マヨネーズで味をつけたコールスローサラダは脂肪がたっぷりなのでNG。ドレッシングをかけて食べるようにしましょう。ドレッシングはノンオイルタイプが最もおすすめ。和風、フレンチドレッシングでおいしく食べられます。』

私も食べ過ぎて増えた体重を落とすのに苦労することが良くあります。キャベツなら食べやすいので試すことが出来そうです。とんかつに千切りキャベツを併せる事を考えついた人は天才です。和幸でトンカツを食べたら、キャベツのおかわりは必至ですね。最後に書かれたマヨネーズをつけて食べるキャベツ、美味しくて好きなんですが、ダメなんですね、残念。

おまけ
局地的豪雨で大被害が発生しています。YouTubeで荒川氾濫と検索すると東京都が作成した動画を見ることが出来ます。大雨で荒川が氾濫し東京都が大被害を受けるという動画です。参考になります。

| いろいろ | 07時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「優秀」とは


アタックス社の代表パートナー西浦道明氏のメルマガから引用させていただきます:

“「ちがうだろ~! このハゲ~!」という暴言で一躍有名になった自民党、豊田真由子代議士。東京大学卒、厚生労働省入省。ハーバード大学院留学。埼玉4区選出の衆議院議員ということですから、誰からも極めて「優秀」な人間と見なされてきました。「あんなに優秀な人間が、なぜ???」ということで、そのギャップの大きさに日本中が驚きました!そして、大きなニュースとなりました。

しかし、よ~く、考えてみたいのです。豊田真由子代議士は、本当に「優秀な人間」なのでしょうか? 「優秀」の「優」は、「人を憂える」と書きます。すなわち、「他人を思いやる気持ちを持っている」というのが、「優」にほかならないのです。したがって、「優秀な人間」とは、「他人を思いやる気持ちに秀でた人間」のことですね。これは、『リストラなしの「年輪経営」』の著者、伊那食品工業の塚越会長の解釈でもあります。秘書に、ああいった暴言を吐く人に、「思いやり」があるとは、とても思えません。ということは、豊田真由子代議士は、元々「優秀」な人間ではなかったということですね。では、なぜ、多くの日本人は、彼女を、愚かにも、「優秀」な人間と、信じ込んできたのでしょうか?“


中学高校が日本の女子中学で一番偏差値が高い桜蔭学園、東大法学部、厚労省、ハーバード大学院といったエリートコースをまっしぐらに進んだ経歴を背景に、誰もが彼女が優秀だと決めつけてしまうわけです。外資系金融機関で東大卒の新卒がいましたが、頭はいいのでしょうけど、臨機応変に柔軟な対応が全くできず仕事を任せるのが大変だと聞いていました(幸いにも私の部署ではありませんでした)。頭が良く偏差値が高いのと、人間として優れているとは全く別物という事です。

昔から「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。「稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということ」とあります。豊田議員は頭が逆にふんぞり返ってしまったわけです。自民党には、謙虚さがなく尊大に振る舞う、頭がふんぞり返っている議員が数多くいます。米国の大統領もそうですね。豊田議員には、将棋の藤井四段の爪の垢でも煎じて飲ませたいほどです。ところで、いつまで豊田議員は仮病入院で雲隠れを続けるのでしょうか?

日本語の漢字を分解してみるといろんな意味が含まれていて面白いです。テレビ朝日の平日朝の番組で林修氏が日本語の言葉の由来などを解説するコーナーがあり、出勤前に見ています。

おまけ
ちなみに、優秀の「秀でる」と禿(ハゲ)という漢字、ちょっと似ています。

| いろいろ | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱中症に注意


日経新聞の夕刊に掲載された記事を紹介します、夕刊を読む人が少ないと思うので…。マンションに住む人は必読です。

『今年の夏も猛暑が予測されている。熱中症対策が必要だが、注意しなければいけないのは室内の環境。熱中症で救急搬送された人の半数近くは室内でなっている。また、室内では昼間だけではなく、夜間にも熱中症は起こる。部屋に熱をため込まないよう、十分な対策が必要だ。
 気象庁のデータによれば、東京の年平均気温は、ヒートアイランド現象や地球温暖化の影響などにより過去100年で3.3度上昇している。大阪、名古屋は2.9度、同じように上昇している。日中の最低気温が25度より下がらない熱帯夜も1970年代から増えている。これに伴い、熱中症で救急搬送される人数も増加している。消防庁によると、昨年5月から9月までの全国における熱中症による救急搬送人数の累計は約5万人。国立環境研究所が2015年5~9月に熱中症で救急搬送された患者を調査したところ、約4割が住宅内で熱中症にかかっており、このうち7割が65歳以上の高齢者だった。環境省によると、熱中症を引き起こす要因は「環境」「からだ」「行動」に分類できる。環境には、気温のほか、湿度、ふく射熱、気流などが含まれる。からだは、暑さに適応できていない状態、肥満、体調不良などがある。
 元気な成人は、暑さにより体温が上がっても発汗や皮膚温が上昇することで体から放熱するが、高齢者は体温調節機能が劣化するため熱中症を引き起こす可能性が高くなる。行動には、激しい労働や運動などの活動、水分補給の不足などがある。室内での熱中症には、特に環境が大きく影響する。慶応義塾大学の伊香賀俊治教授が、マンションの最上階で観測したデータによると、午前9時に赤外線カメラで室外ベランダ付近を撮影すると表面温度は33度。午後9時には外気温が下がることによって26度まで低下している。しかし、室内の天井の温度は午前9時に32.4度であったが、外気温が低下した午後9時になっても33.4度もあった。さらに、夜間の室温の変化を観察したところ、外気温が昼間より6度下がったのに対し、室温は30度のままだった。コンクリートの住宅は、昼間の太陽熱で建物が暖まってしまうと、熱をため込んでしまう。その熱が夜間に部屋の中を移動するため、室温が下がらない。伊香賀教授は、「一晩中、暑い状態が続くことで熱中症が夜中にも起きている」と指摘。「特に最上階は要注意」と警告している。コンクリートのマンションでは、昼間の温度上昇は少ないが翌朝まで暑い。天井面からのふく射熱により夜間の室温が上昇する。戸建て住宅でも、上層階の西向きの角部屋などで夜間の温度が高くなりやすい。
 夜の天井温度や室温が高くならないようにするには、どうすればいいか。ひとつは、すだれなどを利用して昼間の日射遮蔽をするのが大切だ。また、暑くなったベランダに夕方、打ち水をするのも有効だ。最上階であまりにも暑くなるときには、断熱機能があるウレタンの吹き付け工事をし、天井からの熱を遮断することを勧める。
 熱中症対策には部屋に熱をため込まないことが肝心。特に暑さを感じにくくなっている高齢者は注意が必要だ。「エアコンに頼らなくても自分は大丈夫」などと過信せず、エアコンのスイッチを入れることが大事だ。体感温度だけで暑さを判断するのではなく、温湿度計を自室において実際の温湿度をこまめに確認することが大切だ。』

マンションは冬暖かいとよく言われます。ということは、夏も保温性が高いので暑くなりやすいという事です。私の実感では、冬から初夏に向けて外気温が上がってもコンクリートがまだ冷えており室内は涼しく感じます。逆に、秋になって外気温が下がってもコンクリートに蓄積された熱が残っているため室内はまだ暑く感じます。エアコンの冷房は冬の暖房に比べて電気代はかかりません。エアコンで快適な室内温度を維持することに加えて、入浴前、就寝前、起床後のコップ一杯の水を飲むことが大事です。

私の亡くなった父がマンションに住んでいた時、室温がかなり暑いのにエアコンをつけていませんでした。高齢者の方(私も来年には前期高齢者になります)、高齢の両親がいる方は、是非この記事を参考にしていただきたいと思います。もちろん、体力のない小さいお子さんがいる家庭でも同じです。

| いろいろ | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

保険の本質


私の好きな経済コラムニストに大江英樹氏がいます。大江氏が保険について大変参考になるコラムを書いていましたので、紹介したいと思います。昨日の続きとして読んで頂ければと思います。

『保険の本質は、(1)めったに起こらないこと、しかし、(2)もし起きたらとても自分の蓄えでは賄えないこと、そして、(3)それがいつ起きるか分からないこと、この三つに備えるのがその役割である、と言われます。例えば自動車保険を考えてみよう。運転していて死亡事故を引き起こすなどということはめったに起きることではない。しかし、もしそうなったら何億円もの賠償金が発生することになるから、それを自分で払うことは不可能だ。したがって、運転する人は保険に入らなければならないのは当然と言えるだろう。めったに起こらないことだからこそ、安い保険料で対人無制限の保障が受けられるのである。これと逆のケースが車両保険だろう。車庫入れする時に、車体をこすったりすることはよく起きることだ。起きる頻度が高いから、車両保険の保険料は対人賠償に比べて高くなるのは当然である。

医療保険に入っていないと我々は無保険なのかといえば、決してそういうわけではない。日本は国民皆保険制度なので病気にかかったり入院したりしてもその治療費の多くは公的な医療保険で保障される。さらに「高額療養費制度」というのがあるから自己負担分は限られており、仮に入院して医療費が月に100万円かかったとしても、負担はわずか9万円程度で済むのだ。であるならば、別に医療保険などに入らなくても、その分を貯金しておいて、入院するような事態になればその貯金を下ろせばいいだけのことだ。仮に毎月5000円の医療保険に加入したとしよう。30歳から50歳まで20年間入り続けた場合、支払った保険料の合計は5000円×12ヵ月×20年で120万円となる。その人が50歳の時に病気で5日間ほど入院し、支払われる入院給付が1日あたり1万円だとすると、保険会社からは5万円が給付される。5000円をずっと貯金しておき、貯めた120万円の中から5万円を支払う。その方がずっと合理的だ。仮に病気にならなければ、貯めた120万円は旅行にでも食事にでも、自分の好きなように使えるからだ。』

私が30年前に入った貯蓄性の強い養老保険(既に満期)、終身保険、個人年金保険、学資保険は予定利率が5.5%~4.5%と俗に「お宝保険」と呼ばれる商品だったので、入る意味がありました。今の低い予定利率では貯蓄性の強い保険に入る意味がほとんどありません。従って、一家の家計を支える人物が万が一亡くなった時の保障を確保するための掛け捨て定期保険に入り、一定金額の貯蓄を毎月行って、入院時の差額ベッド代やタクシー代を貯蓄から支払えば良いと考えます。自動車の任意保険は万が一に備えて入っておくべきです。貯蓄を個人型確定拠出年金イデコで全額行なってしまうと60歳まで解約できないので、解約可能な定期預金や投資信託に入れておけばOKです。

おまけ
森本問題で書類がないと答え続けた佐川理財局長。国税庁長官に就任。確定申告では、領収書がなければ経費として認めないのに…。嘘をつき続ければ出世できる官僚。国民の感覚とは正反対です。

| いろいろ | 07時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

固定費の見直し


固定費とは、会社で言えば生産量や販売量に関係なく発生する費用を指し、人件費、交通費、減価償却費などが含まれます。企業は利益の確保が難しくなると、固定費の削減をまず手掛けます。個人の家計で言えば、住宅ローン、食費、教育費、保険料、自家用車の維持費、通信費等が対象となります。雑誌プレジデント誌で家計の見直しをする記事が掲載されます。家計でも固定費の削減が中心となり、趣味の出費なども抑えましょうとアドバイスしています。家計の固定費を削減するにはどうしたら良いか?

1. 住宅ローン。過去の金利が今よりも高い時に借りて、ローン残額がまだ結構ある場合は、同じ銀行もしくは他行で低金利のローンへの借り換えを検討します。
2. 生命保険。特約が多く追加されている生命保険に加入していたら、見直しましょう。但し、貯蓄性が強い保険で予定利率が3%以上あるような場合は解約せずに特約を外したりします。医療費は国の保険制度でかなり賄えます。医療保険には入らず、その分を貯蓄しておく方が良いと言われます。ネット保険の掛け捨て定期保険で、万が一の事態に備えるだけでも十分だと思います。
3. 通信費。固定電話よりも携帯・スマホの料金が圧倒的に高い時代です。格安スマホに乗り換えるのが良いとされます。但し、スマホの性能・機能は若干劣るのを覚悟。
4. 教育費。塾や習い事を見直ししましょう。親の見栄で塾に通わせていませんか?
5. 自動車関連費用。ネット損保に切り替える、保有せずにカーシェアに変更する。
6. 趣味。金額を無視しやすいのが趣味の領域です。この金額を抑える。
7. 食費。外食費を減らす、お酒の量を控える等

しかし、固定費節減で生活が息苦しく感じないようにするには(といっても1と2は生活が息苦しいと実感しないと思いますが…)、家族全員はゲーム感覚で節減策の立案、実行、成果確認をやると良いかもしれません。

おまけ
銀座5丁目の鳩居堂前の土地、はがき1枚が60万円。バブル期よりも高い。異常値です。
景気の肌感覚と大きなずれがあります。

| いろいろ | 07時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT