1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二条彪氏の「日めくりカレンダー」その14


『自分が変わらなければ何も変わらない』
自分が変わることは、とても勇気がいることです。それは、自分から折れることでもあり、譲歩し、相手に歩み寄ることでもあるからです。しかしそれでも、自分が変わり、自ら歩み寄ったほうが、物事はうまく進むのです。

当社では社員教育の一環として、ジェイック社が開催する「リーダーカレッジ」に社員を派遣しています。月一回、12ヶ月にわたって同期の他社の社員と一緒に切磋琢磨し、有名な「7つの習慣」や「原田メソッド」を学びます。この中で、「他人を変えるのではなく、自分が変わる」「他責ではなく自責」の考え方がベースになります。リーダーカレッジに参加した当社のベテラン社員いわく、「自分が変われるとは思えない」と最初は思っていたそうですが、研修を受けるにつれて考えも変わってきたそうです。最後には、参加者全員の発表がありますが、自分を変えるために行ったこと、それによってどんな変化が周囲に起きたか、を生き生きと話し、他の参加者からも好評価をいただきました。

昔からよく言われる言葉。「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」。まさにこの通りで、相手を嫌いでいたら相手が自分を好きになってくれるはずがありません。まず自分が相手を好きになるのがスタートです(恋愛もそうだと思います)。他人を変えようとすると、自分の考えを押し付ける形になり、逆に反発を招く可能性があります。夫婦円満の秘訣は、お互いに相手のことを想って相手に歩み寄ることだと想います。

でも、自分を変える、自分が変わる、というのは簡単ではありません。それなりの覚悟と強い意志が必要です。「自ら歩み寄る、自ら相手に寄り添う」意識が大事です。

おまけ
大谷投手、6回までパーフェクト、奪三振11個。2勝目の権利を確保。この若者はいったいどこまで行くのか?

| いろいろ | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名言

第一生命が発行するBizPrime誌の記事から引用します。

『成功は運が良かったから。失敗は自分に力がなかったから。そう考えて経営をやってきた。』 松下幸之助
同じ意味の名言に「成功したら窓を見る(周囲の人に助けられたと感謝)。失敗したら鏡を見る(自分がいたらなかったことを反省する)」というのがあります。謙虚さと感謝の言葉です。「手柄は自分の力、失敗は部下の責任」という最悪の上司。これでは、部下は絶対ついていきません。

『以前と同様に仕事のやり方をし続ける経営者というものは、必然的に失敗する運命にある。』  ドラッカー
過去の成功体験に酔ってはいけない。成功の法則とは、過去のやり方を踏襲するのではなく、時代や環境の変化に合わせて変わり続けること。安くてもより多く生産すれば利益が出る、という昔の感覚をいまだに引きずっている経営者が多くいます。今は量を求める時代ではない事に気づかない経営者が多くいることにびっくりします。

『信用は実に資本であって、商売繁盛の根底である』  渋沢栄一
商売は信用第一。お金や設備はすぐ手に入れることが可能だが、信用を得るには長期間の努力が必要で、失うのは一瞬(雪印乳業、船場吉兆、三菱自動車等)。信用のない会社は存在意義がありません。個人も同様で、個人に対する評価・信用が、個人が属する会社に対する評価・信用につながりまず。

おまけ
大谷、2試合連続ホームラン、記録をどこまで伸ばすのか楽しみです。

| いろいろ | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

65歳


私は4月1日で65歳になりました。3月には介護保険証が届きました。ついに前期高齢者の仲間入りをし、介護保険料を納めなければなりません。介護保険料は住む市町村によってかなり異なることも知りました。介護保険料は決して安いものではありませんが、いつ介護のお世話になるかもしれません。きちんと保険料を納めます(笑)。

昔は、65歳といったらすごい年寄りという感じでしたが、今の高齢者は実年齢よりも10歳若いもしくは9割か8割の年齢(65歳なら52歳から59歳の印象)に見えたりします。テレビ朝日の「科捜研の女」が好きで毎週見ていますが、主演の沢口靖子さんは52歳ですが、30歳代といっても通用するくらい若くきれいです(台詞回しが下手なのは昔と同じです…)。

政府は年金の受け取りを遅らせると年金支給額が増える仕組みを採用していますが、従来は70歳まで遅らせるのが上限でした。しかし、さらに遅らせることも可能にしようと考えています(しかし、相当長生きしないと受け取りを辞退した年金額の元を取れません…)。今「人生100年」という言葉を雑誌などで見かけるようになりました。平均寿命が80歳代を超えて90歳でも元気な方が増えています。100歳まで生きる可能性も考えて、マネープランを考えましょうということです。定年を迎えてすぐ辞めて退職金を初めて経験する資産運用で増やそうなどと考えるよりは、できる限り働き続けて月10万円でも稼いだほうが老後を豊かに暮らせると説きます。銀行は退職金が入ったのを見て、あなたを支店の立派な個室に招待して投資信託などの資産運用商品を売り込みます。手数料を狙うには一番の客です。銀行の甘いささやき(優遇金利や販売手数料キャッシュバック等)と笑顔には要注意です(笑)。

元々年金は55歳で退職して70歳代で亡くなる、はるか昔の時代に設計された仕組みで、今のような長寿社会を前提としていませんでした。当社でも、60歳を超えて働き続く社員が増えつつあります。人手不足の時代には、経験ある働き手は有力な戦力といえます。

おまけ
4月からいろんなものが値上げされます。量を減らしての実質値上げ。段ボールではサイズを小さくするわけにはいきません。

| いろいろ | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二条彪氏の「日めくりカレンダー」その13


『あなたが一番得意なことは何ですか?』
あなたの一番得意なこと何でしょうか?得意なこと、できること、大好きなこと。特に大切なのは、努力しなくても人並み以上にできること。これがあなたのセンスです。自分が得意だ!といえるものを持つために、とにかく何でもチャレンジしてみましょう。

自分が得意なことって、意外とわかっていないものです。不得意や苦手なことはよくわかっています。ちなみに、私は運動が苦手(足が遅い、逆立ちできず、水泳はカナズチ、体が硬い)、数学が苦手(典型的私立文系の学生でした)、パソコンが苦手(自分では設定ができません)、手先が不器用(プラスチックモデルを作ったことがない)、アルコールがだめ、等々。

自分が得意なことは、意識しないでできてしまうので、自分の強みだと気がつきません。長嶋茂雄氏がバッティングを若手に教えるときは、擬音ばかりで若手はちんぷんかんぷんだったと聞きます。天才の長島氏にすれば「こんな簡単なことが何故わからないのか?」という想いだったのではないでしょうか?

自分の得意なこと、強み、よい点は自分で気がつかないものです。周囲の人に聞いてみるとよいと思います。私は資産運用会社で勤務した18年間のうち、実際の運用業務を担当したのは3年間でした。残りは、文章を書くこと、運用商品のプレゼンテーションをする仕事を担当しました。運用の仕事を離れて営業をしたときに、年金コンサルタントから「プレゼンテーションで運用商品のイメージが描ける」といわれてプレゼンテーションが得意だと気づきました。また、文章を書くのが得意とわかったのは、投資信託と年金資金の運用報告書を書いたりした文章をほめられて、自分が「文章を書くこと」と「プレゼンテーションをすること」を仕事としました。人から言われなければ正直気づかなかったかもしれません。

営業マンも、自分なりの得意なスタイルを作れるとよいと思います。私の年金営業時代は、資産運用と市場について話すのを得意としました。ある上司は、雑談、冗談、酒、ゴルフが得意と私と正反対の人物でした。これだけタイプが違うと、お互いに相手の領域に邪魔することなく営業活動ができたので、やりやすいチームでした。

自分の得意なこと、強みとすることを考えてみて、周りの人にも訊いて見ましょう。

おまけ
昨日の証人喚問。自民党の丸川議員の質問「安部夫妻の関与はありませんでしたね?」これでは質問ではありません。ひどいです。安倍内閣の支持率さらに下がるでしょうね。

| いろいろ | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安眠


十分な睡眠をとる、良質な睡眠をとる、というのは健康維持に非常に大事です。寝不足だと、ミスを引き起こしやすくなったり、事故の原因になったりします。

体を圧迫せず、血行にも良い基本の姿勢は「あおむけの大の字」。広い面で体重を支え、手足を広げているので、体に熱がこもりにくい。寝ているときは筋肉が緩んでいる。体を支える力が働かないため、できるだけ広い面で体重を支えるほうが血行を防がない。あおむけの大の字で寝るのが理想だが、いびきが出やすくなります。いびきや睡眠時無呼吸などの心配があり、楽な呼吸を重視する人には、横向きのほうが向いています。逆流性食道炎の人も横向きがお勧めです。(私は寝付くときはあおむけですが、大の字ではありませんでした)

ゆったりと休むためには、寝具選びが重要です。体への圧迫が小さいこと、神経の緊張がないことは、良い眠りのために必要な条件。
(1)寝返りしやすいのは硬めのベッド
寝返りは多い人だと、一晩に数十回打つ。硬めのベッドのほうが、腰部分が沈み込まず、寝返りが打ちやすいため、神経も刺激されない。スムーズな寝返りなら安定した睡眠が続くが、寝返りを打ちにくいと交感神経が刺激されて眠りが妨げられ、自分の寝返りで目覚めてしまう。(私も硬めのマットレスのベッドに換えて、寝返りがしやすく、起床時の腰痛も楽になりました。)
(2)肩の部分が沈むと圧迫が少ない
硬いベッドは、横向きになったとき肩が圧迫される。面では硬く支え、点では沈む構造の寝具であれば、肩への圧迫が小さい。
(3)枕の横幅は頭3個分の幅を
枕は高過ぎると気道が圧迫される。首の部分のアーチを埋める程度の低めのほうが呼吸をしやすく、横幅が十分ある広い枕のほうが、寝返りを打ちやすい。(私の枕は低めで幅広です。)
(4)スウェットやジャージで寝るのをを避ける
合成繊維では、吸湿性や放温性が悪く快眠の妨げになります。シルクやガーゼでできたパジャマは、肌触りもよく睡眠に適しています。(私はガーゼのパジャマを夏冬愛用しています。)
(5)軽い布団がよい
羽毛布団をかけている人で、羽毛布団の下に毛布をかけるのはもったいないです。理想は、羽毛布団1枚だけで寝ること。次は羽毛布団の上に毛布をかける。羽毛は体温を活かして保温するので体と羽毛が近いほうが温かくなる。ダウンジャケットの下に分厚いセーターを着るのはもったいないといわれます。(私は羽毛布団1枚でシーツの代わりにボアのような暖かめのものを敷いています。毛布をかけるよりもマットレスの上に敷いたほうがよさそうです。)

おまけ
プロ野球が3月30日に開幕します。今年もセリーグは広島が強いのか?オープン戦最下位いの阪神に期待という話もあります。巨人は42歳の上原と21歳の岡本が話題。パリーグは、ソフトバンクがオープン戦不調でも強そうですし、日ハムの清宮君はしばらくは二軍でしょうね。
おまけ
大阪地検特捜部が近畿財務局が国有地を不当に安く売却した背任容疑で調べるとのことなので、なぜ安く売却したのか理由がハッキリすれば森友問題を解明できるでしょうね。

| いろいろ | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT