1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スマートキーが危ない


あるサイトに掲載された記事を紹介します。悪賢い奴がいますね。

『いちいちキーを出して解錠しなくても所持しているだけで自動的に解錠され、しかも乗り込んでからキーを意識せずにスタートボタンを押せばエンジンはいとも簡単に始動できるスマートキーは確かに便利だ。しかもハイテクのお陰でキー無しでの解錠は不可能だから、安全性と便利さを考えれば実に有用な方式で、恐らく殆どのドライバーは安心しきっているだろう。

ところが最近、このスマートキーの弱点を突いての盗難が発生しているという。先ずはスマートキーの動作についておさらいしておこう。ドライバーが所持しているスマートキーは微弱な電波を発信していて、これがクルマから約1m以内に近付くと電波が認識されて電子 ID を照合し、一致すると解錠やエンジン始動が可能となる。そこで泥棒は考えた。クルマの所有者が離れた場所にいてもそのスマートキーが発信する電波を何らかの方法でクルマの近くで発信させれば、クルマは側にスマートキーを所持した所有者がいると勘違いするはずだと。この盗難方法にはリレーアタックという名称もあるらしく、ではその方法はといえば先ずはスマートキーを所持しているオーナーに中継役Aが近づき、スマートキーの出す微弱な電波を受信してそれを増幅してクルマのそばに居る別の中継役Bに送信する。中継役Bは受信した電波をあたかもスマートキーの如く微弱な電波として発信しながらクルマに近付くと、クルマは側にスマートキーを所持した所有者が居ると判断して解錠する。ここで窃盗役が登場しクルマに乗り込みスタートボタンを押せばクルマは難なくエンジンを始動出来る。一度始動すればスマートキーの電波が無くても、次にエンジンをオフするまではそのまま走ることが出来るので、窃盗役はそのままアジトまで運転していく、という手順のようだ。(途中略)ポルシェのようにインテリジェントキー自体をダッシュボード上のスロットに差し込んで始動する方法ならば例えドアは解錠出来たとしてもキー自体を所持していないのだからエンジンを始動することは出来ない。』

ポルシェ以外の車に乗っている人は、ハンドルを棒で固定する盗難防止グッズを車から離れる時に装着するか、車近辺で怪しい人物がいないか確認するくらいしかないようです。

6月5日・6日はお休みし、次回は6月7日水曜日です。

おまけ
巨人泥沼の7連敗。高橋監督は、動きがなく仏頂面を続けているので地蔵様と揶揄されているそうです。
おまけ
自宅近くの「すさのお神社」の天王祭。今日が宵宮で土日開催。多くの神輿が街をねり歩きます。夏が来ました。

| いろいろ | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シンプルに生きる老子」監修野村茂夫 リベラル社 3


「成長を終えることなく続ける」
偉大な人物は、「これで完成」と簡単に終えることはしません。成長を止めることなく、ずっと続けていく継続の力を持つ人こそが本物の証です。
⇒継続し続けることは、才能であり、差別化の大きな要因となります。

「何もしなくていい状態こそ、配慮と準備が行き届いている証拠」
解決策を考えている状況は既に問題が起こった後で、その対策に追われている段階。問題が起きた後に適切な処理をするのはあくまでも次善の策。最善は、特別なことをしなくても済むように問題の芽をあらかじめ摘んでおくこと。何も起こらないという状況は、格別の配慮と準備が背景に潜んでいる。
⇒プレゼンテーションや営業交渉をする前に、想定される質問を全て列挙し、その回答を準備しておく。その場であたふたするのはプロとして恥ずかしいと思うべき。

「欲望を抑えれば、社会は安定する」
皆が便利さを追求すると、自らの首を絞めることになる。
⇒コンビニや宅配便の便利さを追求しすぎると、加重労働やブラック企業になってしまう。欲望を適度に抑えることで、社会は安定を保てるようになる。

「今できることにベストを尽くす」
できるだけのことを尽くし、あとは天に委ねる。まじめに仕事に取組み、誠実さを貫いていれば必要以上に求めずとも、必ず得るべきものを得ることが出来る。
⇒自分で変えられないことを心配するよりも、自分が出来る事だけに集中しあとは天に任せる。ディズニーリゾートに行く日の天気にやきもきしても、どうにもならない。天気が悪かった場合に備えて計画を練っておけば良い。人間はどうしても、先の事や自分でどうにもできないことを気にしすぎます。目の前の事に集中しベストを尽くすだけです。

おまけ
企業も政治にも、「信頼」「信用」「誠実」というのは大事だと思います。今の安倍首相、自民党には全くそれが感じられません。

| いろいろ | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シンプルに生きる老子」監修野村茂夫 リベラル社 2


「自分も他者も大切にできる人物が大任を果たせる」
他人の運命を左右する判断を下す立場にある人間は、名誉や栄光に目を奪われるようなことがあってはならない。そのような人間は、他人よりも自分を優先し他人を自分のための駒のように扱うでしょう(*たしかにそういう人物はいます)。ただ他人を優先するあまり自分を滅ぼすようなことになっても本末転倒。自分の身を大切にして、自分を公共のために役立てようと考えられる人にこそ大任を任せられます。
⇒たしかに、私利私欲最優先の人間には付いていけません。

「情報や知識に惑わされない」
インターネットの誕生により、情報にアクセスすることは飛躍的に簡単になったが、それで人が賢くなった訳ではない。知識や情報を使いこなす技術がなければ無益。
⇒情報がスマホを通じて大量に氾濫する時代。あまりにもネットに流れる情報に流され、惑わされている気がします。美味しそうな写真が掲載されると長蛇の列ができる。誤った情報に悪影響を受けてしまう。確固たるものがないと、ネットに流れる情報に翻弄されてしまいます。情報を正しく選ぶ知恵が必要な時代になりました。

「周囲の人の幸せを妬まない(ねたまない)」
自分と人を比べ、優越感を抱いたり、劣等感を覚えたりする必要はありません。人が幸福であることは、あなたが不幸であることを意味するわけではありません。人があなたより貧しい境遇にあるからといって、あなたが豊かになるわけではありません。日々、自分が食べているもの、住んでいる所に感謝して満足できることが何よりも幸せなことです。
⇒病気で入院してはじめて毎日会社に出社していつも通り仕事ができて、いつも通り自宅で夕食を家族と取ることが出来ることが、どれほど幸せな事か実感できます。他人と比較する、他社と比較する、これをしないだけでどれだけ心安らかになることか判ります。

「賢人は必要以上に語らない」
多くをしゃべる人というのは、自信がなく、相手を説得できないと思っているのでしょう。しかし、説得力というのは、自分がきちんと知っていることを最小限の言葉で伝えることで生まれるのです。
⇒「立て板に水」のようにしゃべりまくるのが、有能な営業マンではありません。必要な内容をしっかりと伝えるだけで十分で、相手に伝わります。

明日もう一回書きます。

おまけ
週刊ダイヤモンドによれば、食事で塩分を摂り過ぎると血圧を上げるということはよく知られていますが、塩分の取り過ぎは筋肉を分解し、さらに肥満、骨粗しょう症、心血管疾患のリスクを高めるとの事。ラーメンのスープは絶対残す、酒を呑んだ後の締めのラーメンを止めることが必要です。
おまけ
政治家と霞が関の官僚は嘘をつく生き物、質問に真摯に応えずはぐらかす生き物、自分の都合の良いように話を使い分ける生き物。一般人とは全く別の生き物です。


| いろいろ | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「嫌われる人の聞き方」よくある5つの共通点


フリーアナウンサーの魚住りえさんが東洋経済オンラインで標題の記事を書きました。ポイントを引用させていただきます。

「人の話を聞く」。簡単なようで、実はとても難しいことです。なぜならみなさん、「人の話を聞いているようでいて聞いていない」、あるいは「聞けていない」ことが本当に多いからです。「聞く力」をつけることで、場がいっきに盛り上がり、「この人にまた会いたい!」と思ってもらえるようになります。「聞く力」が身につけば、仕事も人間関係も必ずうまくいくようになります。みなさんは、普段の会話の中で、こんな経験はありませんか?
・頭がいい人なのに、話をしていると「なぜかイラッ」としてしまう
・この人と話したあとは「なぜかモヤモヤ」してしまう
・悪い人ではないのに「話をしていても楽しくない」「話したい気持ちがなくなる」
実は、これこそが「嫌われる聞き方」なんです。今回は、意外にやりがちな「嫌われる聞き方」よくある5つの共通点を解説します。( )内は私のコメントです

【嫌われる聞き方1】話を「最後まで」聞かない
「他人の話を最後まで聞けない人」は、実は頭のいい人、頭の回転が速い人に多い。相手の話の先がわかってしまうので、最後まで聞かずに自分の話を始めてしまいます。それは早とちりや誤解にもつながるし、相手に不快感を持たれてしまいます。相手とのコミュニケーションのためには、まずは我慢して「相手の話を最後まで聞く」クセをつけたほうがいいですね。(*創業社長は会社の全ての事を理解しているので、部下が話すことの結論が読めてしまうのでしょうね。部下の話をじっくり聞いて、自分と同じ結論を部下が話すと「いい話を聴いた、早速やってみよう」と話したのが松下幸之助氏です。同氏は人を活かす天才と言われました。)

【嫌われる聞き方2】「自分の聞きたい」ようにしか聞いていない
話を聞くときには、相手の話に「寄り添う」姿勢を持つことが大切です。「自分の聞きたい」ように聞くのではなく、「相手の言いたいこと」を尊重して聞く姿勢をとることがポイントです。(*自分に都合の良いこと、耳触りの良いことしか聞かない人がいます。裸の王様状態になってしまいます)

【嫌われる聞き方3】相手の話に「ズレた答え方」ばかりする
「相手が何を言いたいのか」に、つねにアンテナを張りながら聞く姿勢が大事。(*相手が話しているのと違う話題を持ち出す人がときどきいます。たしかにモヤモヤします。)

【嫌われる聞き方4】どんな話でも「自分の話」に持っていってしまう
「自分の話をしたい」という気持ちは誰でも同じです。でも「相手の話」を聞かずに「自分の話」を始めてしまうのはマナー違反。自分の意見を言いたい場合は、「相手の話」をちゃんと聞いてからにしたほうがいいですね。(*自分が中心でないと気が済まない人ですね)

【嫌われる聞き方5】「あいづち」「質問」「態度・しぐさ」が不愉快
・「はい、はい、はい、はい」など、不愉快なあいづちを打つ(*ハイは一つでいいですね)
・何に対しても「たしかに」「たしかに」を連発する
・あいづちに「変な笑い」を入れる(*明石家さんまの笑い声が大嫌いです)
「質問」や「態度・しぐさ」についても同じです。下記のような「相手が不快になる質問や態度・しぐさ」をする人は周りにいませんか?
・いきなり「本題からズレた質問」をする
・漠然とした、答えようのない「あいまいすぎる質問」をする(*セミナーで高齢者の方が種子が曖昧な質問を良くします。質問ではなく自分の意見を長々と話す人がいます)
・会話の最中なのに、すぐにスマホを触る(*すみません、私もやってしまいます)
・腕組みをして、のけぞって話を聞く(*これもやってしまいます、気を付けます)
など、「嫌われる質問」「嫌われる態度・しぐさ」はたくさんありますよね。「あいづち」「質問」「しぐさ・態度」の3つを変えるだけで、誰でも「聞き上手」「会話上手」になれます。

| いろいろ | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末雑感

1. サイコパス
文春新書で結構売れている本に「サイコパス」(著者中野信子)というのがあります。
その本の最初に書いてある文章:
“ありえないようなウソをつき、常人には考えられない不正を働いても、平然としている。嘘が完全に暴かれ、衆目にさらされても全く恥じるそぶりさえ見せず、堂々としている。それどころか、「自分は不当に批難されている被害者」「悲劇の渦中にあるヒロイン」であるかのよう振る舞いさえする。殺人や詐欺事件をおかしたにもかかわらず、まったく反省の色を見せない。そればかりか、自己の正当性を主張する手記などを世間に公表する。関わった人はみな騙され、不幸のどん底に突き落とされる。経歴を詐称する、過去に語った内容とまるで違うことを平気で主張する。矛盾を指摘されても「断じてそんな事は言っていません」と涼しい顔で言い張る。”
私の個人的意見。トランプ大統領、安倍首相、籠池森友学園前理事長には、サイコパス気質を感じます。あくまでも私の個人的感想です。
2. 矛盾
小池都知事は、築地市場の地下水から有害物質が検出されてもコンクリートで覆われているから安全だというが、豊洲は安心できないと言う。ならば築地も安心とは言えないのでは?矛盾しています。
安倍首相は、多くの憲法学者が自衛隊は違憲だというので憲法9条を改正し合憲にしたいと発言。安保法制では、多くの憲法学者が違憲だと発言しても無視して安保法制を強行採決。憲法学者の意見を都合よく使い分け。矛盾しています。このあたりもサイコパス気質を感じます。
また教育の無償化は、憲法で決めなくても良い話。9条改正のための付録のような感じがしますし、進め方が姑息な感じがします。もっと堂々とやるべきでしょう。憲法改正を国民投票実施まで持っていくには、時間と労力を費やし国内の分裂をもたらす可能性があります。今は、もっと優先してやるべき事項が山積みだと思います。
3. 輪行箱BTB
当社がスポーツ自転車搬送用の段ボール専用箱「輪行箱のBTB」を提供する日本とイタリア合同の自転車プロチーム「ニッポ・ヴィーニファンティーニ」が5月21日(日)~28(日)に日本で開催される「ツアー・オブ・ジャパン」というレースに出場します。(有名なツール・ド・フランスの日本版といえます)。イベント後にチームがイタリアに戻る際に、カスタムメイド版のBTBを提供します。素材が段ボールなので、様々なカスタマイズの要望に応じることが出来ます。チームのメカニックの方からも、自転車が輸送途中全く壊れない、組立・分解・梱包作業が素早くできる等高い評価を頂いています。当社製品のPRでした。
4. 第66回利根川水系連合・総合水防演習
明日5月20日に埼玉県加須市のカスリーン公園付近で第66回利根川水系連合・総合水防演習が開催されます(9時~13時半)。これは国土交通省、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、東京都、神奈川県、加須市が主催者となっています。当社大利根工場が加須市と災害協定を締結したことから、この演習にコーワも製品展示することとなりました。テントを借りて、段ボールベッド等を展示する予定でいます。会場へのアクセスは、東武伊勢崎線加須駅北口からシャトルバス25分、JR東北本線栗橋駅西口からシャトルバス10分。車の場合、加須IC⇒国道125号⇒県道46号⇒市道⇒県道60号⇒演習会場、となります。

| いろいろ | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT