1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12月にすること

私は12月になると必ずする事があります:
●今年どんな年だったか列挙します。景気、事件、イベント、政治、金融等のビッグニュースをまとめます。
●会社でどんなことがあったか記録します(最近は記憶力が落ちて、悲しいことに紙で記録しないと忘れてしまいます)。
●私自身や家族、すなわちプライベートでどんなことがあったか記録します。
●年度末時点自分のバランスシートを作成し、来年のキャッシュフローを予測します
●1月初日に配布される社内報で新しい年がどんな年になるか景気予想します(まず当たらないと思いますが、懲りずに繰り返します)。それに基づいて、コーワと段ボール業界にとってどんな年になるかも予想します。
●新しい年に会社として何をすべきか(これも社内報用です)、個人として何をしたいか考えます。

この中で、4番目の項目以外は、どんな事か想像がつくと思いますので、個人のバランスシートについて説明します。これは皆さんにも薦めたいと思います。自分の個人財産のバランスシートを作成します。まず、年末の現預金金額(普通預金、定期預金など)、有価証券の時価総額(保有する投資信託の時価評価額、上場株式の時価評価額)、生命保険を年末に解約したらもらえる解約返戻金の額、マンションや自宅などの不動産の評価額(わかりにくいので、税務署から届く固定資産税評価額を使用します)など資産の合計額を求めます。そこから、住宅ローン・自動車ローンの残高、クレジットカードの未払い残高をマイナスします。差し引きの金額を毎年比較し、資産が増加したかどうかチェックします。新年度のキャッシュフローとは、想定できる収入金額と予想される支出(車の車検、住宅ローンのボーナス時の増額返済額、進学にかかる費用、家族旅行など)を時系列に並べて過不足がないかチェックします。中身を家族で話し合うと、普段は節約して、家族旅行などのイベントにお金を貯めようという意識を全員で共有でき、節約が苦にならなくなります。

これらは会社が年次決算を行う際に実施している、バランスシートの作成、翌年度の資金繰り表の作成と基本的に変わりありません。すなわち、家計管理は会社の経理・財務と類似しているということです。

おまけ
投票マッチングというサイトで政策に対する自分の考えを選択すると、考えが近い政党を選んでくれます。結果は、自分が投票したくない政党が出ました。???です。
スポンサーサイト

| いろいろ | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/955-1a259771

PREV | PAGE-SELECT | NEXT