1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末雑感

iPhone5
アップルが新型iPhoneを発表しました。画面が大きく、薄く軽くなったそうです。iPhoneをもともと使っていないので、何が旧型と違うのかよく判りません。こういった電子機器の発展を見る時に思い出す企業があります。上場企業で、もともとバネ(スプリング)を作る会社でした。携帯電話が折りたたみ型に移行した時に、折りたたむ部分(ヒンジ)が大事な部品になりました。この会社はヒンジの部品で急成長し、飛ぶ鳥を落とす勢いでした。しかし、スマートフォンが主流になった今、ヒンジの部品は不要になり、売上は急減、赤字に転落、自己資本も急減、リストラも行われ、昔の勢いは全くありません。ハイテク製品は急成長もしますが、あっという間に消滅する業界でもあります。フィンランドの携帯電話機器大手ノキアもスマートフォンに乗り遅れて同様の状況です。段ボール製品は、これと真逆のローテク製品です。消滅する商品ではなく、商品を消費者の手元に届けるのに必須の商品で消費者生活を陰で支えています。これからも、無くならない商品です。

阪神金本選手引退
今年いっぱいの引退を発表しました。本来は3年前に肩のけがをして、まともにバックホーム出来ない状態でしたので、もっと早く引退を自ら決めるべきでした。本人も辛い3年間だったと述べました。阪神球団首脳陣も監督も、金本選手に引退を勧告することが出来ませんでした。周りが意見をしにくい人物ほど、自らが身を引く出処進退のタイミングを判断しなければなりません。社長も同じです。引き際が大事で、引っ張りすぎると晩節を汚すと言われてしまいます。

温暖化ガス削減目標撤回
民主党が革新的エネルギー・環境戦略の原案を発表しました。これによれば、鳩山元首相が発表した2020年に温暖化ガス排出量を1990年対比25%削減する目標を撤回し、30年代に20%目標と後退させました。また使用を控えてきた石炭火力の比率を引き上げるとの事。温暖化ガス排出量は電気をどの燃料で発電するかという問題にほぼ直結します。2010年時点で電気の使用量は1990年に比べて35%近く増加しています。今の135を80に減らすということは約4割の電気使用量を減らすか、温暖化ガスを排出しない原子力か再生可能エネルギーの比率を上げるしかありません。電気の使用量を4割減らすのは不可能ですし、温暖化ガスの排出量が多い石炭の比率を引き上げるのは自己矛盾します。原子力に取って代わらせる目的で再生可能エネルギーの比率を30%に引き上げるというのは、再生可能エネルギーは発電が不安定で、製造業にとって非常に危惧される状態です。これらの矛盾した政策を発表する民主党は、選挙対策としか思えません。

反日感情
韓国と中国で反日感情が強まっています。両国を見ると、共通した事情があります。韓国はサムスン電子、現代自動車など大手企業は業績好調ですが、一般人は不景気に苦しんでいます。ウォン安で物価は上昇し実質賃金はマイナス、李大統領は経済に強いと国民は期待したが期待外れ、大学生は就職難。大手企業が高い利益を出しても、過半数を超える外人株主に配当金で成果を持っていかれるだけ、といったように国内で不満が渦巻いています。中国も同じような状況にあります。国内に不満がある場合に、政治家は国民の目を海外に向けさせる傾向があります(北朝鮮はずっと米国をその対象としています)。それが今の韓国と中国で、日本がその対象になっています。
スポンサーサイト

| いろいろ | 07時34分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/898-e60a3811

PREV | PAGE-SELECT | NEXT