1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドクターG

NHKのテレビ番組で、3人の研修医が実例をもとに患者の病名を診断する番組です。実際にあった事例を基に、ベテラン医師のアドバイスの下、病名が何か考えます。判断する材料は、再現ドラマの中で示された状況や材料などを基に判断する形式をとっています。ドクターGのGはゼネラルの意味のGです。救急医は、患者や付き添った人の証言から原因が何かを探ります。もちろん、実際の診断ではCTやMRIなどを活用すると思いますが、テレビでは問診中心で判断します。

救急医は、例えば「はきけ」が症状の場合、三半規管の異常なのか、脳の異常なのか、目の異常なのか、胃や腸の異常なのか、食中毒なのか、様々な原因があります。研修医は考えうる原因と病名を全部リストアップし、ひとつひとつ可能性を潰していき、最後に残る病名を見つけ出します。やはりNHK-BSでも沖縄中部病院で研修医が一人で診察をして悩みながら病気を診断していく番組がありました。診断をするうえで、勉強で学んだ知識だけでは不十分で、先輩研修医、ベテラン医師のアドバイスもあって徐々に力をつけていきます。

会社でも、新しいプロジェクトをするうえで、リスク要因を全てリストアップし、それらをひとつひとつ潰しながら、プロジェクトを完成させるために全力で当たります。

リスクを見抜く力、可能性を見抜く力、対処方法を考える力、全体を俯瞰(ふかん、全体を上から見る)する力、これらは仕事の分野が異なっていても、一流の仕事をするには必要な力だと感じました。

おまけ
症状を全てパソコンにインプットすると、コンピューターが可能性のある病名をリストアップし、可能性をひとつひとつ潰していくソフトが将来的にはできるかもしれません。そうすると、ベテラン医師のノウハウが若い医者にも共有できるようになるかもしれません。
おまけ
自民党谷垣氏が次の総裁選挙に出馬せず、石原幹事長が出馬することになりました。石原氏は、長老の言うことをよく聞くので長老たちが推薦した模様です。それも困ったものです。首相経験者などは、米国のように早く政界から引退して、院政を引かないようにして欲しいです(民主党の鳩山元首相も含めて)。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時24分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/896-39768b15

PREV | PAGE-SELECT | NEXT