1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パラダイム

人間とは不思議なもので、誰かに正しいことを言われ、それが正しいと分かっていても、または的確な指示を受け、自分でもそうすべきだと頭では理解していても、なかなかその通りにはできません。親から「夏休みの宿題を早くやりなさいよ」と言われ、やろうと思っていたのが腰砕けになってしまう。高校生時代、期末試験があるのになぜだか本を無性に読みたくなってしまう。人間ドックが近づきダイエットをしなければいけないと思いつつ、つい甘いものに手が伸びてしまう(私です)。

また、指摘される相手によって、素直に聞き入れたくないと思ってしまいます。親や兄弟といった家族、嫌いな上司、異性、年下などから指摘されると、どんなに的確な指摘でも、「おまえには言われたくない!!」と反応してしまう自分を感じることが度々あります。特に、父親の言うことに息子は従いたくないと考える傾向が強くあります(私もそうでした)。息子から見ると父親はライバルに見えるそうです。

また、相手の言い方にも左右されます。上から目線や命令調、ストレートすぎなど、素直に聞き入れにくいことは多々あるはずです。本当は、誰がどんな風に言おうが、正しいことは正しくて、聞くべきことは聞くべき、すべきことはすべきことなのですが、前述したような、本来関係ないはずの要素に、人は大きな影響を受けてしまい、その結果、誰でもなく自分の利益をわざわざ損なうように、ちゃんと動かなく(動けなく)なってしまうものなのです。

部下を指導する上司は、部下に自分の言うことに従えと押し付けるのではなく、自分の言うことを素直に受け入れてくれるように「自分が変わる」必要があります。それには、自分の凝り固まった考え方や価値観(7つの習慣ではパラダイムと呼びます)をキチンと理解して、時にはそのパラダイムを変えることも必要になります。これは7つの習慣のセミナーを受講した人はわかると思います。自分のパラダイムを部下に対して開示して、自分の価値観や考え方、生き方はこうなんだというのを理解してもらうことが必要ですし、時にはパラダイムの壁を超えることも行って、自分を変えて、部下とのコミュニケーションを改善して、自分を受け入れてもらえるようにすることが必要になります。

しかし、頭では分かっていても、なかなか実行は容易ではありませんが…。

おまけ
ヤングなでしこドイツに完敗。実力の差は大きかった印象です。3位決定戦は対ナイジェリア戦。頑張れ!!

スポンサーサイト

| いろいろ | 21時24分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

父親と息子の件は、ご指摘の通りですね。
自分を変える努力も、必要だとわかっていながら、…です。

| (山) | 2012/09/05 10:14 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/891-2f0e1d84

PREV | PAGE-SELECT | NEXT