1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末雑感 昨日の日経新聞から

昨日14日の日経新聞を読んで感じたことを書きます。
まず1面の日本の自動車メーカー8社の今年度の海外生産を含む生産台数が2,600万台を超えて過去最大になると報道されました。しかし、中身を見ると新興国での新興国向けの低価格車の生産が大幅増加となっており、数年前のレクサスなどの大型高級車が米国で好調で利益を稼いだのとは様変わりの状況になっています。当時は今より円安、なおかつレクサスは国内で生産でした。リーマンショック前の2007年は2,300万台超の水準で4兆円以上の営業利益を8社で稼いだのに対し、2012年度は2,600万台を超えても3兆円を大きく下回ります。台数では十数パーセント増えても営業利益は半減しています。台数が増えても利益が減る状況で、国内に生産台数が増える恩恵は期待できません。

2面の記事で「テレビなぜ負けた」。台湾のホンハイというメーカーは、スマートフォン、薄型テレビ、パソコンなどを海外メーカーから生産委託を受けて相手ブランド製品を製造することを本業とする会社で、10兆円の売上があります。この10兆円は加工賃のみの積み上げです。日本のメーカーの売上は販売した商品の金額です。彼らの生産個数が日本のメーカーよりも2桁、3桁多いことになり、1個あたりにかかる固定費の桁が大幅に異なります。電子部品や液晶パネルの価格は世界共通ですから、価格競争に勝てるはずがありません。家電量販店でも、韓国のサムスンやLGの液晶テレビが一番良い場所に展示される時代になってしまいました。国内の家電メーカーにもっと頑張って欲しいと応援します。

17面の商品市況面。「建設用鋼材 軒並み下落」「綿花 需給緩和で大幅下落」「オフィス賃料が下落」「ポリエステル繊維原料アジアで一段と下落」「コーヒー豆が一段安」こんな記事ばかりです。もう少し待てば、もう少し安くなると思うと消費者は買い控えします。そうすると価格は下がります。日銀がインフレ率1%を目指すと言っても、実際は難しいのではないでしょうか?

おまけ
民主党は公約でしないと約束した消費税を上げて、すると約束した社会保障、無駄な支出の削減を止めます。野田首相は消費税さえ上げられれば、あとはどうでもいいのでしょうか?
おまけ
今週の週刊文春が、小沢一郎議員と離婚した和子さんが知人に出した手紙を掲載しました。これを読むと、小沢一郎という人間は、政治家としての資質云々以前の問題で、人間として最低の人間です。震災後、何故地元の岩手県に行かないのかと疑問に思っていましたが、放射能が怖くて逃げていたというのが事実だそうです。こんな人物が、国の政局(政策ではなく)を左右している現在は、日本にとって最大の不幸な状況です。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/839-44271a93

まとめtyaiました【週末雑感 昨日の日経新聞から】

昨日14日の日経新聞を読んで感じたことを書きます。まず1面の日本の自動車メーカー8社の今年度の海外生産を含む生産台数が2,600万台を超えて過去最大になると報道されました。しかし、...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/19 09:23 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT