1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

脳を育てるかきくけこ

長谷川和廣氏(会社力研究所代表として、会社再建などを中心に企業の経営相談、地方自治体でのセミナーなどを精力的にこなしている)が最近出版した「利益を出せる人出せない人 自分を黒字化する123の仕事術」を読みました。小さいサイズの本で1ページに一項目が書いてあり、簡単に読める本です。多くの部分で私が日ごろ話していることや共感できる話を見受けられました。面白いフレーズがあったので紹介したいと思います。

脳を若々しく保つ方法として
か=感動する  (映画、読書、芸術、スポーツ、等を通じて感動する)
き=興味を持つ (年を取ると新しいことに関心を持たなくなります)
く=工夫してみる(自分で考えて行動してみる)
け=健康になる (軽いスポーツをしてみる ウォーキングはうつ病解消に有効)
こ=恋をする (好きな俳優や歌手を応援してみる)
  *(  )内の文章は私が書いたものです

あなたは、最近感動して涙を流したことがありますか?飛び上がるほど喜んだことがありますか?心にしみじみと感じたことがありますか?
何か新しいことに興味を持って試してみたことがありますか?億劫だからと言って、何もしないと何事にも興味を持たなくなります。新しい施設に行ってみましょう、例えばスカイツリータウンのソラマチに行ってみませんか?
長谷川氏は、「自分の頭で考えて行動する」ということがビジネスパーソンには重要と説きます。言われたことをやるだけではダメです。これが、仕事のできるビジネスパーソンになる秘訣かもしれません。
何か考え事をするには、散歩しながら考えるといった体を動かしてみるのがいいそうです。良いアイデアを得ることが出来て健康にも良かったら最高じゃないですか?
何か夢中になれる対象があると、気持ちが老けることなく若い状態を維持します。中年男性が心の中で「ももクロZ」を応援してみるのもいいのでは(笑)?

面倒だから何もしない、というのが頭をぼけさせる一番の要因だと思います。最近はヤマハ音楽教室でギターやピアノを習う年配者が急増しているそうです。「何かやってみる」のが一番ですね。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時19分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/834-1240e833

まとめtyaiました【脳を育てるかきくけこ】

長谷川和廣氏(会社力研究所代表として、会社再建などを中心に企業の経営相談、地方自治体でのセミナーなどを精力的にこなしている)が最近出版した「利益を出せる人出せない人 自...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/09 20:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT