1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社員教育


会計事務所アタックスグループで営業マン向け研修を担当される横山信弘氏のメルマガに下記のような文章がありました:

「業績が悪くなったからといって、社員教育をしなくなったら社長をする資格はない」と仰る方がいます。強く心に残るフレーズですね。いっぽうで、「研修をするぐらいなら、その分、給料をアップしてくれ」という従業員も、世の中にはいるそうです。その話を聞いて、「そうかもしれない」と悩む経営者っているのでしょうか?自分の子供が、「学校に行くお金を小遣いにまわしてくれよ」と言われて、学校に行かせずに小遣いを増やす親はいるのでしょうか?自己投資は自分の責任でやれ、と突き放す社長もいますが、「自己投資をする習慣」を従業員に身につけさせる責務は、会社側にあると私は思っています。(はじめから自己投資をする習慣が身についている人もいるでしょうが、そうでない人も多いですから。ちなみに営業が本を読まないのは有名な話です)

まさにこの通りだと思います。
弊社では、5月19日と6月23日にジェイック社にスティーブン・コビー氏が書いた名著「7つの習慣®」セミナーを開いてもらいます。人数が限定されるため、残念ながら社員全員というわけにはいかず管理職中心に受講してもらいます。「7つの習慣®」のセミナーを2年くらい前に私が受講して感銘を受けたため、今回開催することとなりました。このセミナーでは成功を収める多くの人が習慣としている考え方や行動を教えてくれます。このセミナーを受講することで、家族や同僚や顧客との接し方が変化すると確信しています。特に、7つ目の習慣に「刃を研ぐ」というのものがあります。勉強、スポーツ、芸術、自然に触れるなど自分を高める習慣を指します。幹部社員自身が自分を高める意欲をこのセミナーを通じて持って欲しいと期待します。また幹部社員が、「7つの習慣®」の考え方を部下の指導に活かせてほしいと願います。

私は業績動向に関係なく、社員教育を続けると社内で話しています。大手の競合会社の設備には中小は到底かないませんが、「人財」では勝つチャンスが十分あると思います。機械は仕様書以上の性能は期待できませんが、「人材」の伸び代は無限だと思います。「人財力」を高めて、差異性と競争力を高めて、会社を継続的に運営できるようにします。

おまけ
5月17日は高血圧の日だそうです。日本の高血圧患者は約4千万人。何らかの治療を受けている人は800万人だそうです。私もその一人です。かかりつけの医者から、高血圧と肩こりは経営の仕事についている限り、治らないと言われました。高血圧と肩こりと上手く付き合っていくしかないようです。
/
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/817-b38be6f4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT