1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忘却曲線

ドイツの心理学者にエビングハウスという人物がいます。彼が忘却曲線という理論を発表しています。忘却曲線では、人が聞いた話をどの程度覚えているかの調査結果を示しています:
20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後には、79%を忘却し、21%を覚えていた。
これを見ると聞いた直後に忘れる度合いが高く、1日を超えると忘れる度合いが緩やかになるのが分かります。これを曲線に例えて忘却曲線と呼びます。

ということは、聞いた話を忘れないためには、話を聞いた直後にメモを書く、その日の内にレポートにまとめる、といった行動が必要になります。1週間覚えていた内容は、その後も比較的覚えているということになります。ということは、上司が部下に一度話しても1日後には内容の3/4を忘れている、もしくは3/4の人間が忘れていると覚悟すれば良いのです。望ましいのは、「インパクトのある内容を繰り返して話す」ことが記憶に残りやすい方法です。同じ話だと部下がうんざりする可能性があるので、表現を変えたり、事例を変えたりすれば聞き入れやすくなります。

英単語を覚えるには繰り返し音読で発音する、英語の構文を暗記するには紙に何度も書く、など反復することが一番です。一週間後に覚えていた単語や構文は忘れにくいので、覚えた翌日に再度繰り返す、という方法が考えられます。

工場の現場での作業や事務所の仕事を部下に覚えさせたら、翌日、その翌日と繰り返させることで記憶をより確かなものにします。営業は新規の見込み客先に覚えてもらうには、翌日お礼の電話をかける、手書きの手紙を書くといったことで相手に反復させることで印象や記憶に残るようにできます。

この理論を知ってから、私が話したことを部下が忘れていても、ガッカリするのではなく自分が反復しなかったことを反省するようになりました(涙)。

おまけ
4年に一度のうるう年。2月29日が誕生日の人はどれだけいるのでしょうか?理屈上では2月28日は0.27%(1÷365)。今日が誕生日の人は、日本で0.068%の確率になり(1÷1461)、日本の人口が1億2千万人とすると82,135人いることになります。結構いますね。

ダンボールのコーワ
埼玉のダンボールメーカー コーワ株式会社



スポンサーサイト

| いろいろ | 07時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/765-ecc98993

PREV | PAGE-SELECT | NEXT