1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

貿易収支

2011年度の日本の貿易収支が1980年以来31年ぶりに貿易赤字になる見込みです。貿易収支とは輸出額から輸入額を差し引いてプラスであれば貿易黒字となり、マイナスであれば貿易赤字となります。1980円の貿易赤字の要因は第二次石油危機で、原油価格が高騰し輸入額が急増したことが原因でした。では、今回の赤字の要因はなんでしょうか?
1.東日本大震災で電子部品、自動車などの生産・輸出が減少
2.タイの洪水で日本からタイへの自動車部品の輸出などが減少
3.超円高による輸出競争力の低下
4.欧州危機で欧州向け輸出が減少、さらに中国から欧州への輸出量が減りそのための部品の日本からの輸出が減少、新興国の景気伸び悩みで輸出が減少
5.iPhoneやギャラクシーなどスマートフォンの輸入が中国・韓国から増加
6.原発問題で化石燃料(石油、ガスなど)の輸入が増加
7.穀物などの価格高騰
8.円高で海外からの部材、商品輸入が増加
1~4が輸出減、5~8が輸入増の要因です。エネルギーの輸入が増えていますが、円高で円建ての金額の増加を抑えています。

2012年を見ると、1と2の要因はなくなりますが、他の要因はそのままです。従って、2012年も貿易赤字になる可能性があり得ます。日本は貿易黒字を30年間続けました。ということは、ドルなどの外貨を稼ぎ続けたことになり、これを円に転換するときにドル売り・円買い、ユーロ売り・円買いとなり、円高をもたらす要因となります。貿易黒字を出し続けるということは自国通貨を高くする結果につながります。自国通貨が高くなると、輸出しにくくなります。その結果、輸出が減り、貿易黒字が減り、輸出額と輸入額が均衡することに「理屈」ではなります。実際はなかなかうまく行きませんが…。この貿易黒字を中心とする経常収支の黒字があるので、日本の借金が1,000兆円あっても国債の格付けが極端に低くならない理由の一つです。

おまけ
「家政婦のミタ」最終回の平均視聴率40%。驚異的です。小学校でも「承知しました」「業務命令でしょうか?」というのが流行ったとのこと。
おまけ
スカイツリーが昨晩一部ライトアップされました。淡い紫色といった感じで東京タワーの赤色と対照的でした。

ダンボールのコーワ
埼玉のダンボールメーカー コーワ株式会社



スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/723-cae72c32

PREV | PAGE-SELECT | NEXT