1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「本音の手紙」

日経トップリーダー11月号に、町田市にある家電販売店「でんかのヤマグチ」が売り上げ不振を告白する「本音の手紙」で業績回復というコラムがありました。ここは家電量販店に対抗して、きめ細かいサービスを提供する訪問営業で大成功しているお店です。今年の夏にエアコンを多く仕入れたものの天候不順で想定通りに売れず在庫が増加し、売れていないので協力をお願いした本音の手紙を顧客に送ったところ、在庫以上の売れ行きになったとあります。お得意さんが「ここはひとつ助けてやるか」という気持ちになってくれたからだそうです。

このコラムを読んで、私の好きなお店のことを思い出しました。私も行きつけの好きなレストランのオーナーから「大震災後お客さんが少なく、せっかく用意した材料が無駄になるし、調理スタッフも悲しんでいるので、お店に来てもらえないだろうか」というハガキをもらいました。私は即ランチを予約しました。お店を訪問したら満席でした。このオーナーのファンが駆けつけた模様でした。

お得意さんとこれだけの関係を築けたら、仕事をしていく上で最高に幸せです。会社としても、営業としても、困った時にお得意さんに協力してもらえるように、日頃の行動をキチンとするべきだと再認識しました。では、どうすればよいのか?取引においても相手の立場や状況を思いやる姿勢が大切だと思います。

ダンボールのコーワ
埼玉のダンボールメーカー コーワ株式会社



スポンサーサイト

| お仕事 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/696-6a11aca9

PREV | PAGE-SELECT | NEXT