1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

企業再生と財政再建

企業の業績が苦しくなり資金繰り(資金繰りとはお金のやり繰りのことで、黒字でもお金がないと会社は倒産します)に困ったりすると、企業を再生するために様々な対策を打ちます。不採算の事業を止め営業所を閉める、人員を削減する、資産の売却を行なう、銀行への借入金の返済を猶予してもらう、売上を増やす、などです。この中で最も確実に業績を回復させる対策は「経費削減」です。すなわち人員を減らして人件費を減らす、広告宣伝費や交際費を減らすといった経費削減策、不良資産や事業に関係ないゴルフ会員権などの資産を売却するといった資産売却がまず実行されます。そして、売上を増やして粗利を増やすという策を取ります。何故なら、経費削減や資産売却は自分達の判断だけで出来るからです。売上を増やすというのは相手があるので、本当に出来るかどうかはハッキリしません。

国の財政が厳しいので増税をしたいと一部の民主党は言います。しかし、民主党が政権を取った時は、無駄をなくして十数兆円の資金を捻出できるから増税はしなくて済むと説明し選挙に勝ちました。確かに事業仕分けなどをやりましたが、全く成果は出ませんでした。増税というのは最後に取るべき手段であって、企業が業績を立て直すには経費削減から始めるように、政府と霞ヶ関はまず自分達の無駄な経費を大胆に減らし(議員数を減らし、公務員の人件費を減らし、公益法人を減らし、無駄な公共投資を止めるなど)、非課税となっている宗教法人に課税したうえで、それでも足りないなら増税を考えるべきです。企業は自ら血を流しますが、政治家と官僚は自分たちの血を流すことは一切考えません。消費税率の引き上げはやむを得ないと思いますが、その前に「やるべきことを100%やれ」と言いたいです。民間に比べて、政治家と役人は自らの血を流す決意に欠けています。

おまけ
昨日のクイズの正解です。日大三校以外は負けました。負けチームを決めるには一試合必要で、4,013校が負けたわけですから、4,013試合ということになります。


ダンボールのコーワ
埼玉のダンボールメーカー コーワ株式会社



スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時29分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

全く政治家は襟を正して欲しいです

| hiro | 2011/08/23 09:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/643-b4497501

PREV | PAGE-SELECT | NEXT