1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ジャパネットからなぜ買いたくなるのか?」荻島 央江著

標題の本の要約版(本そのものではありません)を読みました。その中で印象に残った部分を紹介したいと思います:

話すと言う事は、ただ口から言葉を発することじゃない。想いを伝えることです。だから、話すのが上手いとは、自分の想いを伝えられる人のことを言うのだと思います。ただし、自己満足ではいけません。相手に伝わらなければ、意味がありません。
⇒私もアメリカでアメリカ人と話す時に感じたことは、英語が上手いというのは英語が流暢かどうかではなく、話す内容に深みがあるかどうかでした。英語が流暢でも中身が空っぽだとちゃんと聴いてくれませんが、中身に関心があったり興味があったりすると下手な英語でも一生懸命聴いてくれます。アメリカに行く前に、英語の先生に英語がうまくなるコツを質問したら、話す内容を持つことといわれました。その時に、先生が言ったことを初めて理解できました。流暢にしゃべれるかどうかではなく、話す内容が相手の心に届くかどうかが大切でした。

人前で話す時、緊張しないためには「格好つける必要はない」「自分の言葉を使う事」。
⇒私が運用商品のプレゼンテーションを仕事としていた時代。緊張はほとんどしませんでした。何故なら、表面的な言葉を覚えたのではなく話す内容を完全に理解し自分のものとしていたことで、運用担当者から聴いた受け売りの言葉で話すのではなく自分の言葉で話したからです。

今日はここまで。次回に続く。

おまけ
円高が進んでいます。悪い表現をすると今の為替市場は「不美人競争」をしています。米国、ヨーロッパ、日本、いずれも問題を抱えていますが、日本がまだ「まし」ということでドル安円高が進んでいます。だから、為替の市場介入を今実行しても効果ありません。


ダンボールのコーワ
埼玉のダンボールメーカー コーワ株式会社


スポンサーサイト

| | 07時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/628-0b866d99

PREV | PAGE-SELECT | NEXT