1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米国発のスポーツと英国発のスポーツとの違い

今日は小さな雑学です。
米国発のスポーツの代表格は野球とアメリカンフットボールです。英国発のスポーツの代表格はサッカー、ラグビーです(テニスやゴルフは違うようです)。これらのスポーツを比較すると、米国発のスポーツは選手自身がフィールド上で作戦を考えるのではなく監督やコーチの指図をサインで受けるスポーツです。英国発のスポーツは、監督はいますが、一旦プレーが始まると監督からのサインを待つことはせずに、選手自身が考えながらプレーします。ラグビーでは、プレーが始まると監督は観客席に上がってしまいます。

アメリカンフットボールは体格が違いすぎるので日本が米国と同等に戦うのは無理ですが、野球は世界一に2度なっています。監督がサインを出せるバレーボールも女子はかつて世界一になり、男子もトップランクにありました。サッカーでは選手に創造力が要求されます。選手個々人が自ら考える自由奔放方なスポーツは日本人に向かずに、管理型スポーツが日本人には向いているのでしょうか?ビジネスでも同様のことが言えるかもしれません。個々人が色々考えるよりも、上から指図されたことをキッチリやるのが日本人のDNAにあるのかもしれません。でも、私は社員一人ひとりが自ら色々考える組織にしたいと思っています。

おまけ1
米国発のスポーツは道具でお金がかかり、雨の影響を受けますます。英国発のスポーツはボールがあれば出来るのでお金がかからず、雨の影響を受けません。
おまけ2
近い将来、小学校の国語の試験に「一定のメド」を使った短い分を作りなさいという問題がでてくるかもしれません。今後、「期限を定めないのが一定のメドという意味」になるかもしれません・・・・。


ダンボールのコーワ
埼玉のダンボールメーカー コーワ株式会社



スポンサーサイト

| スポーツ | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/607-dc3d2d56

PREV | PAGE-SELECT | NEXT