FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時間を守る


時間を守らない社員は、お客様や一緒に働く同僚からの信用を得ることができません。時間を守らない社員が増えると、社内がダラダラした雰囲気になり会社の業績も悪化していきます。

どんな時間を守るのか?
出社時間: 始業時刻ギリギリの出社で、コーヒーを飲んで一息着いて仕事を始めるX
集合時間: 出発が遅れ、全体のスケジュールがずれ込みます
提出期限: 見積提出、何らかの回答期限を守るのは営業マンの基本
約束の時間: 相手の訪問時刻の5分前までに到着が基本
会議の時間: 10人の会議に10分遅れると100分を無駄にしています
休憩からの戻り時間: タバコからの戻りが遅いのはNG
帰社予定時間: 帰社予定から遅れれば残業が増えます

私は約束の時刻に遅れるのが嫌で、資産運用業の時代にタクシーで顧客を訪問する場合、渋滞があっても大丈夫な時間に出発するので、現地に早く着いて時間調整をするのが普通でした。ある時、大渋滞で約束の時刻よりも数分遅れたら、事務所に電話がかかってきて「まだ来ていない」と言われたことがあります。到着がジャストくらいに出発すると遅れ、余裕を見て出発すると何もなく早く到着というパターンが良くありました。

早めに出発、早めに準備、早めに回答、これらの行動が信用を得る一番の基本です。

おまけ
大勢が参加する政府対策本部の会合。マスクをするのは河野大臣だけ。危機感が見えません。
おまけ
テレビで見た渋谷の若い人。本当に「不要不急」の意味と「自粛」の意味を理解していません。「食料・日用品の買い物、通院、休めない仕事以外の用事での外出はしないでください」と翻訳しないとダメみたいです。
おまけ
アメリカで毎週木曜日に発表される新規失業保険申請件数が328万件。普通は20万から30万件です。10倍以上に増加、FRB議長は景気後退と発言。日本もいずれそうなります。

スポンサーサイト



| お仕事 | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2663-d129ccd3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT