FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「1:5の法則」と「5:25の法則」


二つの法則は、アメリカの大手コンサル会社であるベイン・アンド・カンパニー社の名誉ディレクターを務める、フレデリック・F・ライクヘルドという方が調査の結果見出した法則で、マーケティング業界や様々な経営戦略の場面で引用されている法則です。

「1:5の法則」これは、新規顧客を獲得するコストは、既存の顧客を維持するコストの5倍かかる、という法則です。新規顧客に何度も訪問する時間と労力は、既存顧客に対するものに比べて5倍。既存顧客は、中長期的に商品を購入し続ける可能性が高く、企業に対してロイヤルティーの高い顧客で、時間の経過とともに大きな利益をもたらしてくれる可能性が高いのです。ただ、企業を発展させるためには、既存顧客を維持するだけでは不十分なので、新規顧客も並行して獲得していく必要があります。既存顧客の維持と新規顧客の獲得のバランスを上手く取っていくことが重要です。新規顧客を獲得するコストは、既存顧客を維持するコストの5倍かかるので、既存顧客を離脱させない、失わない対策が重要になります。

「5:25の法則」とは、顧客の離脱(流出)を5%改善すれば、利益が最低でも25%改善される、というものです。これは、既存顧客との関係性(いわば絆ともいうべきもの)を良好に維持すれば、そこからリピート売上をあげることが出来るので、低コストで高利益が産めるというものです。しかし、一般的には「既存のお客様との関係性(絆)を良くする方法」については、あまり熱心に取り組まれていない会社が多いのです。
その理由は、
・地味で時間のかかる
・会社ごとに顧客をフォローする方法が異なる
からということのようです。
つまり、「新規顧客の獲得」では、値引きなどですぐに効果が出しやすいのだが、「既存の顧客との関係性構築」は、値引きなどが通用しなく、また、他の企業の成功事例をマネしても通用しないということも多くて、効果が現れるまでに多くの時間がかかる、からです。ですから、会社としてはついつい後回しにしがちなのです。

おまけ
小泉環境大臣。「セクシー」発言、「その通り」発言。首相になる資質無し。嘘を平気で押し通す安倍さんが首相を務めているので、まっとうな自民党の政治家はいないのでしょう。
おまけ
新型肺炎。ほとんど外出しない老夫婦が感染。どういう経路で感染したのか?

スポンサーサイト



| お仕事 | 07時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2638-770efd02

PREV | PAGE-SELECT | NEXT