FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゴディバ vs 森永


ゴディバといえばチョコレートの代名詞といえるほどのブランドです。森永も日本では、明治、グリコ、ロッテと並ぶチョコレートのトップメーカーです。
ある実験で、ゴディバのカレアソートメントという薄型のチョコレートと、森永のカレ・ド・ショコラという薄型のチョコレートの比較実験をしました。実験に35人が参加し、どちらのチョコレートかわからない状態で、どちらがおいしいかを比較したところ、17名がゴディバ、18名が森永がおいしいと判断したそうです。

問題は、ゴディバの「カレ アソートメント」の値段は、1グラム当たり24.4円。これに対して森永製菓の「カレ・ド・ショコラ」の値段は、1グラム当たり3.1円で、両者の間にはなんと約8倍もの価格差がある点です。これだけの価格差があるのにもかかわらず、どちらが好きかという答えは、ほぼ半々となりました。もし、クオリティ(品質)に差がないとしたら、この価格差をどう説明すればよいのか。ゴディバは輸入品なので、為替レートによるものではないかと考えたくなりますが、為替レートでは8倍もの価格差を説明することは不可能。では、この「価格差8倍」の「正体」は何なのか?

ゴディバと森永製菓のビジネスで大きく異なるのは、ゴディバが世界中でブランド展開しているのに対し、森永製菓は長いこと国内市場を主戦場にしてきた点です。ゴディバは品質をキチンと訴えて妥当な価格で売る努力を世界中で行っているのに対し、森永は物価が上昇しないデフレ環境の日本国内市場を対象としているために、安い価格で売ることに慣れてしまっていて、低価格となっていると考えられます。ブランド力としては、ゴディバが有名であっても、森永の8倍の価値があるとは私は思いません。日本企業が、高品質な商品を妥当な価格で売ることを放棄し、安さでしか商品の魅力を訴求しない体質になっていることが、日本のデフレ体質を変えることができない要因だと思います。

おまけ
もう1か月が終わります。あっという間です。
おまけ
2月1日から都内の私立中学入学試験が始まります。頑張れ受験生!!
おまけ
SARSが沈静化したのは半年後だったそうです。新型コロナウイルス、半年後だと7月オリンピック開催と重なります。新型コロナウイルスの影響で、中国の成長率が6%から4%になるとの見方。日本経済に大きな影響が出るかも。

スポンサーサイト



| いろいろ | 07時24分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

親しい中国人がいます。仕事が全く進まなくなっています。早く終息して欲しいものです。

| (山) | 2020/01/31 09:31 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2627-25fa7a19

PREV | PAGE-SELECT | NEXT