FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

突然お金を貸してと言われても


経営コンサルタントのエクステンド社のメルマガの文章を引用させていただきます:

『私のある顧問先は、金融機関取引数が政府系も含めて7行あるのですが、毎月欠かさず、
前月分の試算表や資金繰り表などを提出しています。もう何年も継続しています。当然、中小企業側にも金融機関側にもそれぞれその日の都合がありますので、しっかりとその資料について対話ができるときもあれば、資料の提出のみの場合もあります。
さてあなたは、このような関係性をどのように感じましたか。
毎月提出とは、とても時間がなく大変だ。何年も継続することは、とても大変だ。試算表がタイムリーに作成できていないので、とても無理だ。資金繰り表は作成していないので、とても無理だ。そもそもその行為に何の意味があるのか、分からない。金融機関に細かい経営状況を見せる必要はない。
もし、上記のように感じた方は、無借金企業を除けばとても危険です。
それはなぜか?
今後、どこかのタイミングで金融機関から融資を受けたいと思っているなら、融資が必要なとき、融資が必要でないときを問わず、関係性を保つべきだからです。よく聞かれるのが、「月末の資金が足りないので融資を申し込んだが、断られた」と言われます。それまで、金融機関との会話は何カ月も無く、資金の不足月と金融機関への融資依頼月が同じ、場合によっては、融資依頼日から数日後の融資実行を希望されています。
それは、そもそも無理です。私はこのように例えます。
「高校時代の同級生が、卒業以来一度も会ってないのに、 数年後にある日突然現れて、お金を貸して欲しい」と言われた場合、あなたはお金を貸しますか、ということです。
逆に、ほぼ毎週会っていて、人柄も十分に分かっている人から、同じようなお願いをされたとき、まったく違った対応をすることでしょう。先ずは、親身になって相談にのることと思います。金融機関で働く人も人間です。このような関係づくりを積極的に行ってください。』

当社は取引のある銀行に対し、定期的に試算表を提出し、四半期毎に会社の状況を書面提出や訪問して報告します。特に悪い情報は早く報告します。その結果、融資は問題なくスムーズに受けることができています。借入金利も、中小企業としてこれ以下はまず無理でしょうという低い水準で借りられています。

段ボールの営業マンは数多くの得意先を担当しています。原材料が値上げされ、製品値上げをしなければならない時、頻繁に顔を見せて信頼できる営業マンに製品値上げを言われた時と、ほとんど顔を見せず値上げの時だけ訪問する営業マンに言われた時とでは、顧客の反応は当然大きく異なります。

取引先との定期的なコミュニケーション、情報交換、提案、相談等は、ビジネスを円滑に進めるうえで非常に重要だということです。

おまけ
『学び続ける人』(三浦知良:プロサッカー選手)
学ばない者は人のせいにする。自分に何が足りないかを考えないから。
学びつつある者は自分のせいにする。自分に何が足りないかを知っているから。
学ぶことを知っている者は誰のせいにもしない。常に学び続ける人でいたい。

スポンサーサイト



| 経済・社会 | 07時27分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

Kingカズ、ならではの言葉ですね。

| (山) | 2019/12/25 09:16 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2608-2f0e9e79

PREV | PAGE-SELECT | NEXT