FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

野村メモ2

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」
(野村氏の有名な言葉です)
『これは監督時代、私がよく発していた言葉である。「勝負は時の運」といったりもするが、野球も運によって勝敗が左右されるようなことがしばしば起こる。だが、買った場合は「運が良かった」でもいいが、負けた場合は「運が悪かった」だけで済ませているようではプロとは呼べない。負けた時、あるいはうまくいかなかった時こそ「なぜ負けたのか?」「どうしてうまくいかなかったのか?」を考えることが重要である。失敗の中には「成功のカギ」がたくさん隠されている。失敗の理由を探し、それを突き詰めて考えていくことで成功への道筋が見えてくるのだ。私のように小心者で日頃からマイナス志向な人間は、ついつい物事を悪いほうに考えてしまう。でも、そんな人間のほうが「負けの原因」を探っていく意識が高く、たとえ「最悪な状況」になったとしても対応が早い。そんなわけで「自分は小心者だから」と卑下することはない。私の考えでは、小心者のほうが成功するといえるのだから。』

私も小心者で、悪いことを先に考えてこれ以上悪いシナリオはないことを確認する傾向があります。会社の予算を作るときも、達成するのが決して容易ではない予算を本予算として、最悪の場合の予算も考えておきます。その場合にどう対応するか考えておきます。

資産運用業界では、運用結果のパフォーマンスを分析する「要因分析」という作業を必ずおこないます。これは、東証株価指数のパフォーマンスを上回ることを目指す口座で、毎月「なぜ上回ったのか?」「なぜ下回ったのか?」の原因を分析します。「業種配分が良かったのか悪かったのか、個別銘柄選択が良かったのか悪かったのか」分析して、そのままの投資方針でよいのか、投資方針を変更したほうが良いのか考えて、変更すべきと判断したら速やかに実行します。翌月にまた要因分析作業を繰り返します。上回ったとしても、単にラッキーだった可能性もあるのに、上回ったからこのままでよいとは判断しません。

製造業では品質クレームが来れば、なぜミスが発生したのか、それを防ぐ方法は何かを探り、品質の向上を図ります。これを繰り返すことで、品質をより向上させることが可能になります。

明日はお休みします。次回2月8日です。

スポンサーサイト

| | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2409-f267437c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT