FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

好きな文章


ユニクロのホームページで毎週火曜日に松浦弥太郎氏が「LifeWear Story 100」というストーリーを書いています。好きで毎週読んでいます。ストーリーは、NYに行った若い日本人男性が様々な人と知り合い、仕事を見つけ、仕事と恋愛を通じて成長していく物語です。その中で、いいなと思う文章があったので、引用させていただきます:

“あなたがいっていたどんなことにも心を使うっていう考え方にとても影響を受けたわ。最初は何をいっているのかわからなかったけれど、ある日、ブロードウェイを歩きながら、『いいこともそうでないことも、どんなことにも感謝をするんだ。学びだからね。そうすればどんなことも受け入れられるようになる』とあなたがいったとき、心を使うって意味がわかったの。暮らしにおける、どんな些細なこともすべて学び。だからこそ感謝という心で向き合う。あなたのこの言葉は私の人生を変えてくれたと思う。ありがとう」
「それは僕だって人から学んだことだよ。学びってほんとにすばらしいと思う。両親、友だちだけでなく、この社会、この世界だって、何かいつも学びを与えてくれているからね。
ただ、それを学びと思えるかどうかだけ。学びというのは、答えを教わることではなく、与えられたことを自分で考える、考え続けるということ。だから、そう考えると、学びというのは人生そのものだよね」

『ていねい』という日本らしい言葉。それは『今』を大切にするということよね。『今』の自分が、何年か後の自分を作る。未来の自分に現れる。これは真実。それなら『今』自分はどうする?ってことよね。『今』何をどんなふうに食べるのか。『今』どんなふうに人と接するのか。『今』何をするべきなのか。その答えは『ていねいに』とあなたがよくいっていた言葉にあると思う」“



日本人には、「感謝」と「ていねい」という言葉は非常にしっくり感じます。大地震で被害にあった人が自分が大変な状況にあるにもかかわらず、ボランティアに強い「感謝」の意を表します。レストランの厨房でも非常に「ていねい」な仕事をします。空港の荷物を受け取る前の場所で地上スタッフがスーツケースを布で「ていねい」に拭いて綺麗にしているのを見て外人がビックリします。「感謝」と「ていねい」、心に留めたい言葉です。

おまけ
2008年の株安は「リーマンショック」と呼ばれました。今回の株安は「トランプショック」でしょうか?

スポンサーサイト



| いろいろ | 07時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2386-22296694

PREV | PAGE-SELECT | NEXT