FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インフルエンザ予防


インフルエンザに食中毒と、秋~冬にかけては感染症に注意が必要な季節。発症してから慌てるより予防に力を入れましょう。ダイヤモンド・オンラインに掲載された記事です。

『感染症の予防策のうち、手軽だが最も強力なのは「手洗い」。外出後や食事の前には必ず手を洗いたい。幼児じゃないんだからと侮るなかれ。流しっ放しの水流とせっけんで手指を洗うと「手洗いなし」と比較して、細菌どころかウイルスの感染力や遺伝子量を100分の1未満に抑えられる。

推奨される手洗い方法は、
(1)流水で手をぬらし、水を止めてせっけんをつける──水の温度は冷たくても温かくてもいい。熱いお湯のほうがより除菌できる、というわけではない。せっけんは普通のタイプで十分。「薬用せっけん」を使い続けると、除菌どころか逆に耐性菌を生み出す危険性が増す。米国食品医薬品局は、薬用せっけんの販売を禁止しているくらい。
(2)せっけんを泡立て、手のひらから手の甲、指の間、指先から爪の間までまんべんなく塗りつける。爪の間は、泡を盛った手のひらを引っ掻くようにするといい。
(3)手を少なくとも20秒間、こすり合わせる。タイマーを使ってもいいが、お勧めの方法は「ハッピーバースデー」を2回歌い切る間、だそうだ。
(4)流水で手をきれいにすすぐ。
(5)清潔なタオルで手を拭く。エアタオルを家庭に備えることは難しいので、ペーパータオルを用意しておくといいだろう。
  *一説には、エアタオルは菌を飛び散らかすので良くないといわれます。

近くに水道やせっけんがない場合は、除菌成分としてアルコール濃度が60%以上のウエット・ティッシュで「ごしごし」拭くこと。アルコール濃度が60%未満、あるいは他の消毒成分に関しては、十分な除菌効果が認められていない。過剰に神経質になる必要はないが、特にお年寄りがいる家庭では、手洗いを家族の習慣にしたい。』

私は20秒も洗っていませんでした。もっと短いです。反省します。
妻は外出から帰宅すると、玄関に置いてあるアルコールのウェット・テイッシュで手を拭いています。
会社でもタオルの代わりにペーパータオルを使用しています。自宅でもキッチンでペーパータオルを使用しています。
外出先でトイレを使っても、手を洗わずに済ませてしまう人が多く見かけます、???です。

簡単なので、心がけたいものです。

おまけ
荒川区役所から65歳以上の人は2500円でインフルエンザの予防接種を受けられる書類が届いたので、受けました。筋肉注射なので、普通の注射とは場所が違います。
おまけ
イオンがブラック・フライデー・セールを23日から25日までするとテレビ広告。ブラック・フライデーとは何?と思う人がいると思います。アメリカでは感謝祭が終わった23日金曜日からクリスマスセールを始めるので、黒字になる金曜日と言う意味でブラック・フライデーということばを使っています。

スポンサーサイト



| いろいろ | 07時39分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

効果が無い、とも言われるインフル予防注射ですが、僕も毎年きちんと接種しています。

| (山) | 2018/11/21 09:09 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2364-d35c2505

PREV | PAGE-SELECT | NEXT