FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資信託の基準価格


投資信託というのは、大勢の個人投資家から集めた資金を1つの口座で運用し、そのリターン(プラスもあればマイナスもある)を投資家の間で分け合いましょうというものです。投資信託の純資産を保有口数で割って、1口当たりの純資産=基準価格を毎日計算します。基準価格に個人が保有する口数を掛けて、個人が保有する投資信託の時価を計算します。一般的に基準価格は、運用開始時に1万円でスタートします。日経新聞で投資信託の基準価格の一覧が見ることができますが(一般紙では掲載されていません)、3千円台のものもあれば5万円台のものもあります。個人投資家が勘違いするのが、5万円台といった高い基準価格の投資信託は割高で、3千円台の投資信託が割安だと思ってしまうことです。日経平均に連動する株式投資信託が日経平均8千円の時に設定され日経平均が2万4千円になっていたら、3倍なので基準価格は3万円近辺になります。逆に3万円の時に運用を開始した投資信託の基準価格は8千円となります。同じ投資対象でも運用を開始した時で大きく基準価格は異なります。

昔、国際投資信託委託という私が勤めた会社の投資信託で「日経500」に連動するインデックスファンドがありましたが、基準価格が2万円になって国際証券(当時)の営業が売りにくいので、1口を2口に分割して基準価格を1万円に戻したことがありました。基準価格が半分でも口数が倍なので価値は全く変わりません、販売のプロがこういう勘違いをしていた時代がありました。運用期間が長く、優れた運用成績を残し、分配金を払わず複利効果を追求した優れたファンドが5万円台といった基準価格になります。毎月2万円購入すると、0.4口購入することになります。

日本株式に投資するファンドは、当日の終値を使って基準価格を算出します(個人投資家は当日2時までに注文を出さなければなりません)。しかし、海外株式に投資するファンドは当日の朝までに終了した前日の海外株式の終値を使って算出します。そうすると、朝終わった米国株式が急騰したとすると、既に持っている米国株式ファンドの今日の基準価格も上昇するので、儲けたと思って解約を申し込んでも明日の基準価格での解約となるので要注意です。これは株が上がったのを見て解約する「後出しじゃんけん」を防ぐ意味があります。

おまけ
トランプ大統領のロシア疑惑に対する反応が尋常ではありません。やはり、何かあると感じさせる反応です。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時27分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2356-0de17e4b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT