FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機械や道具(人以外)と相対する仕事

前回の続きです。では、機械や道具と相対する仕事が楽なのかというと決してそうではありません。機械は微妙なずれが生じても、良質の製品を作れません。昨日まで問題なく稼動した機械が今日は故障したりします。製造部門の人間は、問題箇所をいち早く見つけて修理します。もちろん、故障を起こす前に微妙な音の変化や振動を感じて、事前に問題点を解決したりもします。

気温、湿度といった自然環境も品質に影響します。そばうち職人といった昔ながらの職人さんは、当日の気温湿度で微妙なさじ加減をします。これは数値化して教えられるものではなく、永年の経験で始めて習得できる技です。いいそばを打てた時は満足感を感じます。機械を使って物づくりをする場合でも、満足できる品質の製品を作れたときは満足感を感じます。逆に、不良を出した時の悔しさも機械や道具と相対する仕事で共通します。何故?と自問自答します。

当社が4年前に導入した製函機(段ボールの印刷をして箱にするための切れ込みを入れる機械)は、今でも綺麗な状態を保っています。機械を操作するオペレーターが、自分の愛車を大事にするように、製函機を丁寧に扱い、綺麗に清掃しています。機械と自分の仕事に誇りを持って毎日仕事に励んでいてくれると実感しています。

顧客と直接接する仕事をする人、機会や道具と相対する仕事をする人、両方がそろって初めて会社が成立します。共に誇りを持って仕事に今後も臨んで欲しいと期待します。

おまけ
日本シリーズ、時間かかりすぎ。「リーガルV」が放送休止で残念。野球はBSでいいのに…。
おまけ
朝晩冷え込むようになって、都内のいちょうが黄色くなり始めました。
おまけ
トヨタが毎月一定額を払えば車を乗り換えられるサービスを来年始めると報道。でも、トヨタで乗りたいと思う車が全くありません。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2352-0e59e539

PREV | PAGE-SELECT | NEXT