FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

何かおかしい


経営者は、経理部が作る月次決算書の細かい部分(例えば1円単位)まで理解できませんし、する必要はないと思っています。しかし、「あれっ、この数字何かおかしい」と感じる能力は必要だと思います。これは社長だけでなく、取締役、部長、課長でも必要なことだと思います。「何かおかしい」と感じるには、過去の数字と今年の予算の数字との対比が役立ちます。こういう場合には、こういう傾向の数字になるはずと考えます。例えば、販売量が増えて配送量が増えているにもかかわらず、運賃総額が減っている(これは何かおかしいではなく、相当おかしい部類に入りますが・・・)、といった事例です。ここまで極端ではなくても、数字から違和感を感じ取る嗅覚が大切です。

経理部の社員は、1円単位まで正確な数字を作ることに注力しますが、数字の違和感を感じ取るのは容易ではありません。経営者が感じる数字の違和感を、経理部の人間が同様に感じ取り、月次決算を提出する前に「この数字はこういった要因でこの数字になった」という確認を出来るようになったら、数字の分析もきちんとできる経理マンに育ちます。

営業部が年間予算を作るときも、営業部長は部下全員の数字を合わせて全体として整合性が取れているかどうか確認します。予算を作るには、エクセルを使用しますが、コピペをする時に、列がずれたりして数字が変になることがありえます。こういうときも、全体を俯瞰(ふかん)して、整合性が取れている予算になっているかどうか判断できることが大事です。

工場長や印刷機の機長も、製品一つ一つを見るだけでなく、製造工程を見て製造の流れに違和感がないか、ボトルネックがないか(流れが詰まる箇所)、肌感覚で判るようになって欲しいと思います。

学校でも、先生がクラスにいじめがないか感じ取る能力が必要です。最近の先生には、見て見ぬ振りをする人もいるようですが、いじめを認識しなかったととぼけたことを言う先生がいます。親も子供の様子が「何かおかしい」といち早く感じ取ることが出来れば、いじめによる被害を減らすことが出来ます。

「何かおかしい」と違和感を感じ取る能力を持ちましょう。

おまけ
巨人の高橋監督辞任、ならば阪神の金本監督も辞任でしょう。
おまけ
安倍内閣
麻生財務大臣が居座る限り、安倍内閣のイメージはダーティでしょうね。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2334-58ac0dda

PREV | PAGE-SELECT | NEXT