FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

熱中症の重症度を見極めるポイント


猛暑が続き、熱中症に掛かる人が続出し、救急車の出動が記録的な回数になっています。
日経グッディに、熱中症の重症度を一般の人が見極めるポイントが書かれていたので紹介します。

『日本救急医学会では熱中症を重症度でI度、II度、III度に分類しています。I度は意識障害がなく、応急措置と見守りで済むレベル。II度は集中力や判断力の低下が見られ、医療機関の受診が必要なレベル。III度は特に症状が重く、入院が必要なレベルです。 「一般の人はI度とII度を見分ける知識が求められる。ポイントは意識の有無と、自力で水を飲めるかどうか。ペットボトルなどを容器ごと手渡して、一人で水を飲めるかを確認してください。うまく飲めなければ意識障害があるII度ということ。すぐに医療機関に連れていきましょう」と帝京大学医学部救急医学講座の三宅康史教授は言います。
        症状            治療
I度 めまい、立ちくらみ、生あくび   応急措置と見守り
   大量の発汗、筋肉痛、       冷所での安静
筋肉の硬直(こむら返り)     体表冷却
意識障害を認めない        経口的に水分と塩分の補給
II度 頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感    医療機関へ
   集中力や判断力の低下

応急措置については、「FIRE」というキーワードを覚えておくといざという時に役立ちます。 F(Fluid)は水分補給(経口補水液やスポーツドリンク)、I(Icing)は冷却(首、わきの下、太ももの付け根を冷たいペットボトルで冷やす、冷えピタは効かない)、R(Rest)は安静(洋服の締め付けを緩める、涼しい場所で休む)、E(Emergency)は119番通報です。「意識がもうろうとしていたら、すぐに救急車を。その場合は逆から、つまりE、R、I、Fの順番で応急処置をしてください。意識がない場合、無理に水を飲ませてはいけません」と三宅教授はアドバイスします。』

この気温は、本当に命にかかわる危険な水準です。中東の砂漠の近くに住む人なら、湿度の低い中東のほうが楽と思うでしょうね。
プールや海で泳いでいても熱中症にかかかります。
自宅では、お風呂に入る前に水を飲む、寝る前にも水を飲む、朝おきたら水を飲む、枕元に水を置いておく。
冷たいお茶は利尿作用があるので、外で飲む時はカフェインの入っていない飲み物が良く、ビールも利尿作用がありNGです。


スポンサーサイト

| いろいろ | 07時29分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

昔、竹富島で熱中症になり、民家の軒下で休ませてもらいました。ダイビングなど海派でしたので過信が原因です。

この暑さ、いつまで続くのでしょうか、工場内は要注意ですね。

| (山) | 2018/07/23 09:05 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2288-08685e70

PREV | PAGE-SELECT | NEXT