1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大腸がんの原因


日経グッディに掲載された記事です。

『日本人の死因の1位である「がん」の発症は、その人の生活習慣と密接に関わっていることが知られています。たとえば肺がんは、喫煙だけでなく受動喫煙によっても発症リスクが上がることが分かっています。胃がんの場合は、喫煙に加え、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染も発症リスクを上昇させます。
男女ともに罹患率が高い大腸がんはどうなのでしょうか。国立がん研究センターの研究結果によると、大腸がんのリスクを高める要因の中で一番の要因が飲酒です。次に高いのが「肥満」です。国立国際医療研究センターが、合計約20万人のデータを解析した研究では、男女ともに過度の飲酒で大腸全体、そして結腸、直腸がんのリスクが上がるという結果になりました。男性では、1日に摂取する純アルコールが23~45.9g、46~68.9g、69~91.9g、92g以上のグループで、まったく飲まないグループよりもそれぞれ1.4倍、2.0倍、2.2倍、3.0倍と、アルコールの量に比例して、リスクが確実に高くなっていました。女性の場合も、男性ほど顕著ではないものの、純アルコールの1日摂取量が23g以上のグループは、飲まないグループよりリスクが1.6倍に高まるという結果になっています。純アルコール23gは日本酒約1合に相当します。飲酒が大腸がんを引き起こすメカニズムはまだはっきりと解明されていません。アルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドには発がん性があり、これを分解する酵素の働きが悪い人(遺伝的にアルコール耐性が低い人)や、日常的に多量飲酒が習慣化している人は、アセトアルデヒドの毒性にさらされる時間も長くなります。飲酒が確実にリスクを高めるがんは、大腸がんだけでなく、食道がんや肝臓がんもあります。適量飲酒を心がけましょう。』

喫煙は百害あって一利なしなので禁煙がお勧め。飲酒は飲み過ぎない、一週間で休肝日を必ず設ける、といった節度ある呑み方がお勧め。ちなみに、私はたばこを一度も吸ったことがありませんし、お酒はほとんど呑まずビールコップ一杯で十分です。でも、大腸ポリープを1個切除し、ポリープが一度でも出た人はポリープが出来易いらしく、医者からは2年に一回大腸内視鏡を受けるように指示され、今年の秋に受ける予定です。大腸内視鏡でポリープが無ければ5年間は大丈夫なので、飲酒量の多い方や40歳代の人は一度検査を受けてみることをお勧めします。検査が辛いとよくいわれるのは、下剤を飲む時のことで(スポーツドリンクをまずくした液体を2リットル近く飲むのが辛い)、検査自体は鎮静剤を投与してもらうと痛みを感じません(前回は爆睡してしまいました)。食事の西洋化が進み、大腸がんにかかる人が増えているので、要注意です。


スポンサーサイト

| いろいろ | 07時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2242-fd30af94

PREV | PAGE-SELECT | NEXT