1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二条彪氏の「日めくりカレンダー」その16


『ま、いっか』
一生懸命でまじめな人ほど、自分に厳しくなります。また、他人にも厳しくなります。他人が頑張っていても「まだまだ」と追い込み続けます。自分も許せず、他人も許せず、ただ息苦しい。そんな時は「ま、いっか」です。完璧を求めず、完成を求めず、そこそこでよいのです。「まだまだ」ではなく、「ま、いっか」を口癖にして見ましょう。身も心も少し軽くなるはず。

いつだったか覚えていませんが、「ま、いっか」について書いたはずです。二条さんから「高橋さんは、『ま、いっか』という言葉を覚えなさい」と教えられ、救われた気持ちになったのを今でもよく覚えています。
一回目の体験。キヤノンで韓国での複写機生産の仕事を担当した時代に、仕事がうまく進まず「うつ状態」になりました。一生懸命やってもうまく進まず、几帳面な性格で、できない自分を責めてしまいました。当時「ま、いっか」を知っていたら、うつにならなかったかもしれません。
二回目の体験。株式運用の仕事をした時代。「あの時に株価指数先物を売っておけば…」「あの時に保有する株式を売っておけば…」「あの時にドル売りの予約を入れておけば…」といった後悔ばかりでした。1987年10月19日のニューヨーク株式市場が20%以上暴落したブラックマンデー。運用を担当する300億円のファンドは70億円以上が1日で消え、惨憺たる気持ちになりました。当時「ま、いっか」を知っていたら、当時の気持ちはかなり違っていたと思います。
三回目の体験。会社を継いだ当時。父親と何度もぶつかり、悩み、相当腹が立っていました。このときに二条さんの勉強会で、同じ悩みを持つ多くの後継者と逢い、悩んでいるのは自分だけではないと知り救われた気持ちになりました。その時に、二条さんに「ま、いっか」という言葉を唱えなさいと教えられました。

「ま、いっか」は心を救ってくれますが、安易に使ってしまうとレベルの低い水準で満足してしまい、うまくない状態になりかねないので要注意です(笑)。

おまけ
「ま、いっか」といえない問題。加計問題、森友問題、日報問題、弱い巨人…


スポンサーサイト

| いろいろ | 07時31分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2224-90153a3d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT