1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

確定申告


この時期になると確定申告の文章を書きます。2017年分の確定申告が2月16日に始まり、3月15日までが確定申告の期間になります。確定申告とは、収入と支出を全て書き出して正しい納税額を決めることです。会社勤めしている方は、年末に年末調整を会社でしてもらったという方が多いのではないかと思います。その場合には、生命保険料等を所得から控除したうえで所得税の過不足を会社が計算してくれます。その結果が、必ず会社から皆さんに渡される源泉徴収票です。但し、以下の要件に該当する方は税務署に対して自分から確定申告をする必要があります。
1. 会社からの給与が2千万円を超えている人
2. 2か所から給与を得ている人
3. 公的年金や配当等の雑所得がある人
4. 年度中に転職した人
5. 家族併せて年間の医療費が10万円以上になった人
6. 寄付をした人
7. 盗難・災害等に遭遇した人
8. ふるさと納税をした人
9. 住宅を購入した人
10. 株式投資等で損失を出した人
11. 退職金をもらった人
12. 満期生命保険金を受け取った人
13. 110万円以上の贈与を受けた人(贈与税の申告)

今年から、医療費控除のために病院や薬局の領収書を添付する必要が無くなりましたが、5年間保存することが要求されます。その代わりに指定フォーマットの医療費控除の明細書の提出が求められています。子供に歯列矯正をすると高額になり医療費控除が適用できますが、大人の場合は美容整形とされて医療費控除の対象外になります。メガネやコンタクトレンズも対象外となります。親の医療費を支払ったら、それも対象になります。また子供が20歳を超えた大学生の国民年金保険料を親が負担していれば、社会保険料控除として所得から差し引けます。ふるさと納税をしている人で、地方自治体5つまでなら確定申告は不要ですが、医療費控除などで確定申告をする場合はふるさと納税を記載する必要があります。また、災害などで寄付をした場合も2千円を上回った額が所得から控除できるので、忘れずに申告しましょう。給与所得に加えて、国からの年金や生命保険会社の個人年金等をもらっている人も確定申告が必要になります。

確定申告をすると、こんなに税金を支払っているのかと驚き、政治家や役人の税金の使い道が正しいのかチェックしたくなる等、税に対する意識が高まるので、少しでも払い過ぎた税金を取り戻せないかチェックしましょう。

おまけ
税務署は確定申告に領収書などが添付されていないと文句をつけます。佐川国税庁長官が理財局長時代に「資料を処分した」という釈明で逃げ切れたのに、なぜ一般国民はダメなのでしょうかと???マークです。
おまけ
今日のスピードスケート女子1000メートル。小平選手と高木選手が表彰台に乗りますように・・・

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2182-b0721967

PREV | PAGE-SELECT | NEXT