FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

100万円の安定運用


投資を始める前に100万円を貯めようとよく言われます。あなたが毎月積立を継続して100万円を貯めました。100万円を5年間もしくはそれ以上にわたって投資運用したいと考えます。(実際には、100万円貯まるまで投資をしないというのではなく、毎月定期預金への積み立てと投信の定額購入に分けて、早くから継続投資を行う事をお勧めします)。でも、大きな儲けは必要ないが損失を出来るだけ抑えたいと希望します。あなたは何に投資しますか?内外の株式債券REITに分散投資するバランス型ファンドに全額投資しますか?もしくは個別株式に投資しますか(個別株式投資で安定的に運用したいと思うのは間違いです…)?それとも、金を買いますか?金は利息を生まず、既に様々な投資をしている人にお薦めの資産です。毎月分配型の投資信託を買いますか?毎月分配型は投資で稼ぐ収益以上に元本を取り崩して分配金を支払っているのに加えて、複利効果が効かない為絶対避けるべき金融商品です。では、何を選ぶか?

一般的には、バランス型ファンドに全額投資することを選ぶパターンが多いと思います。リターンとリスクが程々です。しかし、私は70万円をネット銀行の1年定期にします。私が利用するネット銀行は夏と冬にキャンペーンで6カ月定期と1年定期に0.20%の金利をつけます。残りの30万円を何に投資するか?お薦めは、日本株式TOPIXインデックスファンド10万円、海外先進国株式MSCIコクサイインデックスファンド20万円に投資します。安全資産7割、リスク資産3割とします。この投資をした場合のかかる費用と期待できるリターンを計算します。
●費用
定期預金  70万円  コストゼロ
日本株式  10万円  0.20%(販売手数料ゼロ) 200円(消費税含まず)
海外株式  20万円  0.24%(販売手数料ゼロ) 480円(消費税含まず)
合計680円÷100万円=0.068% コストは正確に予測できます。
●期待リターン
定期預金  70万円x0.2%=1,400円(源泉徴収税含まず)これは確定
日本株式  10万円x4%=4,000円 株式はいずれも予想値
海外株式  20万円x5%=10,000円 株式のリターンを正確に予測するのは不可能です
合計15,400円÷100万円=1.54%
差引 1.54%-0.068%=+1.472%/年率
株式のリターン(期待収益率と呼びます)が、理論上の数値で毎年4%儲かるというものではありません。
●では損失の可能性はどのくらいあるか?
定期預金は銀行が破たんしない前提で0円
日本株式 ▲4,000円
海外株式 ▲10,000円
合計▲14,000 ⇒1,000,000円+1,400円-14,000円=987,400円 ▲1.26%/年率
この程度の損益ならば、心穏やかに5年間を過ごせるのではないかと思います。ちなみに株式は4~5%のプラスマイナスだけでなく、年率で最大30%~40%上下する可能性があります。30%上がれば109万円、30%下がれば91万円です。9万円前後の評価損があっても大丈夫という方は、こういった投資パターンが良いのではないかと思います。いや、「損をするのは1円でも絶対嫌だ」という方はネット銀行で高い金利を提示する預金を探してください。元本確保型のバランス型投資信託を買うくらいなら、こちらの方が良いと思います。

上記はあくまでも私個人の考え方であり、またリターンを保証するものでもありません。また、ネット銀行とインデックスファンドの名称は書いておりません。ご自身でネットで調べてみてください。そこから投資の勉強が始まります。

おまけ
今年も残り1ヶ月、やり残したことが無いようにラストスパートをかけましょう。

スポンサーサイト



| 経済・社会 | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2138-d45fc309

PREV | PAGE-SELECT | NEXT