FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラッグストアで食品を買う


最近のドラッグストアのチェーン店は、スーパーマーケットのように食品や飲料まで安価で販売していて、スーパーとの区別がしにくくなっています。ダイヤモンド・オンラインに掲載された記事で謎が解けました。

『日用品と医薬品を買う店というドラッグストアのイメージは、もう過去のものになった。経済産業省「商業動態統計年報」(平成28年版)によると、ドラッグストアの年間販売額は5兆7258億円(前年比6.8%増)と2年連続で増加している。この売り上げに大きく寄与したとされているのが食品だ。商品別ではOTC医薬品(薬局やドラッグストア等で販売されている医薬品)やビューティーケア品、家庭用品・日用消耗品等を抑え、食品の販売額が約1兆5000億円(前年比11.4%増)で最も多くなっている。中でも大規模な駐車場を備えた地方の大型ドラッグストアは、もはや総合スーパーの様相だ。加工品や冷凍食品だけでなく、卵や肉・野菜などの生鮮食品も扱っている。アルコール類の品揃えも豊富だし、カジュアル衣料品を扱う店舗まで見かける。そして、おしなべて安い。缶コーヒー、カップ麺、ビール等がコンビニよりも安い。なぜそんなことができるかというと、ドラッグストアは食品で儲けなくてもいいからだ。なぜドラッグストアの食品は安いのか。本来薬局であるドラッグストアは、これまでティッシュやトイレットペーパー、洗剤など生活日用品の安売りで客を集めてきた。しかし、いくら安さをアピールしても、日用品は毎日買うものではない。一回買えばしばらくは事足りる。ところが食品は別だ。コンビニで昼食を買う層を意識した値付けにすれば、毎日買い物に来る見込み客を確保できる。ドラッグストアにとっては食品で儲けることが最終ゴールではない。これまでこっちに来なかった客層にも、足を運んでもらう行動習慣を植え付けることが肝心なのだ。飲み過ぎた翌日に、ペットボトルのお茶を買うついでに、胃薬やドリンク剤を手にしてくれればいい。来店機会が増えれば、ついでに利幅の大きい医薬品を購入してもらえるきっかけになるからだ。』

食品の売上が一番大きいというのは驚きでした。スーパーでも目玉商品目当てで来店してもらい、他の商品も買ってもらう戦略が普通ですは、一番大きな売り上げを占める食品が目玉商品だったのですね。たしかに、風邪薬は冬に一回買えば終わりだし、洗剤なども月一回ないし2カ月に一回の購入でしょう。しかし、食品なら毎日買うし、ついでに化粧水を買うかもしれません。ドラッグストアは大手チェーンであれば、食品などもより安く仕入れることができます。ドラッグストアは規模の勝負になっており、ドラッグストアのM&A(買収・合併)が一時多かったのはこのためでした。

スポンサーサイト



| 経済・社会 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2136-862ad8be

PREV | PAGE-SELECT | NEXT