1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

身の丈を知った拡大路線


「実践!社長の財務」というメルマガに掲載された文章を引用させていただきます。

『企業は、成長発展を目指していかなければいけません。これはどんな企業であっても、そうだと思っています。成長発展とは、社員数が多くなる、売上が多くなる、というような、規模が大きくなることとは限りません。作っている製品の機能や質の向上、どんどんお客様の役に立つ製品を作っていけるようになることもそうです。サービスの質がどんどんすばらしくなっていくことも成長発展です。

うちは今のままを維持していければいいんだよ、という考えの現状維持というのは、結局は衰退につながっていきます。世の中は変わっていきますし、お客様も変わっていきます。
ずっと同じお客様がいてくれる、ということはないでしょう。個人であれば寿命がありますし、相手が法人なら中の人間はどんどん変わっていますし、成長発展しない企業とは付き合い続けていかないでしょう。現状維持でというのは、そこから抜けていくことが多くなるので、結局は衰退ということです。ですから企業は常に、今あるものを改善していく、新しいものを作っていく、新しいお客様を開拓していく、ということをし続けていく必要があります。これを拡大路線というかはわかりませんが、やはり拡大していこう、という気概が必要なのではないでしょうか?経営トップに、もっと大きくしていこう、とか、成長発展していこう、という気持ちがないと、企業は衰退の道を辿ってしまうのです。

ただし、拡大路線は身の丈を知って行う、ということも同時に大事なことです。経営トップの身の丈以上の拡大を、急激に進めようとすると、企業破綻の道を突っ走ってしまうことがあります。これはもう社長自身が自覚するしか、ないですね。突っ走っている時は、恐らく社長は回りの言うことを聞かないでしょう。企業は社長の器以上には、大きくならない、と言います。自分の器を見極めるのは難しいことですが、「常に謙虚にして驕らず」という姿勢が重要なのでは、と思います。』

私は、売上・規模の拡大、シェア(市場占有率)のアップ、利益追求を目指しません。製品品質がより良くなり、社員がより成長し、お客様からの信頼がもっと増え、小粒でも財務が健全で破綻せずに、社員の雇用を守れる会社になることを目指します。利益はあくまでも、目指すことを達成するための手段であって、会社の目的・目標ではありません。11月2日に書いた金融危機は、日本全体が謙虚さを失い、身の丈知らずの投資・投機を行った結果だと思います。


スポンサーサイト

| お仕事 | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2128-2db8acdb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT