1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中小企業の事業承継


日経新聞10月31日朝刊の社説を一部引用します。
『放置できない中小企業の後継者不足
日本経済の活力を高めるうえで欠かせないのが、雇用の7割を支える中小企業の成長だ。ところが後継者不足が深刻で、廃業に追い込まれる例も少なくない。円滑な事業承継に向け、総合的な対策を講じるときにきている。2025年には6割以上の中小企業で経営者が70歳を超え、このうち現時点で後継者が決まっていない企業は127万社あると経済産業省は試算している。休業・廃業や解散をする企業の5割は経常損益が黒字だ。経産省によれば、廃業の増加によって25年までの累計で、約650万人の雇用と約22兆円の国内総生産(GDP)が失われる可能性がある。成長力のある中小企業の廃業は日本の産業基盤を弱めかねない。地方経済の活性化のためにも、後継者の確保や早めの事業の引き継ぎをしやすくする必要がある。親族のなかで経営者が交代するほかに、外部からのトップ起用や、他企業などの第三者に会社を売却するやり方もある。経営者が代われば事業の新陳代謝が進むことも期待できる。親族内の承継では贈与税や相続税の支払いを猶予する制度がある。現在は雇用の8割以上を維持することなどが求められ、こうした条件を見直す余地はある。』

当社の客先のボックスメーカー(段ボールシートを当社から購入し段ボールケースを製造販売する)でも、後継者がおらず廃業した会社が複数あります。中小・零細企業は、419.8万社と国内の企業数(421万社)の99.7%を占め(2006年度、中小企業庁調べ)、従業員は2,784万人(大企業1,229万人)と4,013万人の内75%を占めています。中小・零細企業で働く2,784万人の内650万人の雇用を失うということは4人に1人の割合で雇用を失うということです。非常事態と呼んでもいいと思います。永年まじめにコツコツ活動し利益を蓄積した中小企業は、法人税を支払った後に会社に残る純資産が毎年増えて株式の評価額が非常に高くなります(仕組みは複雑なので省略します)。こうした優良企業を育てた創業社長が無くなると、後継社長は莫大な相続税を支払うようになります。自社株式を売却できない後継社長は、銀行から多額の資金を借りて納税します。さらに、中小企業の多くの社長は会社が銀行からお金を借りる時に連帯保証をします。会社が倒産すると、社長は個人破産します。これらの要因を嫌って、会社を継ごうと思う人材が減ってしまいます。こういった仕組みも変えないと、中小企業を継ごうという人材は増えません。優秀な社員を次期社長にしたいと思っても、個人保証が必須、株式の取得のための資金が必要、社員とその家族に対する責任を一身に背負う覚悟が必要、といった理由で、社長就任を拒否されるのが普通です。

ちなみに、当社はどうかというと、
2025年、私は72歳、社長を退任し息子(41歳)に会社を任せています。
銀行に対する社長個人の連帯保証を既に外しました(強い財務体質が必須です)
スムーズに事業承継できるように10年計画で進めています(自分は永久に死なないと思う創業社長は株式を抱え込み、莫大な相続税や相続でのトラブルを引き起こします)。
従って、当社は日経が心配する状況には該当しないと言えます。
中小企業を継続するというのは、非常に重要で、意義のある仕事と考えます。

おまけ
日米の蜜月度をアピールする安倍首相。蜜月度が高ければ高くなるほど、北朝鮮が日本を攻撃する確率が高まります。


スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時27分 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

事業継承問題、小さなボックスは直面しています。後継者がいる会社は財務改善を始め設備投資なども行っているようですが、ほんの一握りです。取り組んでいる製品値上げ、実現しなくては更に多くの会社がこぼれ落ちてしまいます。

| (山) | 2017/11/06 09:10 | URL |

この日経新聞の記事を見たとき、私も同じことを感じました。
今の日本の税制度では、優良な中小企業ほど、事業承継が難しい状況に陥っていますね…

弊社も早いうちから株を移していったので良かったですが、そうでない会社の方が圧倒的に多いと思います。今後、継承者が見つからず、大手に割安で吸収されるような中小企業が増えていくのではと、懸念しています。

ちなみに、私の父も72歳で、私は40歳と、同じような環境で親近感を感じてしまいました。
まだまだ自分は勉強不足なので、日々努力を重ねて参ります。

| 西谷智之 | 2017/11/06 15:40 | URL |

山さん、本当にそうですね

西谷さん、年齢差がほぼ同じですね。ブログでは私が思うことを正直に書いていますので、コメントをいただけると嬉しいです。

| 高橋 将 | 2017/11/07 15:31 | URL |















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2122-f4666a08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT