1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金融庁


金融庁というのは銀行、証券、保険等の金融機関を指導監督する役所です。その金融庁が一般個人向けに投資の基本を判りやすく解説するサイトを作っています。投資の初心者にもわかりやすく書いています。専門用語も解説が付いています。一読する価値はあります。
http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/knowledge/basic/index.html
「貯蓄」は銀行・郵貯等の預金で日常生活にもすぐ転用できる現金を意味します。「投資」は個別株式や投資信託を保有して財産の成長を目指します。「貯蓄」は短期的、「投資」は長期的と分れます。3年後の大学進学に備えてお金を「貯蓄」するのに対し、30年後の定年後の生活を支える目的で株式投資を行う。

投資の場合、必ず「リスク」と「リターン」を考慮します。よく「ハイリスク・ハイリターン」「ローリスク・ローリターン」という言葉を聞くと思います。勘違いするのが、リスクとは値下がりするリスクと思いがちですが、正しくはリスクとは収益が上下にブレる幅を指し、大きなプラスリターンを得られるかもしれないが、大きなマイナスリターンとなるかもしれないという事です。ハイリスクとは、ハイリターンを必ずしも保証しないが、価値の大きな上下がほぼ間違いなくあることを意味します。従って「ローリスク・ハイリターン」といったおいしい金融商品はありません。また、リターンの予測は困難ですが、リスクの予測はある程度可能です。リスク予測は過去のリターンのブレ幅を用いますが、リターン予測は過去のデータを使えないからです。投資信託の説明資料で「過去の実績であり、将来を保証するものではありません」といった文言を見ます。過去のリターンが良かったから、今後もリターンが良いとはいえないからです。

従って、投資を長期間にわたって行う場合、リターンの予測はできませんが、リスクのコントロールはできます。それが分散投資と言われるものです。株式と債券は異なる動きをし、価格のブレ幅もことなります。そこに不動産投資信託といった株式債券と異なる動きをする商品を加え、円資産と外貨建て資産も加えて、リスクの低減を図り、「中リスク・中リターン」の商品若しくは資産配分をしましょうということです(バランス型ファンドと呼ばれる投資信託です)。私が実践しているリスクコントロールの方法は、円定期預金、円建て債券、円建て終身保険等「安全資産」と呼ばれる元本を割るリスクがほぼゼロの金融商品を多めに持つ一方、外貨建て株式や日本株式に投資する投資信託を持ちリスクが高めでも高いリターンを狙います。安全資産の保有比率を高くして、ハイリスクの資産を少なめに持つことで、全体資産(ポートフォリオと呼びます)のリスクをコントロールします。安全資産とハイリスク資産との組み合わせで運用するスタイルをバーベル(ウェイトリフティングで用いるバーベルです)と呼びます。安全資産を持ちながらバランス型ファンドを保有すると、リスクはさらに小さくなります。投資初心者はこのスタイルで良いと思います。

14日、15日はお休みし、次回は9月19日になります。

おまけ
当社は「ニッポ・ヴィーニ・ファンティーニ」という日本とイタリア合同の自転車のプロチームに段ボール製輪行箱を提供しています。月曜日にメカニックの方が本社を訪問しました。チームが世界中を転戦する際に利用して頂き、改良点のアドバイスを頂き品質向上に役立てています。なので、段ボール製輪行箱では世界一の品質と使い勝手の良さだと思っています。欧州では、段ボールで自転車を梱包するという事がまれで、チームのメカニックの方が梱包作業をすると外人は興味深く見ているそうです。段ボール製輪行箱は耐久性に優れ、自転車の保護、梱包作業の敏速化に大いに役立っています。


スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2087-113908b7

PREV | PAGE-SELECT | NEXT