1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末雑感


誰が話したのか覚えていませんが、記憶に残った言葉を紹介します
1. 過去を振り返らない
人間は過去を振り返ると、良かった事や成功した事よりも、後悔した事や失敗した事を多く思い出すそうです。たしかに、言われてみると、あの時こうしておけばよかった、何故あのような決断をしてしまったのかという事の方が、楽しかった事よりもより鮮明に覚えている気がします。今、反省をしてもその時の結果は覆らないので、過去を振り返ることはせずに、前(将来)だけを見るようにする。これは、決して過去の失敗や後悔したことを反省しないという事ではなく、十分反省したうえで何時迄も引きずらず、反省を今後の行動に活かして同じミスを犯さない事に注力しましょう、ということです。「あの時こうすればよかった」とよく思い出す完璧主義者の自分への戒めの意味を込めて、この文章を書いています(笑)

2. 失敗を恐れるから緊張する
受験やスポーツの競技会で始まる前に緊張するのは、失敗を恐れるから緊張するのだそうです。大学受験や入社試験で不合格となったらどうしようと心配するから緊張します。スポーツでも、100メートル競走でスタートを失敗したらどうしよう、9回2アウト満塁でフォアボールを出したり決勝打を打たれたりしたらどうしよう、といった心配をするから緊張します。これだけ勉強したのだから絶対合格すると自分に言いきかせる。スポーツでも同じで、前向きにポジティブに物事を考えることができれば、緊張はしない可能性があります。しかし、人間はどちらかというと悪いことの方を考えやすい生き物です。失敗しても次の機会に頑張ればよいと割り切れれば緊張を減らせると思います(但し、病院での手術を失敗すると、医者には次があっても、患者には次はない。ドラマ「コードブルー」からのセリフの借用です…。)人間、一度も失敗がない人物はいません。むしろ、成功よりも失敗の方が多いのが人生かもしれません。緊張しないためには、失敗を恐れず、これだけやったのだからという自信を自ら持つことが大事だと思います。受験勉強をしていた時に受験に失敗したらどうしようと心配しましたが、先のことを心配しても仕方がないと割り切るしかありませんでした。このように心配するのは、100%集中して勉強に打ち込んでいなかったからです。米国の大学院では勉強に追われて、心配する余裕がありませんでした。余計な事を考える暇がなっかたのが正直なところです。緊張しないためには、目の前の事に100%集中することに尽きる気がします。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2084-021809c5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT