1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

運送業界の状況 2


『国交省では、トラックドライバーの“働き方改革”を物流改革の柱として掲げており、運送業務の中で生じている様々なロス時間を解消することで、ドライバーの労働時間を短縮させようとしている。具体的な改善ポイントの一つとして挙げられているのが、荷物の積み下ろし等にかかるロスタイム(待機時間)を短縮することである。

現在のトラックドライバーは、1運行あたりで平均13時間の労働時間を拘束されている。その中で、荷積みのタイミングが合わずに、倉庫や物流施設で待機をする“手待ち時間”は平均で1時間45分にもなっている。この時間を解消することができれば、ドライバーの労働時間を2時間近く短縮できる。
《トラック1運行あたりドライバー拘束時間》
・点検等…………… 30分
・運転時間…………6時間41分
・手待ち時間………1時間45分←ここを解消して運転手の労働時間を短縮する
・荷役作業…………2時間44分
・付帯作業………… 11分
・休憩時間…………1時間23分
・不明……………… 12分
───────────────
○拘束時間合計……13時間27分
※出所:トラック輸送状況の実態調査

積み下ろしの待機時間が長引く実態は、荷物の種類や倉庫施設によっても異なっており、半日から最大では31時間というケースもある。運送業界では、予定時刻よりも配送が遅れるとペナルティを受けるため、予定よりも早めに倉庫付近で待機する習慣が、混雑を招く要因にもなっている。

また、トラックが待機中のコスト(追加運賃)は荷主側で負担しないことも、問題の解決を遅らせている。一方、運送会社側には、待機時間中もドライバーに賃金を払う義務がある。
《輸送品目別にみたトラック待機時間の最大値》
・農水産品…………… 8時間40分
・鉱産品……………… 6時間30分
・金属機械工業品……22時間30分
・化学工業品…………19時間40分
・軽工業品……………31時間00分
────────────────
※出所:トラック輸送状況の実態調査 』
*待機時間の最大値は極端な事例だと推測します。

段ボール、包装資材、倉庫などを含む物流関連業界は、様々な製品・商品を工場、店舗、家庭に届け、人々の生活を支える重要な仕事をしているにもかかわらず、コストダウン、遅延を出さない事、ミスがないこと、といった要求事項を低い単価で受けざるを得ない状況が永年続いてきました。今後ドライバーを確保できなければ、モノが届かないといった障害があらゆる分野で発生します。ドライバーを確保するためには、ヤマトや佐川に見られるように、運賃を引き上げてドライバーの賃金を引き上げ、パレット輸送によるコストアップを認めてもらい(その分を製品単価で引き上げることになります)、待ち時間を減らすための協力をユーザー側にお願いする必要があります。

次回は8月17日です。

おまけ
昨日車で外出したら、外気温42度と表示されました。今日の東京は31度予報、涼しそうと勘違いします。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2065-5376cc1d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT