1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食べ過ぎをキャベツで解消

ダイヤモンド・オンラインに掲載された記事です:
『食べすぎても帳消しにできる――それも、キャベツを食べるだけで。健康意識が高く、日頃、食事の量やバランスに気をつけている人であったとしても、ついつい好きな料理を食べすぎてしまうことはありますよね。毎日規則正しい食生活を送るのは理想ですが、なかなか難しいのが現実。ならば、1日単位で考えるのをやめてしまいましょう。食事の量は「1週間単位」で考える――。それくらいでちょうどいいのです。週の前半に食べすぎてしまっても、週の後半で食べすぎを差し引きゼロにすればまったく問題ありません。ラクに考えて毎度の食事を楽しむことのほうが大切です。週の前半に食べすぎてしまったと感じたら、週の後半にカロリーの低い食事をとって、摂取カロリーを調整すればいいのです。

では、具体的には何を食べればいいのでしょうか?カロリーの低い食事の代表格は野菜です。なかでも、最もおすすめなのは、たっぷり食べても太らない「キャベツ」です。キャベツには、2つのメリットがあります。
1つは、食物繊維が多いこと。食物繊維をたっぷりと食べておくと、食後の満腹感が長くなります。食後の腹持ちがよくなると、次の食事まで、余計なおやつなどを食べたくなるといったムダな食欲が消えるのです。
もう1つのメリットは、食べすぎ、飲みすぎたあとの胃をいたわる効果です。キャベツには、特有の成分であるキャベジン(ビタミンU)が豊富です。食べものを消化するには胃酸が必要です。つい食べすぎたり飲みすぎたりしてしまうと、必要以上の胃酸が分泌されます。胃酸は多すぎると胃を傷つけます。キャベジンは、胃酸の分泌を抑え、食べすぎ、飲みすぎで荒れて弱った胃の粘膜を丈夫にし、修復を助けます。同時にビタミンCが豊富で、キャベジンと協力して疲れた肝臓も助けてくれます。

食べすぎを取り返すには何日必要だと思いますか?1日の必要摂取カロリーは性別や年齢、身長と体重で変わってくるのですが、仮に2000キロカロリーの女性を想定してみましょう。
ちょっと食べすぎてしまって、3000キロカロリーもとってしまったとします。その場合は、翌日から本来の摂取カロリーの8割の1600キロカロリーを目標にします。ポイントは、食べすぎた日とカロリーを減らした日の摂取カロリーの平均が、1週間で2000キロカロリーに近づくようにすること。平均2000キロカロリーにするために必要な日数を計算すると、3日間かかる計算になります。3日間でカロリーを調整すると考えた場合、1日に食べすぎてもいいカロリーは1000キロカロリーです。ですが、3日間も食事制限でカロリーを減らすのは大変。そこで、食事の中身を一部キャベツに置き換えてみるのです。外食のトンカツなどに添えてある刻みキャベツの量、約30gの2倍量を目安に食べます。これを食べすぎた翌日から3日以内に4回以上食べるのが目標です。4回以上食べれば、キャベツを4分の1個ほど食べたことになります。1日3食を必ず食べるとして、3日間で9回食事のチャンスがあります。9回のうち4回食べるのが目標ですから、意識的に食べることが大切です。毎朝、朝食にキャベツを取り入れると3回は確保できるので、目標が達成しやすくなります。刻んだ袋入りキャベツも市販されているので利用すると便利です。ただし、マヨネーズで味をつけたコールスローサラダは脂肪がたっぷりなのでNG。ドレッシングをかけて食べるようにしましょう。ドレッシングはノンオイルタイプが最もおすすめ。和風、フレンチドレッシングでおいしく食べられます。』

私も食べ過ぎて増えた体重を落とすのに苦労することが良くあります。キャベツなら食べやすいので試すことが出来そうです。とんかつに千切りキャベツを併せる事を考えついた人は天才です。和幸でトンカツを食べたら、キャベツのおかわりは必至ですね。最後に書かれたマヨネーズをつけて食べるキャベツ、美味しくて好きなんですが、ダメなんですね、残念。

おまけ
局地的豪雨で大被害が発生しています。YouTubeで荒川氾濫と検索すると東京都が作成した動画を見ることが出来ます。大雨で荒川が氾濫し東京都が大被害を受けるという動画です。参考になります。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2053-4d42af9a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT