1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機関投資家と個人投資家


昨日に続いて株式投資に関連する文章を書きます。興味ない方はパスしてください。
新聞の株式欄を読むと、機関投資家という言葉が出てきます。機関投資家とは誰でしょうか?大きな金額で株式投資を行う法人を指します。具体的には以下のような名前が上がります
GPIF:国民年金と厚生年金の資金運用を行う公的機関です(実際の運用は、信託銀行や投資顧問会社に委託するのが大部分)。
厚生年金基金:会社員の上乗せ年金を運用します(信託銀行や投資顧問会社に委託)。
信託銀行:年金資金の運用を行います。
生命保険:保険の加入者から得た保険料をつかって投資運用を行います
損害保険会社:保険料を運用します。
投資信託運用会社:個人から集めた資金の運用をお行います。
投資顧問会社:国内外の年金資金の運用を行います。
政府系ファンド:例)サウジアラビア政府が原油輸出で得た資金で運用する。
ヘッジファンド:投機的な運用を行うので、機関投資家に含まれないケースが多い
*ちなみに日銀もETF(上場投資信託)を通じて、実質的に巨額の株式を保有しますが機関投資家とは呼びません。

いずれも巨額の資金を運用します。運用実績の評価として、単年度でベンチマークと称する運用評価のための基準、例えば東証株価指数等に勝つことを求められます。負け続けると運用契約を切られます。従って、運用が短期的な見方に偏る傾向があります。また、運用資金が大きいため機動的な資産配分の変更や銘柄入れ替えが難しく、取引量の少ない小型株に投資しにくいといった傾向があります。

個人投資家は、少ない銘柄を長期保有する投資家もいれば、投資を職業として毎日売買を繰り返す短期的運用しかしない人、俗にデイトレーダーと呼ばれる投資家もいます。デイトレーダーは、神経をすり減らす運用で一般の人にはお勧めしません。個人投資家としては、その会社の業績が悪くなった時に株を売るのではなく、会社を応援する目的で商品をより多く購入したくなる会社に投資すべきと考えます(私がアナリストとして最初に訪問した会社は、当時大好きだったモスバーガーを訪問し副社長にインタビューしました)。個人投資家は、株主優待と配当金狙いで銘柄選定をしたりします。例えば、ファミレスの株式を保有するとお食事優待券をもらえます。この金額と配当金狙いでいろんな銘柄を保有することで有名な人物もいます。個人投資家は機関投資家のように単年度の運用成績で首を切られたりすることがないので、長期運用が可能だと思います。

個人が自分の好きな銘柄(例えば、モスバーガー、スバル、キヤノン等)に投資したりすると、経済、株式・為替・金利市場、新技術、会社業績等に興味を持つようになり、社会勉強としては非常に役立つと思います。少額から個別銘柄を買いやすくなっているので、試してみると良いと思います。但し、そのお金がゼロになったとしても(会社が倒産しない限りゼロになることはないですが)問題ない性質のお金で投資しましょう。2年後の子供の大學の入学金を株式投資で2倍にしたいといった投資はNGです。

おまけ
八潮本社では雹(ひょう)は降らず、荒川区にある自宅では2~3センチ大の雹が降りました。そのせいか、今朝は涼しく感じました。最近は、異常な天気が普通になってしまいました。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2050-6d667a30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT