1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いまどき珍しい生命保険

4月から生命保険の予定利率が下がり、貯蓄性の強い保険で入っても良い保険が激減しました。以前は、学資保険が生命保険の入り口として良く使われましたが、今では支払った保険料よりも少ない満期金になってしまう場合もあります。経済評論家の山崎元氏がコラムで今時珍しくお得な保険を紹介していました。それが明治安田生命の「じぶんの積立」です。

これは、月1口5千円、最大4口2万円といった保険料を5年間積み立てます。10年目に満期を迎えます。その間に中途解約しても払込済み金額と同額が払い戻しされます。10年経過すると103%の満期金が受け取れます。例えば、月1万支払うと、3年で36万円保険料支払いに対し、解約しても36万円もどります。5年で60万円払込み、10年目に618,000円受け取れます。なおかつ健康状態に関係なく入れます。

この保険のメリットは生命保険料控除が使えて節税できることにあります。
2012年以降の生命保険契約については年間8万円までの生命保険料が控除の対象となり、年間の生命保険料支払いが8万円以上なら一律4万円が所得控除の対象となる。つまり所得税や住民税がかかりません。例えば、年12万円積み立てたと仮定します。生命保険料控除は所得税が上限4万円、住民税が上限2万8000円で、例えば課税所得が330万円を超えて695万円以下の方は、所得税の限界税率が20%なので住民税を10%とすると、約10,800円が節税効果となり、課税所得が1800万円を超えると、所得税の限界税率は40%となるので、節税効果は18,800円に増加すします。

60万円を普通預金において10年経っても、0.01%(源泉徴収は無視)の利息では、10年で600円しか利息が付きません。18,000円と600円で17,400円のお得。節税効果が10,800円x5年=54,000円。合計71,400円お得になります。

普通は、3年後に解約したら受け取れる金額は、払込済み保険料を大きく下回ります。この保険は「ドアノック商品」と呼ばれ、まず明治安田生命のお客になってもらうきっかけにするものです。その後に別の保険に入ってもらうのが主目的です。65歳まで契約可能なので、試してみようかと思いましたが、ネットでは申し込みが出来ず、営業担当者と面談して加入することになります。これがネックですね。

生命保険と競馬のテレビ広告を見ると、若い人気タレントを起用しています。若い人の需要を開拓しておかないと、将来の売上減となるからです。この保険もターゲットは若くてまだ保険に入っていない人です。なので、営業担当者が私と面談しても喜ばないことになります(笑)。

おまけ
昨日の安倍首相の謝罪・反省もどきの会見、信用できません。安倍首相の不支持率の一番多い理由「人柄が信用できない」。国民はバカじゃありません。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時32分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2030-3cf27648

PREV | PAGE-SELECT | NEXT