1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

質より量

パブロ・ピカソという有名な画家がいました。彼の絵は、200億円で取引されることもあるなど、その才能は素晴らしいものなのです。そのピカソは、生涯にわたって、実に1万3500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作したのです。最も多作な芸術家だと、ギネスブックに載っているほどです。この作品数、どれくらいなのかイメージできますか?ピカソは、92歳まで生きました。合計33,580日です。単純に計算すると、1日あたり、4.4作品の制作を行ったことになるのです。生まれてからすぐに制作してはいないと思いますので、実際は、一日当たりの制作数は、もっと多くなります。この事実を知ると、何かに挑戦するとき、ちょっとやってみて、うまくいかず、自分には才能がないと思っていた自分が恥ずかしくなってきます。ちょっとやそっとでは才能は現れないのです。五行論でいえば、ピカソのような芸術・感性の才能は、陰の火のエネルギー、すなわち、炎のようなエネルギーです。陰の火のエネルギーを強めるのは、陽の木のエネルギー、すなわち、大樹のようなエネルギーです。大地に根を張り、上に上にと、一直線に成長し続けます。つまり、実践・継続を表します。ピカソの実践・継続は、半端じゃないですね。ところで、ビジネスにおいて、商品、サービスを宣伝広告する活動は、火のエネルギーです。もしも、あなたが、ビジネスで売り上げを上げるために、マーケティングや営業をしようとするなら、その火のエネルギーを高めるために、とにかく実践・継続することが重要になります。ちょっとやそっとではダメです。

良い「質」は、大量の「数」から生まれます。思考と試行錯誤の繰り返しです。数稽古。「質」より「量」ということですね。この、大樹のような実践継続力。何かをやりとげようとするなら、心にとどめておきたい教えです。
    *出所 渡邉ビジネスシステム研究所

営業マンが新規顧客を見つけるには、まずは見込み客の数をどれだけあげられるかにかかっています。「まず数」です。その中から実際に顧客になって頂ける相手先を見つけ、顧客になって頂き十分な顧客数を確保してから、「質」に関心を移します。受験勉強でも、まず「問題数」をどれだけこなすか、が合格へのカギでした。「数」をこなすことで「質」を段々理解できるようになります。まず「質より量」です。

おまけ
昨日放送のNHKスペシャル。睡眠不足状態が恒常的に続くと、がん、認知症にかかるリスクが高まるそうです。理想は7時間前後。5時間以下はNG。判断能力、仕事の効率、体力も落ちるそうです。真っ暗な部屋でいつもの時間にベッドに入り、自然に目が覚めるまで寝る。その睡眠時間と日頃の睡眠時間の差が不足時間となります。してはいけないのはベッドでのスマホは禁止。するべき事は、朝起きたら陽を浴びること。
スポンサーサイト

| お仕事 | 07時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2029-d91e539c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT