1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「シンプルに生きる老子」監修野村茂夫 リベラル社 2


「自分も他者も大切にできる人物が大任を果たせる」
他人の運命を左右する判断を下す立場にある人間は、名誉や栄光に目を奪われるようなことがあってはならない。そのような人間は、他人よりも自分を優先し他人を自分のための駒のように扱うでしょう(*たしかにそういう人物はいます)。ただ他人を優先するあまり自分を滅ぼすようなことになっても本末転倒。自分の身を大切にして、自分を公共のために役立てようと考えられる人にこそ大任を任せられます。
⇒たしかに、私利私欲最優先の人間には付いていけません。

「情報や知識に惑わされない」
インターネットの誕生により、情報にアクセスすることは飛躍的に簡単になったが、それで人が賢くなった訳ではない。知識や情報を使いこなす技術がなければ無益。
⇒情報がスマホを通じて大量に氾濫する時代。あまりにもネットに流れる情報に流され、惑わされている気がします。美味しそうな写真が掲載されると長蛇の列ができる。誤った情報に悪影響を受けてしまう。確固たるものがないと、ネットに流れる情報に翻弄されてしまいます。情報を正しく選ぶ知恵が必要な時代になりました。

「周囲の人の幸せを妬まない(ねたまない)」
自分と人を比べ、優越感を抱いたり、劣等感を覚えたりする必要はありません。人が幸福であることは、あなたが不幸であることを意味するわけではありません。人があなたより貧しい境遇にあるからといって、あなたが豊かになるわけではありません。日々、自分が食べているもの、住んでいる所に感謝して満足できることが何よりも幸せなことです。
⇒病気で入院してはじめて毎日会社に出社していつも通り仕事ができて、いつも通り自宅で夕食を家族と取ることが出来ることが、どれほど幸せな事か実感できます。他人と比較する、他社と比較する、これをしないだけでどれだけ心安らかになることか判ります。

「賢人は必要以上に語らない」
多くをしゃべる人というのは、自信がなく、相手を説得できないと思っているのでしょう。しかし、説得力というのは、自分がきちんと知っていることを最小限の言葉で伝えることで生まれるのです。
⇒「立て板に水」のようにしゃべりまくるのが、有能な営業マンではありません。必要な内容をしっかりと伝えるだけで十分で、相手に伝わります。

明日もう一回書きます。

おまけ
週刊ダイヤモンドによれば、食事で塩分を摂り過ぎると血圧を上げるということはよく知られていますが、塩分の取り過ぎは筋肉を分解し、さらに肥満、骨粗しょう症、心血管疾患のリスクを高めるとの事。ラーメンのスープは絶対残す、酒を呑んだ後の締めのラーメンを止めることが必要です。
おまけ
政治家と霞が関の官僚は嘘をつく生き物、質問に真摯に応えずはぐらかす生き物、自分の都合の良いように話を使い分ける生き物。一般人とは全く別の生き物です。


スポンサーサイト

| いろいろ | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2017-0af15458

PREV | PAGE-SELECT | NEXT