1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社長の教科書 金言編


標題は日経トップリーダー編の小冊子で、名経営者の金言を紹介しています。そこからいくつか紹介します。

●「俺は絶対にできる!」 三森久美(大戸屋創業者)
三森氏は弱気になった時、自己顕示をかけた。朝、鏡に向かって「俺は強い」「俺は絶対にできる」等と口に出し自分に言い聞かせた。カラ元気でもよいから自分に暗示をかける。ネガティブな思いを打ち消す言葉が大事。
⇒ 営業マンも予算に届かないのを嘆くのではなく、カラ元気でもよいから毎朝やってみましょう。但し、あんまり大きな声でやると家族や近所に迷惑をかけるので要注意です。
●「あきまへんな」と口にしない 樋口武男 大和ハウス工業会長
悪い材料を探そうと思えばなんぼでも出てくるが、あきまへんなと言っていると本当に自分自身が駄目になります。「叶う」という字は「口ヘン」に「プラス」と書く。プラス思考の言葉を口にしていたら、言っていることは叶うものです。
⇒ いつもポジティブすぎるとやり過ぎですが、大変な困難に直面した時ほどポジティブな言葉を意識して出すようにしたいものです。
●「世の中は基本的にうまくいかない」 矢野博丈 大創産業社長(ダイソー)
世の中は基本的にはうまくいかないという哲学を持っている。うまくいくのはありがたい、偶然なんだと思うようにしている。
⇒家族みんなが健康で、毎日会社に出社して仕事をいつものようにして、自宅で夕食を家族と一緒に食べる。こんな幸せなことはありません。病気になって初めて取り留めもない普通の事がどれだけ幸せな事なのか理解できます。
●「しょうがないという言葉は使わない」 松浦元男 樹研工業会長(小型精密部品製造)
私は一個の経営者です。経営者というのは、国がどうなろうが、地震が来ようが、従業員のために会社を絶対に守らんといかんのです。不況だからしょうがない、天災だからしょうがない、そんな甘えは経営者に許されないのです。
⇒東京電力の経営者に聴かせたい言葉です。頭でわかっていても、使ってしまう言葉です。
営業マンは得意先の売れ行きが落ちているからしょうがない、と予算未達でも思ってしまいます。それを言ったら、そこでお終いです。
●「人に感謝 物に感謝」 梅野重俊 梅の花会長(和食店梅の花)
物事がうまく運んでいる時、人は全て自分の力によるものだと勘違いすることがある。しかし、自分を取り巻く人や物に感謝の気持ちをなくすと、運命は逆回転を始めるのだ。
⇒天狗にならず、絶えず周囲に感謝の気持ちを忘れない。「成功は自分のおかげ、失敗は社員のせい」と思う社長の会社は絶対長続きしないと思います。

次回は、GW明けの5月8日です。

おまけ
コンビニが相次いで消耗品の値下げを発表。価格を下げるという事は景気が悪い証拠です。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/2000-49b6a715

PREV | PAGE-SELECT | NEXT