1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モノの言い方


野球で好投手が投げていると、打撃コーチが「低めを打つな」と打者にアドバイスすると「低めの球に手を出してアウト」というパターンをよく見ます。こういう時は「高めの球だけ狙え」と指導する方が効果的だそうです。「低め」という言葉が頭に残り、逆に低めを意識しすぎるようです。この場合は、「低めを打つな」と否定の言葉をつかっています。「高めだけを狙え」と肯定の言葉を使う方が効果的です。

何かアドバイスする時も、「これが出来ていない」「データが不十分だ」といった否定だけでアドバイスすると、アドバイスされた方はどうしたら良いかわからず頭が混乱してしまいます。「ここをこう変えたら、もっと良くなる」「このデータを追加したら言いたいことがハッキリ伝わる」と具体的かつ肯定的な表現をすると、相手も受け入れやすく、何をすればよいか理解しやすくなります。

奥さんが新しい料理を作った時、部下が提案書を作成した時に注意すべき言い方。否定的な表現だけで話すのは絶対避ける。最初に誉める「野菜の美味しさが良く出ている」「レポートが簡潔にまとまっている」等々。最後に、「ここをこうしたらもっとおいしくなる」「ここにこういう資料を入れたらもっと相手に言いたいことが伝わる」といった肯定的なアドバイスをする。そうすると、奥さんも部下も気持ちよくあなたのアドバイスを聞き入れてくれます。ダメ出ししか言わなければ、奥さんも部下も「あなたのためにもっと頑張ろう」とは思いません。

同じことを伝えるのでも、モノの言い方は様々です。一番簡単なのは、こんな言い方を自分がされたら、反発するか、納得するか、考えてみることです。

おまけ
ニューヨークダウ工業株30種が21,000ドルを回復しています。30年前の1987年末は1,938ドルでした。10.8倍です。同時期の日経平均は21,564円に対し、2日の終値が19,289円。0.89倍。1987年末のドルは144.6円、直近は110円、NYダウは1987年末28万円だったものが、今では231万円と8.25倍に成長。日経平均は0.89倍。10倍近い差が付きました。雲泥の差です。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時39分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1999-a203de6a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT