1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

EVスーパーカー


京都市左京区のベンチャー企業「GLM」が4月18日、電気自動車(EV)のスーパーカー「GLM G4」を東京・豊洲で、国内初公開した。2019年の量産化を目指している。「GLM G4」は、専用開発したモーターを車両前後に2基搭載した4輪駆動車で、4人乗り。最高出力は540馬力。時速100kmまでわずか3.7秒で加速できる。想定価格は4000万円、国内外で1000台の販売が目標だ。オランダのサヴェージ・リヴァーレ社と業務提携した上で、同社がコンセプトデザインを担当している。路上を走るヨットをイメージした流麗なデザインが特徴的だ。EVのスーパーカーといえば、イーロン・マスク氏が率いるアメリカのテスラモーターズの「テスラ・ロードスター」などが有名だ。GLMの小間裕康社長は会見で「和製テスラと呼ばれることも多いのですが、私たちが目指しているものとは少し違う。たとえて言うのならEV版のフェラーリというか、高付加価値の車両を提供していきたいと考えています」と話していた。
  *ハフィントンポストより引用

電気自動車では、米国のテスラモーターズの時価総額(株価x株数)がフォードを抜いたと話題になりました。テスラは航続距離が長く、加速も凄いEVとなっていて、日産のリーフとは大違い。EVは部品がエンジンを動力とする従来型の自動車に比べ部品数が格段に少なく、組立のノウハウが少ない企業でも生産可能になります。ベンチャーが製造可能です。テレビのブラウン管時代は、ソニーをはじめとする日本メーカーの独壇場でしたが、液晶パネルを使った薄型テレビ時代になるとパネルとユニットを集めれば簡単に生産できる時代になってしまい、韓国・中国が生産を急増させ、日本のテレビメーカーはそのシェアを失いました。テレビも自動車(アナログの時代)も製造過程による「作り込み(製造過程の途中で品質を上げていく)」が日本製品の優位性をもたらしましたが、薄型テレビやEVといったデジタルの世界では作り込みは通用しなくなります。薄型テレビと同様に、将来的には日本の自動車メーカーのシェアを落とす可能性がゼロとは言えません。

私が今注目するのは、日産が販売しているノートe-POWERです。エンジンがあるものの、バッテリーに充電する目的だけに使われ、動力はモーターのみというユニークな構造です。エンジンブレーキも効き、加速も良いということで将来的には大型車にも同様の技術が使えるようになると日産は面白い企業に変身します。

おまけ
今日、銀座6丁目松坂屋跡に大型商業施設のGINZASIXがオープンします。ハイブランドが相当数入りますが、中国人の爆買いが終わった今(1-3月期の中国人の一人当たり消費支出は前年同期比約15%減少)、日本人向け商品を取りそろえないと、銀座の免税店のように閑古鳥が鳴く状態になりかねません。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1994-aa8723cc

PREV | PAGE-SELECT | NEXT