1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「経営の定石」小林忍著 ディスカヴァー・トゥエンティワン社


標題の本を読みました。その中で興味ある部分を紹介します。
会社経営では多くの会社が年間計画を作ります。計画の実現性を評価することが大事と説きます。

『計画を作る場合に、様々な施策が織り込まれますが、その施策の実現性が低く、結果として計画の未達要因となることが多々あります。そこで論理性・自律性・継続性・整合性の観点から、施策の実現性をしっかり評価する事が重要です。
論理性とは、ある施策の効果に論理的に納得がいく、ということです。「人を千人減らせば固定費が下る」は論理性を満たしています。しかし、「2拠点を1拠点に集約すれば固定費が半減される」は必ずしも論理的とは言えません。
自律性とは、経営者が腹をくくれば実現可能であるという事です。「社員食堂の廃止による運営コスト1千万円の節減」は経営者の決断で出来る実現性のある施策です。しかし「調達コストの10%削減」は相手のある話です。達成は保証されません。
継続性とは、ある施策が持続的に実現可能で効果発揮可能という事です。「早期退職100名で7億円の人件費節減」は人を減らせばその効果は持続するという意味で継続性があります。しかし、「間接コスト10%削減。具体的には、小さな無駄を削ります」はどうでしょうか。毎年10%削減を5年続ければ、約半分になりますが、けちけち作戦をそんなに長い期間同じ調子で継続できるでしょうか。
「製造ラインは人員も減らしコスト削減」「販売サイドは販売量が増加」という計画。しかし、両方を同時に達成するのは無理。会社全体で論理的に整合しているのかの確認は必須です。』

会社の状態が危うくなった時に、会社がまず行うのは人員削減や拠点の集約といった固定費削減であって、販売を増やすことではありません。販売は競合他社との競争、客先の事情などが絡み自分の想う通りにはいかないのが普通だからです。コスト削減も仕入先があるので、思うようにはいかないのが普通です。また、整合性を取ることが容易ではない「二律背反」の活動でも、出来る方法を考えることは大事です。会社を立て直すには、上記の論理性・自律性・継続性・整合性が取れた計画を作らないと、始めから失敗するのが明らかな計画になります。

こういった4点が取れた計画を作っても、経営者が「なんで売上が少ないんだ」と頭ごなしに怒鳴ったら、営業部長は実現が非常に困難と思っていても経営者が喜ぶような計画を作ってしまいます。計画の評価は冷静に上記4点に基づいて行うべきです。年間予算や活動計画を策定する時には、この4点チェックをやってみましょう。

スポンサーサイト

| | 07時40分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1962-44766800

PREV | PAGE-SELECT | NEXT