1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

中小企業


中小企業とは資本金1億円以下の企業を指します。資本金1億円以上の企業には、以下のようなデメリットがあります。
 ・法人税の軽減税率が使えなくなる
 ・繰越欠損金の控除が制限される
 ・留保金課税が適用される
 ・交際費の損金算入枠年800万円がなくなる
 ・外形標準課税が適用される
 ・少額資産の損金算入の特例が使えなくなる
 ・所得拡大促進税制の上乗せがなくなる
 ・設備投資減税などの優遇が使えなくなる   
・国税庁による税務調査が実施される    等々

シャープが資本金を1億円以下に変更しようとして、「せこい」という世間の反発で取りやめたことがありました。株式を公開していない普通の中小企業の資本金が1億円以下であることが多い理由です。

資本金が1億円以下でも優良な企業は数多くあります。中小企業で注意すべき点は、堅実に経営され財務内容の良い中小企業の株価を決められた新たに導入される計算方法で算出すると、株価は大変高価になり、相続発生時の相続税の納付が大変なことになることが挙げられます。事業承継の妨げになりかねないと懸念します。

おまけ
アスクルの倉庫の火事、まだ鎮火していません。アスクル、イツクル?
スポンサーサイト

| 経済・社会 | 07時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1952-1cbc45e0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT