1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

深呼吸


あるメルマガにあった記事を紹介します。
『疲れをとるためのリカバリーの方法とは、いつでも、どこでも、だれでも、できます!というもので、普段やっていることを、少しだけ意識すれば良いだけだからです。
その方法とは、、、「深呼吸をする」ことです。深呼吸にはすごい効果があります。以前、ロングブレスダイエットって注目されました。あれも、すごかったですが、ダイエットだけでなく、その他にも深呼吸をすると、6つもの効果があります。

まずは、、、
① 疲労の回復
全身に酸素が送られることにより、体中の細胞を活発にすることができます。これによって、細胞の自然治癒能力を促進して、肉体的な疲労を回復できます。酸素カプセルが良い例ですね。
②集中力アップ
脳にはたくさんの酸素が必要です。人間の摂取する酸素の20%以上が脳で消費されています。なんか、集中できないなというときには、脳の酸素不足が要因かもしれません。
③リラックス効果
深く呼吸をすることで、全身の力が抜けてリラックスすることができます。これは、交感神経の働きが弱まって、副交感神経が活発になることによるそうです。
④美肌効果
深呼吸によりリラックスして眠りに入ると、睡眠の質を高めることができます。質の高い睡眠は成長ホルモンの分泌を促すので、肌細胞の修復や新陳代謝の活性化などに効果が期待できます。
⑤免疫力のアップ
深呼吸をすると、全身に大量の酸素を送り込むことができます。ですので、全身の細胞が活発になって、免疫力を高める効果があるようです。
⑥肩こり解消
ストレスを溜め込んで緊張状態になると、身体が前かがみになって呼吸が浅くり、肺の可動率が少なくなります。すると、肩回りの筋肉が固くなり、血流が悪くなります。その結果、肩こりの原因となることが多いのです。

深呼吸は、ジャンルを問わず、いろんな効果が期待でき、しかも、簡単にできてしまうものです。こんな万能な方法をやらない手はないですね。私たちは、疲れると考えられなくなってしまうのです。仕事が立て込んで忙しい、休む時間がない、あっても中々休まらな
い、こんな時間が続くと、考える余裕がなくなってしまいます。苦しい時間を早く脱出したいけど、考える余裕がなくなってしまうので、その状況を打破する方法が思いつかない、その結果、その状況のまま、気持ち、体の疲れがどんどん蓄積してしまう。仕事をしていく上では、こんな状況が往々にしてあります。イライラする、集中できない、モヤモヤする、とにかく不安、何もしたくない、もし、そんな状況になったら、、、そんな時、大きく大きく息を吸って、息を吐ききるような深呼吸してみる。そうすると、ちょっとだけかもしれませんが、考える余裕ができます。周りが見えるようになり、これも、ちょっとだけかもしれませんが、気持ちが楽になり、仕事への活力の一助になります。考える限り、デメリットはありませんので、ぜひ、深呼吸を試してみてください。』

部下や子供を叱りたくなった時にも深呼吸をすると良さそうです。

ちなみに、みなさんは過呼吸になったことがありますか?私は一度あります。息が出来ないこと(実際はしているのですが、感覚的には息が出来ない状態になります)がこんなに苦しいとは思いませんでした。対処療法は、紙袋を口に当てて、深呼吸をして、口から出る二酸化炭素を再度吸う事でした。

現代人は時間に追われて、呼吸が浅くなっている気がします。意識して深呼吸するようにします。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1947-40d44af5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT