1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7年の危機


xxx7年の年は過去30年間、10年周期で金融・経済危機が起きています。
1987年 ブラックマンデー
1997年 アジア通貨危機
2007年 サブプライム問題
(2017年 トランプの経済政策による株価大暴落?)

1987年10月19日(月曜日)にニューヨーク証券取引所を発端に起こった史上最大規模の世界的株価大暴落。前週末よりニューヨークダウ工業株30種は508ドルも下がり、この時の下落率は22.6%。日経平均株価は3,836.48円安(14.90%)の21,910.08円。当時、私は300億円の米国株式の投資信託の運用をしており、火曜日の朝に株価を見て呆然とした記憶があります。この投資信託は一晩で80億円前後を失ったことになります。
1997年7月よりタイを中心に始まったアジア各国の急激な通貨下落(減価)現象で、日本にも影響。
2007年、アメリカ合衆国(米国)の住宅バブル崩壊による一連の世界的な金融・経済危機の事。2007年から2009年にかけて、主に米国のサブプライムローンの焦付(不良債権化)とその証券化商品の価格暴落によって、世界の金融市場と各国経済を大きく混乱させる原因(震源)となったものです。米大手証券リーマンブラザース社が破たんし、リーマンショックとも呼びます。

2017年は、1月20日に大統領に就任するトランプ氏の経済政策に対する期待から、株高、債券安(長期金利上昇)、ドル高が昨年11月の大統領選挙終了後から進みました。FRB(米国の中央銀行、日銀に相当)が利上げを今年3回実施するとの予想があり、新興国の通貨が売られドルが買われて新興国の経済がおかしくなるリスク、長期金利の上昇ペースが速い割に企業業績の改善が期待通りに進まないと株価が急落するリスク、があります。欧州ではユーロ分裂の危機に直面しています。

10年周期のジンクスを覆す1年間になって欲しいと期待します。

スポンサーサイト

| 経済・社会 | 23時47分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1922-9052553c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT