1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機関車と新幹線


昔の列車は機関車1台が先頭で客車を引っ張って走行しました。新幹線などの現代の電車は各車両にモーターがついて各車両が自力で走行しています。これを会社組織に変えてみると、1人の強烈なリーダーシップを持つ人物が引っ張る組織と、能力は普通の人の集まりではあるけれども全員で力を合わせることができる組織に例えることができると思います。
どちらが組織として強いか、後者の方が強いようです。このような組織を作るには、次の
3つが必要だと言われます(岩崎イチロー氏)。
1.全員が対等に発言できる
2.メンバー同士が理解し合っており、お互いの気持ちをくみ取れる
3.チームに一体感がある
創業社長によく見られるリーダーシップの強いリーダー、社員は俺の言うことを黙ってやっていればいいんだ、という考えのリーダーでは、会議に参加した社員が対等に発言できるのは困難です。但し、会社が進むべき方向を示すのはリーダーの役目です。そのうえで、皆が自由に考えを述べることができ、全員が納得したうえで同じ方向に一体感を持って力を合わせて進むと、その組織は強いと思います。

列車、電車は線路の上を走るので方向がずれることはありません。しかし、1台の機関車で力のない客車を引っ張るよりは、各車両にモーターがついて全車両でモーターの推進力を使える電車の方が絶対強いはずです。言われたことだけを淡々とやるのではなく、話し合って納得したうえで力を合わせて一緒に進む、後者の方が組織としては強いと思います。強烈なリーダーシップを持つリーダー(カリスマ)が動かしているソフトバンク(孫氏)、ユニクロ(柳井氏)、日本電産(永守氏)といった会社は、リーダーが代わったらどうなるのか想像がつきません。

スポンサーサイト

| お仕事 | 07時36分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1903-b1fec4ab

PREV | PAGE-SELECT | NEXT