1. 無料アクセス解析

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末雑感


1. 高齢者のネットショッピング
65歳以上の高齢者のネットショッピングを利用する割合は13.6%で10年前に比べて3.6倍と急増。おそらく会社の仕事でネットを使っていた世代の人が段々高齢者になってきたことが要因だと思います(ウィンドウズ95から21年経過、当時40代半ばの人が高齢者になっています)。60歳代で77%、70歳代で54%が利用。高齢者が何をネットで買っているのか?医薬品・健康食品、保険、食料、旅行が多く、ネットスーパーでの買い物も増えています。紙おむつやトイレットペーパーのようにかさばる商品や重たい商品はネットでの購入が増えると思います。金融機関も店頭や電話での取引よりもネット経由が増えています(煩わしい売込みがありません)。10年後、20年後にはほぼ100%の高齢者が使用すると思います。ネット通販が増えるという事は、段ボールケースに対する需要はまだ伸びる余地があるという事です。

2. 電通社員の過労死
電通の新人女性社員が自殺したことで、電通に強制捜査が入りました。過労死と報道されますが、私は上司のパワハラが原因ではないかと思います。確かに残業が異常に多かったのは事実ですが、仕事の成果を上司がキチンと認めて、感謝して、直すべき点をキチンと指摘したら、本人も仕事が楽しくなって自殺しなかったと思います。残業して仕事を仕上げても、上司から成果を認めてもらえず彼女の人間性を否定する多くの発言が自殺の引き金になったと思います。民放やメディアは電通から広告を受注しているので、あからさまに電通を批判することを避けています(逆に、広告がないNHKはガッツリ放送していました)。しかし、電通を犠牲にしても何も変わりません。電通に厳しいスケジュール等を要求する依頼主も意識を変えなければなりません。電通は、依頼主から厳しい要求、無理難題を受けたら、断ればいいのです。しかし断ったとしても、その要求を受ける別の広告代理店があるからいけないのです。段ボール業界でも同じです。完全にコスト割れの価格を要求されたら断ればいいだけです。しかし、仕事(平米)もしくは売上欲しさで、その価格で受けてしまう会社があるからいけないのです。

3. トランプ大統領
メディア予想の大外れは、英国のEU離脱に次いで今年2回目。今回の大統領選挙では、トランプ、クリントンの見苦しい非難合戦で米国内を分断させる結果となりました。トランプ大統領はどのように国内を一つにまとめていくのでしょうか?United States of Americaではなく、Divided States of America(分断された米国)と書く米国の新聞がありました。大型減税策を訴えましたが、財源はどうするのか?国内産業をどのように復活させるのか?注目です。トランプ大統領はTPPから撤退するでしょうから、TPPを成長戦略の要においている安倍首相にとっては痛手でしょう。取り敢えずトランプ氏がおとなしいので、株高ドル高になっています。

4. 国の借金
1,062兆円。赤ちゃんから100歳の高齢者まで含めた全人口で割ると一人当り837万円、付加価値を生み出せる生産年齢人口(15歳~64歳)は6割強を占めているので、この人数で割ると1,300万円に近い金額になります。歳出削減と税収増を実行しなければなりません。

スポンサーサイト

| いろいろ | 07時41分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kowa1889.blog72.fc2.com/tb.php/1888-2020a430

PREV | PAGE-SELECT | NEXT